« ジャンプ47号感想 変貌 | トップページ | vs川崎展望再び 難度アップ »

2017/10/28

ハンブルガーSVvsバイエルン・ミュンヘンと湘南vs愛媛

17-18ブンデスリーガ第9節、ハンブルガーSVvsバイエルン・ミュンヘンは0-1。

15位対2位の対戦で、実力差、チームの勢いの差は歴然。しかし、ハンブルガーSVはシステムを変更、これが功を奏したか、踏ん張りを見せます。

前半終了間際にカウンターを食らい、遅れて足元に飛び込んで一発退場が出るも、まだ踏ん張る。後半は相手に8割以上のポゼッション率を取られましたが、ポスト君がシュートを何本も防いでくれるというツキもあり、最後まで奮闘。特にボランチで出場したキャプテン酒井高徳選手が走り回る姿が印象的でした。

失点がクリアミスがらみだったのは惜しかったですねえ。あそこできちんと弾き返せてれば、勝ち点奪取もあったのに。

さて、お目当ての伊藤君は、前節までの先発2試合で後半開始早々交代したことを受けて、監督がスーパーサブ的な起用法に言及。後半に投入されました。人数少ない分攻撃力を期待されていたと思うのですが、ドリブルにパスと積極的に仕掛けて、その期待に応えていました。

この調子で使われるのかな。早く初ゴールが見たいですね。

2017J2第38節、湘南vs愛媛は1-0。

独走首位の湘南と、16位の愛媛。成績には差がありますが、この試合は互角か、やや愛媛優勢。特に元湘南の白井選手が気合十分で目立っていました。

しかし勝ったのは湘南。左からのCK。キッカーではなく中にいた秋野君が、インスイングのボールをニアですらすようにしてファーサイドへ。見事なゴール。

そして秋野君はいつもどおり精緻なパスを散らし、守備でも奮闘。放送席でも今年の成長が話題になっていました。

湘南はそのまましっかり守って完封。今年10度目のウノゼロ(1-0)だそうです。粘り強く勝ち切る力の証明。

そして今節にもJ1昇格の可能性が。がんばって!

|

« ジャンプ47号感想 変貌 | トップページ | vs川崎展望再び 難度アップ »

サッカー」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/46606/65961740

この記事へのトラックバック一覧です: ハンブルガーSVvsバイエルン・ミュンヘンと湘南vs愛媛:

« ジャンプ47号感想 変貌 | トップページ | vs川崎展望再び 難度アップ »