« ACLvs全北 逃げ切りたかった | トップページ | 弱り目に祟り目 »

2018/02/17

ジャンプ11号感想 いい顔

三連休の月曜日。しかし今日は仕事です。出かける前にジャンプ11号の感想。スレッドでつなぎますー。

表紙&巻頭カラー『ぼくたちは勉強ができない』。定番のネタなんだけど、とにかくテンポがよくて楽しい。

『鬼滅の刃』。あれだけ残忍な鬼が、最後なぜかかわいそうになってしまう演出の力。

『僕のヒーローアカデミア』。言い方w 通報案件っぽいw

センターカラー『ゆらぎ荘の幽奈さん』。いい笑顔。絵の力は大きいなあ。

『約束のネバーランド』。ここで来たあああああ!!!!

『ハイキュー!!』。ずっと伏線張ってあって、それが花開くシーンはほんとにいい。しかも、テンポを上げて上げての開いて大ゴマ。時間の見せ方、本当にうまい。

『火ノ丸相撲』。悪役うまく立てたなあ。タイムリーな部分もあるしねえ。

『アクタージュ』。いい顔描くなあと思うんだけど、省略が多いのがどう出るか。

センターカラー『Dr.STONE』。ものすごく印象強い顔を描いておいて、一番山場の涙は隠す。いい演出。

というジャンプ11号感想でした。それにしても今年は仕事やばいよ、大変だよ。18/2/12

今回、顔の話が多いんですけど。

小説家に転身して、絵の力を逆に痛感します。特に気持ちを伝える表情の力。

いい絵が描ければ一発で伝わるものを、言葉を尽くし、書きすぎて理屈っぽくなりまた削り。ニュアンス書き切るの難しい。これと楽しそうな雰囲気伝えるのが、悩みどころの二大巨頭。

逆に言えば、そういう絵を描ける漫画家さんが好きなのです。

うまいなあ。

|

« ACLvs全北 逃げ切りたかった | トップページ | 弱り目に祟り目 »

漫画」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/46606/66382559

この記事へのトラックバック一覧です: ジャンプ11号感想 いい顔:

« ACLvs全北 逃げ切りたかった | トップページ | 弱り目に祟り目 »