« AIと小説 | トップページ | TMvs鹿屋体大 快勝!! »

2018/01/24

柏U-17vsトッテナム 何とか逃げ切り

アルカス・インターナショナル杯2018、柏U-17vsトッテナムは3-2!!

今年もやってまいりました、カタール、アスパイアアカデミーでの国際大会。ネット放送で観戦できるのです。英語解説ですが、レイソルのサッカーをすばらしいとほめてくれてるっぽいです。

昨年もいた、現地日本人と思われる子供たちのかわいい応援団も健在です。

ネット時代だなあと思うのは、「柏から世界へ」の手作りうちわを持って応援してくれていること。チャントもいくつか覚えてくれているようです。僕は子供のころ一時期クウェイトに住んでいましたが、日本の情報なんて何日か遅れでやってくる新聞と、何冊かの雑誌ぐらいしかなかったよ。テクノロジーの進歩が世界と人を密接にしているなと実感します。

さて試合のほうは、まず序盤、いきなりの圧力にさらされます。相手左サイドの14番のドリブルがぜんぜん止められません。背番号が新しくなっているのでHPのプロフィールと違うのですが、どうも後ろ半分には新高1が多い模様。つまり現状中学生。やばい。

何とかそれをしのいでいると、序盤ちんちんにやられていた右SBの前田君が大仕事をやってのけます。鋭いアーリークロスをゴール前に送ると、これがハンドを誘発。PK獲得!

これを右サイドの細谷君が決めました。引っ張りそうなフォームで逆に蹴るの、けっこう高等技術では?

ウチが先制すると、トッテナムはさらに攻勢を強めます。囲んでいるのに相手10番に一瞬の隙からポスト直撃のきわどいシュート打たれ、ひやっとしたかと思いきや。やっぱり囲んでいるのに、8番に打たれたシュートが足に当たってコースが変わり、同点。しょんぼり。

後半に入って、やはり相手の攻撃をしのいでいると、すばらしい追加点が生まれます。うまく抜け出した中盤の清水君が、足元に飛び込んでくるGKをふわりと浮かしてかわすビューティフルゴール!

しかしここからがいただけません。せっかく後方でのビルドアップを鍛えに鍛えているのだから、ここが出番のはず。じらすように回して、相手の疲労を誘えばいいのに、余裕なくどんどん蹴ってしまいます。結果片っ端から引っかかり、逆襲を受ける展開に。

しかも後半開始からちょっと気になっていたのが、少しふわっと入っていたこと。前半よく走っているなと思った中盤が、若干プレスバックが緩くなっていました。懸念は当たり、中盤が空いているのに一発アタック、かわされてバイタルががら空きに。

すいすいと運ばれると、防波堤を失ったバックラインはずるずると後退、プレッシャーがまったくかけられず、スルーパスを通されます。追いつかれたー。

やばい、このまま逆転されるのかと真っ青な状態を救ったのは、交代で右サイドからトップに入っていた、先制点を決めた細谷君でした。

ゴール前で細かくつなぎ、ペナルティエリア内でボールがこぼれます。細谷君はこれをかっさらって、右へ流れながらGKをよく見て逆サイドへ! 決勝点!

このあとゴール前大ピンチが続き、アディショナルタイム長げーよ! はよ、笛吹け! と冷や汗たらす展開をしのいで、逃げ切り成功です(^^)/

次は中一日でパリ・サンジェルマン。ここも勝ちたいですねー。

|

« AIと小説 | トップページ | TMvs鹿屋体大 快勝!! »

サッカー」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/46606/66313106

この記事へのトラックバック一覧です: 柏U-17vsトッテナム 何とか逃げ切り:

« AIと小説 | トップページ | TMvs鹿屋体大 快勝!! »