« ジャンプ25・26号感想 疲れで出てこない | トップページ | vs浦和展望 首位決戦!! »

2017/06/03

U-20vsベネズエラとU-19vsアンゴラ

本日はまずはこの間のU-20の敗戦から。仕事で疲れて帰ってきて敗戦を見たくないと、後日回しになっていました。

FIFA U-20W杯韓国、決勝トーナメント一回戦、U-20日本代表vsベネズエラは0-1。

延長まで行ったのに、惜しかったですねー。

やっぱり最後は小川選手の欠場が響いた感じでした。まず、ボールが収まらない。第三戦の岩崎&田川も、この日の岩崎&高木も役不足感がぬぐえない。

そして、決定力。チャンスがないわけではないけど決め切れない。堂安選手の活躍で勝ち上がりましたが、他の人はそういうものを見せられなかった。

「チャンスは作れている」はポジティブな言葉じゃないはずです。そこを決めるかどうかで人生が変わるのがサッカーです。でも日本はそこが弱い同士で試合して育つから、国内では問題にならず、ストライカーが育たない。根深い問題です。

人種的に個の強さは出しづらいかもしれないけれど、精度と落ち着きは身につけられるはず。際どいシーンできちんと枠に押し込める人に育ってほしいですね。

よかった点もありました。特にCBの二人は、この年代の代表によく見られた、ロングボールでゴリゴリ来られるとあたふたするというシーンがまったくなくて、とても落ち着いていて、よかった。ギャップを突かれて失点があったのは、SBが固定できなかった弊害でしょうか。

これからも経験を積んで、五輪までにスケールアップしてほしいです。中山君的にはあれですね、今年ACL出場権を取って、来年金満クラブのビッグネーム相手に経験を積んで、それで五輪出場ですね! がんばってー!

ボランチも、球際で押し込まれず、しっかり配球もできていてよかった。堂安選手はがんばった。久保選手は評判通り、視野の広さ、技術と特筆するものがあったけど、年齢的にフルで使えなかったのが残念。前の狭いスペースで受けて基点を作り、小川選手の穴を埋められたかもしれない。

とにかく、みんなここからもっと成長してほしいです。

さてお次は一つ下の代です。こちらも東京五輪候補がいる年代。

トゥーロン国際大会U-19日本代表vsアンゴラは、1-1。

ぶっちゃけ、勝たないといけない試合。PKで1点先制して、追加点は取れなかったけれどほぼ勝ちを手中にしていたラストプレーで失点。

ほんと、勝負弱いんだよなー。この試合もチャンスを決め切れない場面が気になりました。

ちなみに田中陸君が右SBで先発。安定したプレーを披露。終盤にカットインからシュートを放ったんだけど、ピッチの影響かあさっての方向に。あれ決めてたら決勝点になってたからヒーローだったのに、惜しい。

次はイングランド。勝ちたいですねー。

|

« ジャンプ25・26号感想 疲れで出てこない | トップページ | vs浦和展望 首位決戦!! »

サッカー」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/46606/65361093

この記事へのトラックバック一覧です: U-20vsベネズエラとU-19vsアンゴラ:

« ジャンプ25・26号感想 疲れで出てこない | トップページ | vs浦和展望 首位決戦!! »