« vs浦和 暫定だけど暫定じゃない首位!!!! | トップページ | U-19vsイングランド 最後の質 »

2017/06/06

ハリー・ポッターと不死鳥の騎士団

ハリー・ポッターと不死鳥の騎士団 (J・K・ローリング・著)を読みました!

ヴォルデモートとの対決から生還したハリー。けれど、いつものつらい夏休みの間、そのニュースがまったく広まる様子がないのにいらだつ。しかも、事実を知る誰とも連絡が取れず、ますます孤立感が増していく。

ようやく連絡が取れた時、みんながヴォルデモートに対抗すべく、「不死鳥の騎士団」を結成していたことを知る。だが、魔法界は復活を信じておらず、学校から戻ったハリーはほら吹きだという評価にさらされて……。

読むの大変だった!

何がって、長さじゃなくてですね、ハリーの追い込まれっぷりがすごくて。

ハリー自身もいらいらしているし、それが仕方ないというぐらい周りがひどいし。

ずっと思ってるんだけど、ドラコ・マルフォイはちゃんと報いを受けるんだよね? ナメクジ程度じゃ、納得いかないですよ。

アンブリッジの扱いで、不安を感じています。もっとひどくてよくね?

……というような感想が出るのは、要は物語に引っ張り込まれていて、作者の手のひらの上で転がされているからなのですけれど(^^;;)

ハリーの過酷の運命の全貌もはっきりし、ますます次が気になるのでした。

|

« vs浦和 暫定だけど暫定じゃない首位!!!! | トップページ | U-19vsイングランド 最後の質 »

書籍・雑誌」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/46606/65301124

この記事へのトラックバック一覧です: ハリー・ポッターと不死鳥の騎士団:

« vs浦和 暫定だけど暫定じゃない首位!!!! | トップページ | U-19vsイングランド 最後の質 »