« COMICリュウ3月号感想 入選もしてないし売れもしてない | トップページ | 忙し中 »

2018/01/28

ジャンプ8号感想 氷の女王

遅い時間に帰宅すると大雪になっているかもという予報に、そういう意味でもぶるぶる震えているかわせです、こんにちは。漫画に逃避するよ。ということでジャンプ8号の感想です。スレッドでつなぎますー。

『約束のネバーランド』。希望を持たせ、それを潰し、さらに展開させる。このリズムに作者の意図どおりに転がされる。

センターカラー『鬼滅の刃』。見開き二連発からの見詰め合う二人の構図がお見事。そして追い討ちがさすが。

『ぼくたちは勉強ができない』。大変そうだけど、人に教えるって勉強になるんだよね。自分の中できちんと整理しないと伝えられないから。

『ぼくのヒーローアカデミア』。これはこれでとてもやばそうw

『火ノ丸相撲』。描かれていない時間が重いなあ。

『食戟のソーマ』。二重三重に重ねられている、さりげない仲間への想いの演出がとてもよい。

『ゆらぎ荘の幽奈さん』。コガラシの自制心の強さが、この漫画を少年漫画に押しとどめている鍵w

というジャンプ8号の感想です。もう雪になってる。積もるのか。積もるのか(((・・;;)))18/1/22

ちなみにこの日の仕事は大雪のためなくなったのでした。

さて、漫画の感想。今号の『食戟のソーマ』です。

いろいろ張ってあった伏線が、ここで花開いています。

まずは直近の恵の敵討ち。名前の付け方とか、それにいち早く気づいたアリスが笑っていたりとか、いい演出です。

さらに創真を意識するえりな。決めゼリフの使い方とか、突っ込まれ方とか、いい感じです。

そもそもこのセントラルとの対決の中に、「父の思惑に囲い込まれて育った孤高の氷の女王えりなを救えるのは、切磋琢磨できる同年代の仲間だ」というテーマがあり、連隊食戟にえりな様出陣は、それを示した回なのです。

「今の私はもう、上座にふんぞり返っているだけの女王ではありません」というえりなのセリフが、そのテーマの答えを表す、いいエピソードでした。

|

« COMICリュウ3月号感想 入選もしてないし売れもしてない | トップページ | 忙し中 »

漫画」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/46606/66309219

この記事へのトラックバック一覧です: ジャンプ8号感想 氷の女王:

« COMICリュウ3月号感想 入選もしてないし売れもしてない | トップページ | 忙し中 »