« それでも小説を出したい会議を開催します | トップページ | ジャンプ50号感想 ハズレGペン »

2017/11/14

宇宙軍士官学校 ‐幕間‐

宇宙軍士官学校 ‐幕間‐ (鷹見一幸・著)を読みました!

本編前後と幕間のエピソードを描いた短編集です。

『中の人』『ホームメイド』太陽系防衛戦の間に与えられた休暇の二日間。恵一とロボ、ウィリアムとエミリーのエピソード。『オールド・ロケットマン』アイロスとのファーストコンタクト後、それを受け入れられない反乱軍との攻防から、太陽系防衛戦まで。ある軍人さんの果たした役割。『遅れてきたノア』太陽表面爆発の後の地球で、コロニーで生き残った人々のお話。『日陰者の宴』本編後、次の作戦に向けて。という五編。

特に『オールド・ロケットマン』と『遅れてきたノア』がよかったです。

あとがきにも書かれていましたが、この作品は群像劇の側面があります。特に太陽系の攻防では、その性格が強く出ていました。大きな戦いでは、誰か一人の人が世界を救うわけではありません。各局面でいろいろな人たちが頑張っていて、いろいろなドラマがあるのです。

本編のその部分はかなりよくて、ぐっと来るものがありました。

そしてこの二本。そういう意味で、おまけエピソードというよりは、本編の一部。故郷の星を必死で守り、先へつなごうとする人々のお話です。

地球が灼かれるなんて展開になるとは思ってなかったからなあ。地球はどうなっちゃうのかな。

|

« それでも小説を出したい会議を開催します | トップページ | ジャンプ50号感想 ハズレGペン »

書籍・雑誌」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/46606/65993652

この記事へのトラックバック一覧です: 宇宙軍士官学校 ‐幕間‐:

« それでも小説を出したい会議を開催します | トップページ | ジャンプ50号感想 ハズレGペン »