« ハンブルガーSVvsバイエルン・ミュンヘンと湘南vs愛媛 | トップページ | vs川崎 連勝ならず »

2017/10/29

vs川崎展望再び 難度アップ

天皇杯勝利の余韻が覚めやらぬ中、週末はJリーグ。川崎戦再びです。

水曜は勝利することができましたが、こちらの試合はさらに難度がアップします。天皇杯では川崎は大幅にメンバーを変えてきていました。選手層は厚いので、そこまで戦力ダウンではなかったでしょうが、それでも攻撃の軸、小林選手と中村健剛選手は代えがたい存在です。

実際後半に二人が投入されてから、向こうの攻撃が一段上がった印象でした。今節は当然の先発予想。この二人をしっかり抑えられるかがまずポイントです。

そうなるとこちらは、ボランチが誰になるのかに注目です。怪我していた大谷君は全体練習に復帰した模様。ただ、天皇杯での小林君もとてもよかった。高いボール奪取能力を見せ、ビルドアップもがんばっていました。

今季チームの構成ではっきりしたのは、ダブルボランチの組み合わせ。片方はパスを散らせる人じゃないとだめだということ。前半は手塚君が成長してそこを埋め、後半はボギョンさんが一列下がりました。一般的にはトップ下にそういうタイプを置く手もありますが、もう一つの戦術の軸、ハイプレスを実現するためにはそこにスイッチャーが必要で、自然とそうなっていきます。

つまり小林君は、大谷君とタイプがかぶっているので、その壁を超えていかなければならないわけです。この大一番に出場し、自慢の守備力で、トップ下中村選手の自由を奪ってみせることができるか。

そして、さらなるポイントはサイドの攻防と思われます。

ポゼッション志向で戦術が似ているので、並びも必然的に似てくる両者。中で作って押し込んで、さらにサイドをえぐれるか。そして上がったその裏を、今度はカウンターで突けるかどうか。そちらもがんばってほしいです!

よそでも天皇杯との連戦があって、うちを含めて計三つ。すべてのカードがACL出場権争い。

抜け出すにはどうしてもほしい連勝!!

がんばって!!

|

« ハンブルガーSVvsバイエルン・ミュンヘンと湘南vs愛媛 | トップページ | vs川崎 連勝ならず »

サッカー」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/46606/65971148

この記事へのトラックバック一覧です: vs川崎展望再び 難度アップ:

« ハンブルガーSVvsバイエルン・ミュンヘンと湘南vs愛媛 | トップページ | vs川崎 連勝ならず »