« セルパブでの二方向 | トップページ | ロングテールと描き方の変化 »

2017/12/08

ジャンプ1号感想 ハーケン

大忙しの12月がスタートして、ジャンプ1号の感想です。……えっ、もう1号? 1月1日号って書いてあるよ、うっそじゃろ? と、とりあえず会話の形でつなぎますので、よろしければどうぞー。(動揺)

背表紙がレトロでシンプルな感じだなと思ったら、復刻デザイン。今年で五十周年。

表紙&巻頭カラー『ハイキュー!!』。この人の時間が止まるような演出は、本当にうまい。

『約束のネバーランド』。やばいですよ、目をつけられましたよ。

センターカラー『Dr.STONE』。水面が止まり、そこにモノローグがかぶさる。心にも火をつける漫画の妙。

『斉木楠雄のΨ難』。「前回までのシリアス展開から何故シリ出す展開に!?」で吹いたw

センターカラー『ぼくたちは勉強ができない』。カラー表紙裏の文乃さんがどす黒いw そしてうるか回の展開が気になる。

センターカラー『ゆらぎ荘の幽奈さん』。なるほど、コラボポスターな上に、カラー表紙があっちとこっちになっているのか。そして浴衣がはだけるだけならまだしも、なぜか下着も脱げてる安定の展開w

『火ノ丸相撲』。殺気で気づくところがいい。

『シューダン!』。ますます展開が読めない……?

というジャンプ1号感想でした。やあ、リュウも1月号だったんだけど、1月1日のインパクトは大きいな。さて、大忙しの師走だ、急げ。17/12/4

『ハイキュー!!』と『Dr.STONE』。今週はぐっと引き込まれる演出がありました。

『ハイキュー!!』では、劣勢の中、レシーブが決まる瞬間。『Dr.STONE』では、すべてお膳立てが整って、逆転の一手が決まるのかという瞬間。

どちらも実時間としては短い瞬間の出来事を、時間をぐっと引き伸ばし、一瞬止めるかのような見事なネーム。そしてそこに描かれた、見事な絵。

漫画は単なる小説とイラストの融合したものではなく、ここに独自の感動があるのです。

そういう漫画を読める至福の一時。

漫画いいですねえ。

|

« セルパブでの二方向 | トップページ | ロングテールと描き方の変化 »

漫画」カテゴリの記事

漫画」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/46606/66119362

この記事へのトラックバック一覧です: ジャンプ1号感想 ハーケン:

« セルパブでの二方向 | トップページ | ロングテールと描き方の変化 »