« COMITIA122でした | トップページ | vs鹿島展望 ただただ勝ちたい!! »

2017/11/25

ジャンプ51号感想 週刊漫画の極意

さあ今週のスケジュールはタイトですよな月曜日、ジャンプ51号の感想です。会話の形で繋ぎますのでよろしければどうぞー。

巻頭カラー『鬼滅の刃』。これでもかとド派手に登場させて、濃いキャラ立てておいて、山場になってきたところで人間的なバックボーンを語らせる。これまで何度かやってるパターンだけれど、うまい。

『ぼくたちは勉強ができない』。単純な気持ちじゃないから難しいと思うんだけど、いい顔描くなあ。

『Dr.STONE』。これもしかして、もう伏線張ってる……?

『火ノ丸相撲』。悪い笑顔の悪魔がw

『ゆらぎ荘の幽奈さん』。さらに引く、ハラハラの展開。これ、いろんな展開できるけれど、どうなるんだろう。

センターカラー『約束のネバーランド』。ほんとすごいなと思うのは、新しい展開をぶっこんでくるタイミング。キャラ的に正面突破するんだろうなと予想できて、そのとおりだと思わせておいてからの意外な展開。完全に掌の上。

センターカラー『シューダン!』。小学生編は終了。新展開はどうなるのだろう。

『食戟のソーマ』。こういう結果になると、この次の対戦の展開がどうなるのか、ちょっと気になる。

次号のジャンプの予告ページのあおりセリフが、「俺にも先が読めねェ!!」なんだけど、ほんとそこが週刊漫画の極意だなあと思います。

というジャンプ51号感想でした。さて、やることたくさん。17/11/20

後ろの方の次号広告ページ。よく、あおるテーマを決めてページを作っているのですが、今号のお題は未来。で呟いたようなセリフがついていたのです。

本当にこれが週刊連載のマンガの極意だなあと思います。先を読ませない意外な展開で引きを作って次週に引っ張る。

連続物の連載は多かれ少なかれこの技法が使われますが、週刊連載だと一回あたりのページ数が少ないので、より高密度で鋭い切り返しが求められます。

考える時間が限られているなかで、毎週そういうお話を作っていくのは、とても大変だろうなと思います。

そしてこの能力は、小説でも。

ネット上で発表するようになると、同じように短く区切って更新するケースがあり、そういうときにはその能力が必要なはず。

というか、今僕がその形で発表してますしね。ということで、引きの極意は注目して読んでいるのです。

|

« COMITIA122でした | トップページ | vs鹿島展望 ただただ勝ちたい!! »

漫画」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/46606/66063977

この記事へのトラックバック一覧です: ジャンプ51号感想 週刊漫画の極意:

« COMITIA122でした | トップページ | vs鹿島展望 ただただ勝ちたい!! »