« 天皇杯vs浦安 何とか一歩 | トップページ | COMICリュウ8月号 冒険者と復讐者 »

2017/06/23

ジャンプ29号感想 鬼丸国綱と草薙剣、覚醒

ようやくコンディションが戻ってきた月曜日、ジャンプ29号感想です。会話の形でつなぎますので、よろしければどうぞー。

『僕のヒーローアカデミア』。前回休載。当たり前に毎週読んでいるけれど、実際には超ブラック労働しないと間に合わないのが週刊連載。過去にいく人も載らなくなっちゃう人が出ているので心配。

センターカラー『シューダン!』。連載第二回。とてもさわやか。でも種は撒かれているような気がする期待感。

『約束のネバーランド』。謎が謎呼ぶ気になる展開。とうとう出てきたよ。

センターカラー『鬼滅の刃』。最初、柱の人達は変な人しかいない印象だったのに、こんな切ない亡くなり方をするなんて。

『火ノ丸相撲』。うう、だからお母さんは反則……。種をまいて育ててきた芽が花開く時。ストーリー漫画の醍醐味。

『食戟のソーマ』。竜胆先輩超気になる。

『ぼくたちは勉強ができない』。うるかちゃんのヒロイン一択がますます強化されていくけれど、もうそれでいいと思う。

『ROBOT×LASERBEAM』。すごい車来た! けれん味たっぷり。

というジャンプ29号感想でした。さて今週はいろいろ原稿進めないと。17/6/19

『火ノ丸相撲』がクライマックスを迎えています。最大のライバルと決勝戦。

かつ、これに勝てば、念願のプロへの道が見えてくる。全てを賭けた決戦です。

その賭けてる全ての中に、己の今までの人生があって。そこに亡くなったお母さんの想いも詰まっている。

泣かせにきやがったなコンチクショウ! という感じで、手のひらの上で転がされています。さあ、決着はどうなる。

|

« 天皇杯vs浦安 何とか一歩 | トップページ | COMICリュウ8月号 冒険者と復讐者 »

漫画」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/46606/65431221

この記事へのトラックバック一覧です: ジャンプ29号感想 鬼丸国綱と草薙剣、覚醒:

« 天皇杯vs浦安 何とか一歩 | トップページ | COMICリュウ8月号 冒険者と復讐者 »