« 雑誌の崩壊 | トップページ | セルパブでの二方向 »

2017/12/06

出版の先鋭化

さて昨日は、予想していた事態ではあるが、対策が間に合わないうちに来ちゃったけどどうしよう、というところで終わりました。

雑誌が弱って書店、流通が弱り、電子書籍へ移行するしかない、という話なのですが。

それが僕にどういう影響を及ぼすのかというと。

出版の先鋭化という形で襲ってくるのです。先鋭化自体は出版不況の中ですでに起きていました。それがますます進む可能性が。

まず一つが、金融の問題です。こちらはこのあいだの記事でも書きました。紙の本の場合、出版社が取り次ぎに本を納める時の前金が当てにできるけれど、電子書籍に移行したら実売になってそれがなくなるのではないか。すると資金繰りが厳しくなるのではないか。

するとより「売れそうな企画」ということになって、より実績重視になっていくのではないか。

前述のとおり、現在でもすでに長らく続いた不況によりそういう影響があって、実績のない新人の本はなかなか出せないと言われちゃっていて。

実績がないのでチャンスがない、チャンスがないので実績が作れない、卵が先か鶏が先か。そんな状況が進んでいくのではないかという不安があります。

そして、電子書籍に移行していくと、宣伝力の問題が出てきます。ネット書店はリアル書店に比べて、手に取らせる力が弱い。よりこちらからアピールしないとだめになっていく。

そのときネットの特性が影響します。例えばネット記事のタイトルが、どんどんあおり気味になっていくのは、それだけクリックさせるのは大変だということで。

小説や漫画の場合だと、ぱっと見で興味を引けるタイトル、キャッチーな題材、バズらせられる派手でショッキングな展開。こちらもすでにそういう傾向あるよなあと思うのですが、その辺りに向かう圧力がもっと高まると思われ。

そして僕にとって問題なのが、ぶっちゃけ、そっち方面の発想が苦手だということなんですよ。今でもそれが自分の足を引っ張ってるなあと思うのに、必須というレベルになると、がんばってやったとしても、まがい物の偽者が天才に勝つのは厳しいし、つらい。そういう不安。

さて、この事態は予想はしていました。細かいところはずれがあっても、大枠の方向は予想の範疇。だからそれが来ても何とかするために、セルパブに入れ込んでいたんですよね。

環境が変わっても、自分で対応できるように。

実績がないなら、そこで作ればいいし。

ど派手に売るのが苦手なら、そこでこつこつ売っていけばいい。

そういう心積もりで、形だけはできてる。

結果がまだ出てない。

なのに大波がきそう。

ということでアワアワしていたわけですよ。

そんなセルパブの課題は明日。

|

« 雑誌の崩壊 | トップページ | セルパブでの二方向 »

日記・コラム・つぶやき」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/46606/66119132

この記事へのトラックバック一覧です: 出版の先鋭化:

« 雑誌の崩壊 | トップページ | セルパブでの二方向 »