« 宇宙軍士官学校‐攻勢偵察部隊‐ 1 | トップページ | U-21vs北朝鮮 一位で突破 »

2018/01/17

虐殺器官

虐殺器官 (伊藤計劃・著)を読みました!

米軍情報軍特殊検索群i分遣隊所属、クラヴィス・シェパード大尉は、暗殺を主な任務とする特殊部隊のスペシャリスト。今回その標的は、世界各地の内戦で虐殺にかかわっている男、ジョン・ポールだった。しかし男は現れず、作戦は完遂せずに終わる。

その後もジョン・ポールは各地に災いの種を撒き、クラヴィスはそれを追うことになる。やがてクラヴィスは、その虐殺に隠された秘密を知ることになるのだが……。

とても有名な作品なのに、自分は読んだことがない。僕にはそんな作品がたくさんあるのですが、これもその一つ。そこでちょっと読んでみようと手に取りました。

戦場の残虐シーンから始まり、僕は母を殺したと続く構成。刺激満載で、事前にタイトルや概要から抱いていたイメージどおり。死をドライに扱うとかっちょいいですよね。そんな感じで。正直それはいいイメージではなくて、なので手を伸ばしていなかったのです。

ただ、読み進めるうちに印象は変わっていきました。

「死」がものすごく執拗に描写されていて、全然ドライな、さらっと扱った感じではない。

SFとしてのメインは、タイトルどおり「虐殺器官」とは何か。脳科学、進化論、それをたくさんのギミックが彩っています。

でも、お話として僕の中に残ったのは、死について。物質としての肉体。肉体の機能がどこまで損なわれたら、死と呼べるようになるのか。大勢の人が死んでいてもよその土地では当然のように続く日常性。

作者はこの作品の執筆時点で癌に侵されていて、長い闘病生活を送っていたそうです。死は若い作家にありがちなファッションとしてのそれではなく、自分の隣に立つ現実だった。

これはそんな作者の中から湧き出た叫びみたいな作品ではないか。そんなことを感じさせる作品でした。

|

« 宇宙軍士官学校‐攻勢偵察部隊‐ 1 | トップページ | U-21vs北朝鮮 一位で突破 »

書籍・雑誌」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/46606/66279560

この記事へのトラックバック一覧です: 虐殺器官:

« 宇宙軍士官学校‐攻勢偵察部隊‐ 1 | トップページ | U-21vs北朝鮮 一位で突破 »