« 2017年4月 | トップページ

2017年5月

2017/05/27

中村君の代表選出とvs大宮展望

われらが中村航輔君が、日本代表に選出されました!

年代代表では不動の正GKだったから、当然の帰結。というか、怪我の時期がなかったら、もっと早かったかも。

6連勝の間、2失点しかしていないのですが、絶対中村君が何点か防いでいる。ちなみに福岡J1昇格の時も、怪我が癒えてポジション取ってから神がかったセーブを連発してた模様です。

さあ、次は日本のためにスーパーセーブ連発する番だ! 出番あるかなー。

さてその代表戦の前に、まだ2試合、リーグ戦があります。どちらも勝って胸張って代表に行きたいところです。何しろ次勝てば、ACLの関係で暫定首位。連勝すれば首位チームの正GKとしてのぞめるわけです。

そんな大宮戦ですが、守備では。

まずカウンターを潰すこと。切り替えで上回り、しっかり防ぎたい。

パスの出所として、茨田君を自由にしないこと。そんなとこに通すの? とびっくりするようなパス能力を、僕らは見てきました。絶対やられたくない。

大前選手がFWではなくサイドMFでの出場予想。ただ、もともと清水で最初に結果を出したのはウイングのポジション。中央でDFを背負うより、サイドから切れ込む方がタイプ的に合っていると思われます。要注意です。

攻撃では。

伊東君が欠場ではないかという予想があって、ちょっと気になるところ。もしそうなったら、代わりは誰だろう。とにかく活躍してほしいです。

ブロックを作る大宮攻略には、思い切ったシュートが必要。となれば、クリスティアーノさんの出番です。この間流れの中で得点したし、量産体制に入ってください!

手塚君もまた無回転決めてください! もう、武器にしちゃっていいのよ?

さらに言うとブロック作ってもFKは関係ないよねということで、やっぱりクリスティアーノさんと手塚君に期待です!

このまま連勝街道突っ走りたい!!

勝ちましょう!!

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2017/05/26

U-20vsウルグアイ

FIFA U-20W杯韓国2017、U-20日本代表vsウルグアイは0-2。

入りはむしろ南アフリカ戦よりよかったのではないかと思います。チャンスも作れていて、五分にやれていた。

その流れが変わってしまったのが、小川選手の怪我でした。ターゲットを失って、攻撃のリズムを失います。ほんとに痛かった。

一失点目は相手のさすがのうまさが光りました。ロングボールを走りながらぴたりと収めたファーストタッチ。そこがうまくいっているもんだから、中山君が奪いに行くも取り切れず。パスを受けてペナルティエリアに入った選手は落ち着いていて、シュートブロックに飛び込む中山君をひらりとかわしてシュートを決めます。中山君がんばったのに(+_+)

後半、小川選手というターゲットを失った代わりに、岩崎選手と久保選手が、ラインの裏、ブロックの間と、うまく基点を作れるようになって、攻勢を取り戻しました。ビッグチャンスはありました。

ただ、ウルグアイが際のぎりぎりのところでしのぎます。日本のシュートにはそれを超える際どさはなかった。こういうところが世界のレベルだなあと思います。

そして攻め切れないうちにカウンターで失点して終了。

一勝一敗だけど、ちょっと苦しくなったなと思います。小川選手は重傷っぽいので。

ただ、岩崎&久保の2トップも、基点の作り方は後半とてもよくなっていたので、それで何とかしたいですね。次はイタリア戦。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2017/05/25

ルヴァン杯vsFC東京 終わってしまった

2017ルヴァン杯グループステージvsFC東京は0-1。

グループステージでの敗退が決定。終わってしまったー……。

ほんとに、紙一重のところで結果が変わってしまうということを痛感しますねえ。

あともう一試合はあるので、そこでは結果につなげてほしいなあと思います。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2017/05/24

ルヴァン杯vsFC東京展望

ルヴァン杯vsFC東京展望です。

絶好調のリーグ戦に対して、ルヴァン杯は苦戦中。7チーム中5位で、決勝トーナメントへ出るためには、連勝しても他のチームがどうなるか次第となっています。

さらにその結果だけではなく、もう一つ気になるのは、似たような試合展開でリーグ戦は辛抱強く拾い、ルヴァン杯ではことごとく勝ち点をこぼしていることです。

メンバーが変わっても、辛抱強さは維持したいところ。残りの試合で体現したい。

FC東京は選手層が厚いので、メンバー変わっても十分強力な布陣と思われ、その相手に実現できればとても大きいです。ぜひ抑え切りたい!

そして、最近連勝しているのもあって、わりとメンバーが固定化しているけれど、競争は大切なので、突き上げる大活躍をしてくれる人も募集!

勝って希望を最終節へ!!

がんばれ!!

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2017/05/23

COMICリュウ7月号 350万部のベースキャンプ

今月は手伝っている「あせびと空世界の冒険者」がお休みなので、完全に読者の立場で読むCOMICリュウ7月号感想です。会話の形でつなぎますので、よろしければどうぞー。

『モンスター娘のいる日常』。表紙&巻頭カラー。表紙に累計350万部突破とあります。現在12巻なので1巻あたり30万部近く。すごい。

『ヒトミ先生の保健室』。「単行本では湯気が消えます」に笑ったw

『ねこむすめ道草日記』。黒菜がおばあちゃんちに来る話。ほのぼの。

『とりきっさ!』。スネ毛ホットケーキは破壊力ありすぎると思うw

『クミカのミカク』。のんびりした暑い休日の午後に、クリームあんみつうまそう。

それに対して僕の日曜日は、やること終わらずのんびりできず。休日ほしいー。そんなCOMICリュウ7月号感想でした。17/5/21

最近、創作のベースキャンプを持っていることについて、すごく重要だなと感じていて。

書店流通が弱くなり、雑誌が売れなくなっていく中で、こんな作品があるよという情報をどう流すかということなのですが。

成功例として思いついたのが『モンスター娘のいる日常』なのです。

要はネット上に情報を流すしかないんだけど、その時に強固なクラスタをバックグラウンドに持っていれば、そういう作品がほしい人に情報が伝わりやすい。

COMICリュウはマイナー誌で、発行部数は少ない。そこに載っているだけでは、情報の届く読者の数は限られている。それで単行本をどさっと売ろうというのは、かなり難しい話。しかも昨今は、じわじわ広がるのを待つという戦略は取りづらく、初動重視になって、難易度が上がっています。

そこで「人外娘」という、ニッチだけれど強固なクラスタがいるところで、きちんとした品質でツボを押さえた作品を描いて、「あれ面白いよ!」と最初に火をつけてくれるお客さんへ届いた。今の部数はアニメ化の貢献もありますが、その前から10万部単位で売れていました。

これ、ツボを押さえるというのが特に重要で、「売れそうだから」で部外者が行ってもだめなんですよね。僕はサッカークラスタ所属なので、サッカー漫画でそれがよく起きます。わかってない人のうんちく語りにはしらけちゃう。

そして品質。僕は人外クラスタじゃないのでツボはわからないけど、この漫画は単純に面白く、読みやすく、絵もうまい。

自分がどのクラスタにいるかが、創作を支えるベースキャンプになる。それを直接使えている例として、『モンスター娘のいる日常』はすごい成功例だなあと思うのです。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2017/05/22

U-20vs南ア 逆転発進!!!!

初戦逆転勝ち!!!!

FIFA U-20W杯韓国2017、U-20日本代表vs南アフリカは、2-1!!!!

最初相手のスピードやリーチにちょっと対応できてないかなという時間帯、中山君が下がるFWにアタックするも取りきれず、残った三枚のラインがちょっと不ぞろいになってオフサイドにならずに裏を取られ、シュートに飛び込んだらブロックしきれずオウンゴール。ちょっといやな立ち上がり。

ただ、前半途中から、特に相手の中盤のマークがルーズだと分かり、左サイドの三好&初瀬を中心にがんがん攻め立てます。

後半開始早々の同点弾は、その左サイドから、鋭いグラウンダーを小川選手が押し込みました。

2点目も左サイドから。堂安→久保→堂安とシュートまで全部ワンタッチなファインゴール。

非常にいい形で初戦スタートを切れました。

中山君は、左サイドへ強気のパスを何本も通し、守備ではCBでコンビを組む富安、そしてボランチに入ったCBもできる板倉選手とともに中央を締め、体を張ってスピードのある相手に対応。

このチームの中央の堅さはアジア制覇の原動力でもあり、それが発揮されていた点でもいいスタートでした(^^)/

次は中二日でウルグアイです。連勝目指してがんばれー!!

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2017/05/21

vs磐田 暫定首位のち二位!!!!

ちょっとの間だけど首位になったよ!!!!

2017J1第12節vs磐田は2-0!!!!

昼の試合で暫定首位に。夜の試合でG大阪が勝って2位に後退。対戦相手の鳥栖が、攻守の要、豊田選手と谷口君を欠いていたのは痛かった。

しかしじわじわと順位を上げているので、この調子で行けば頂点に上り詰める日も近い。そう感じさせてくれる勝利でした。

なんといっても、クリスティアーノさんが流れの中で決めたのは大きい。これで量産体制に入ってほしいです!

それから、追加点の中川君も大きい。FC東京戦の展望に書きましたけれど、あのポジションにいるなら、得点力がほしい。そこで中川君自身も、ニアに走り込む形とかいろいろと工夫しているようなので、結果につながってよかった。どんどん点取ってほしいです!

そして中村対決にも勝利です! 中村俊輔選手のFKをウチの中村航輔君がナイスセーブ。中村といえば俊輔ではなく航輔になる日も近い。今シーズン中かも知れぬ。

副審に確認してPK取り消しというめったにない事態もあったけど、あれはポジション的に主審の位置からだとカミンスキー選手が触ったのが見えなかった? ま、でも、勝ったからな!

連勝がどこまで続くか、とても楽しみです。次の7連勝は、2014年終盤、あの滑り込みACL以来のことだそうですよ!

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2017/05/20

vs磐田展望 勢いのまま!!

勝てば首位もある第12節。ただ8位まで首位と勝ち点3差という大混戦なので、とにかく一戦必勝体制で行きたいところです。

磐田はついこのあいだのルヴァン杯で悔しい思いをした相手でもあり、そういう点でもぜひ勝ちたいですね!

ということで展望を。守備では。

まず晴れて暑くなる天気予報なので、運動量が保てるかどうか。連勝の原動力は明らかに積極的なプレッシングなので、そこは維持したい。

警戒する選手と言えば、なんと言っても中村俊輔選手です。監督や選手のコメント見ても、警戒する相手の筆頭です。幅広く動くタイプなので、しっかり受け渡しを。

中村選手から展開、サイドからクロスで川又選手という、はっきりした型があります。競り負けないように。

カミンスキー選手も、攻守でチームを救うGK。前節に引き続いてのGK対決です。中村君がんばって!

攻撃では。

とにかくクリスティアーノさんの爆発が待たれます。流れの中の得点が一つ入れば、量産体制に入りそうな気がするのです。ぶち込めー!

手塚君の活躍がかなりクローズアップされています。中村俊輔選手と同じ左利きのプレースキッカー。レジェンドの目の前でFKを決めちゃってほしいです!

暑くなるみたいなので交代選手の活躍も鍵。ハモンさんとか、ディエゴさんの得点にも期待!

勢いのまま突っ走りたい!!

勝ちましょう!!

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2017/05/19

じぶん書店

講談社から新たなサービス『じぶん書店』がリリースされました。

ネット上に自分の電子書店を作れるサービス。現在は講談社の本だけですが、他社の参加も働きかけるとのこと。なかなか面白そうな取り組みです。

似たことはアマゾンのアフィリエイトでもできるのですが、特徴は出版社直営なために紹介料率が高いこと。10%あります。アマゾンのkindle本に対する紹介料は、8%。紹介する方にとって見たら、高い方がいいですよね。紹介率競争が起きるだけでも面白いのですが。

今、世の中で起きていることは、後世から見たら産業革命のように語られる、情報流通革命なのだと思います。社会全部のあり方を変えていく。だから変化は必然で、それに対応しないといけない。

出版の周りで言えば、ネット通販と電子書籍の台頭が表の顔。

そして裏の顔は、それによって書店網が弱っていくこと。

これがかなり影響が大きいなと思うのです。なぜかと言えば、書店は売り場であると同時に、プロモーションの場でもあるからです。

本のプロモーションは書店の存在にかなり頼っています。とりあえず、書店に並べてもらえれば、一定の効果があった。

買う気満々のお客さんが集まってきますし、そういうお客さんは、書店のどの棚に行けば、自分好みの本と出会いやすいかも把握しています。

ぱっと見ての一覧性はネットよりずっとよく、そして実は公平なのです。ヒット作も新人の新刊も、アピールできるのは表紙と背表紙。同じ面積が与えられます。

こんな素敵なプロモーションの場が、弱っているのです。なので、本の売れ方はだいぶ変わってきました。ネットの比重が大きくなるにつれ、そこでお客さんを集めなければいけません。

その時に、上に書いたような機能を代替できるか。

ネット書店では一覧性が弱いので、ランキングぐらいしか頼れるものがなく、初動でランキングに入れなければそのまま埋もれ、売れる本とそうでない本の格差が広がっていくことが問題として語られてきました。

レコメンド機能もありますが、並んでいるだけで押しが弱く、あまり新しい本に出会える感じではありません。

選書する人を前面に押し出したサービスならば、そこに対する解決策になる可能性があります。その人に対する信頼感が、「あの人がそんなに言うなら面白いのかな」という一押しになるからです。

SNSで知り合いの人が言及した本を読んでみたりと、実際それは今でも起きています。その一押しはけっこう強力です。

ですから、そこに高い紹介料という対価を与え、選書の活動を盛んにする試みは、ぜひうまく行ってほしいなあと思っているのです。

自分好みの書店に出会えるとか、自分好みの本に会えるとか、そういう導線の部分が肝でしょうか。さて、どうなる。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2017/05/18

ジャンプ24号感想 200万部割れ

油断してたら、もしかして今月忙しんじゃね? と思い始めた月曜日。ジャンプ24号の感想です。会話の形で繋ぎますので、よろしければどうぞー。

センターカラー『約束のネバーランド』。新章突入。いいシーンがあって、希望が見えたとたん、ドンと引きが来る。さすがの振れ幅。

センターカラー『青春兵器ナンバーワン』。表紙裏に「とくべつふろく 零一vsハチの青春謳歌すごろく」とあるんだけど、ほんとに勝負になってなくて笑ったw

『火ノ丸相撲』。さあ、舞台は全て整った。大将戦はどうなる。

『ROBOT×LASERBAEM』。ライバル出して、部活に入ると癖のある先輩と反目して……というのはスポーツ漫画の定番。だけど、そこからちょっと意外な展開へ。この出し入れの妙。

『食戟のソーマ』。紀ノ国先輩には、もう一オチあるような気がする。

『左門君はサモナー』。シリアス展開立て続け?

というジャンプ24号感想でした。仕事前に本屋にも寄らないといけないから、急がないと。17/5/15

今回は載っている漫画ではなく、ジャンプ全体のお話を。ジャンプの発行部数が200万部を切ったと話題になっています。

これはちょっと気になるニュース。単に他の雑誌と同じ、世の中の変化によるものなのかどうか。

発行部数の推移を見ていると、マガジン、サンデーはある意味安定して下がっていたのですが、ジャンプは2014年頃までは微減で踏ん張っていたのです。

まず考えられるのは長期連載作品の終了。実際、『BLEACH』『NARUTO』終了の辺りの落ち込み幅は一段大きくなっています。

そして、もう一つ考えられるのが。

2014年9月にジャンプ+が始まって、電子版を売り始めているのです。

その辺りから微減ではなくなってきている感じなので、電子版に移った人がけっこういるのでは。

そしたらそれは、新時代に向けて業態の変更が進んでいるということなので、悪い話ではなく。紙と電子を合わせてどれくらいか知りたいところ。

ジャンプ+のアプリのダウンロード数は700万を超えている模様。常用しているアクティブユーザーが10人に一人いれば、紙の減少分を補っていることになるのか。ネットの新作への誘導力は紙の雑誌より弱い感じがあるので、まだ足りていないのか。

気になるところですねー。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2017/05/17

あせびと空世界の冒険者 7

お手伝いしている友人漫画家、梅木泰祐先生の『あせびと空世界の冒険者』第7巻が発売されています!

伏線張って、伏線張ってと、あとの山場のためにいろいろ下ごしらえしていたものが、この巻でどどどっと出てきています。

まず、エピソード自体の山場になっていて、アクションシーンの連続です。準戦闘モジュール、超強い。ユウ大ピンチ。

ちなみにこれが「準」なら、もっと強いのがいるということなのでしょうか。

その中に出てくるシーンに、長く伏線が張られていました。ダリアが味方になるのですが、やはり標準モジュールでは善戦むなしくという展開。そこでユウに助けられます。

命令で動くしかない人型モジュールが、でも自分の心を持っていて、大切にされたいという願いも持っている。ずっと語られてきたそんなダリアのジレンマが、解決する瞬間。自分の意思で戦うシーンがやってきます。

あせびの内心もずっと描かれてきました。ユウのことが好きだけど、自分は人型モジュールで、一歩踏み出すことができない。

その恋心が成就する瞬間がやってきました。「ずっと好きでした」のあせびさんの笑顔が、はかなげで素敵。

ストーリーは一山超えて、次回からは次のエピソードです。まだまだ残された伏線があり、いったいどうなる?

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2017/05/16

U-20vs磐田・ホンジュラス いよいよ

U-20W杯に向かう、U-20日本代表の活動が始まっています。

まずは5/12、ジュビロ磐田と練習試合。1-0。中山君は一本目に先発。得点はこぼれに詰めた小川選手です。

そして昨日5/15には、U-20ホンジュラス代表と。3-2。中山君は先発で、61分に交代。カウンター食ったみたいなのが気になりますね。初戦が南アフリカなので、スピードにはしっかり対応したいところ。

あと、U-20日本代表候補というチームも活動していてですね。そちらにはU-18の中川創君が招集されています。

そしてそちらがU-20アメリカ代表と対戦しました。1-2。中川君は先発フル出場。アメリカ代表は優勝候補の一角のようなので、いい経験になったんじゃないでしょうか!

さあ、21日からW杯です! がんばって欲しいですね!

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2017/05/15

vsFC東京 ナイスシュート!!!!

ナイスゴールが二発!!!!

2017J1第11節、vsFC東京は2-1!!!!

いやー、ほんといいシュートでしたね!

手塚君の先制点は、ボールを持って前を向いた時、ノープレッシャーだったのを見逃さず、距離があっても思い切り打った積極性が素敵です。無回転弾ですよ!

2点目もすごくいいゴールです。後半開始直後という時間帯。そしてワンタッチ、ツータッチでボールが前に運ばれていった形。完璧な崩しです!

こういうシーンをどんどん増やしていきたいですね!

うきうきしながらJリーグタイムを見ていたら、中村君のインタビューが。

スーパーセーブが注目され始めましたよ。これもこのまま続けたい!

さあ、あとはクリスティアーノさんの積極姿勢が報われれば完璧だ。公式ではシュート7本、中継では二桁カウントされていました。次で爆発しないかなー。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2017/05/14

vsFC東京展望 成長を見せたい一戦

FC東京戦を迎えます。いろいろ重要な一戦です。

まず、順位がひとつ上の相手で、倒せば他の試合の結果によっては首位もあるかもしれなくて。

でも僕的にはそれよりも、去年に比べての進化が測れる試合として、注目なのです。

去年はここで勝てばという試合で、負けてがたがたっといったんですよね。さらに中山君が代表の活動で抜けたというのも、去年と同じシチュエーション。ぜひここを乗り越えたいのです。

ということで、守備では。

前線には個の力のある選手がそろうので、そこはしっかり抑えたい。特に大久保選手に要注意。

左SBの太田選手の高精度のクロス、そしてセットプレーも警戒。ウチの弱点を突ける選手です。ここを消せるかどうかが大きな鍵。

さらに、高萩&梶山という、パス能力の高いボランチを封じられるかどうか。前線からの守備が重要です。

後は中村君が神っててくれれば完璧。どうぞよろしくお願いします(-人-)

攻撃では。

連勝しているけど、まだまだ課題があると思うんですよね、攻撃面。

その中で特に中川君に注目しています。

守備のスイッチャーとしての働きは絶大で、その結果完封に貢献していて外せない。特に今のウチは守備が生命線となっていて、そこにうまくフィットしていないハモンさんは、ルヴァン杯で早々に交代。

このままだと攻撃力が上がらないまま1-0のチームになってしまうけれど、ただそれだったら、カウンター主体にした方が安定するのです。

目指すサッカーを体現するためには、あのポジションの人が点を取らないと! がんばって!

そして、このあいだ守備でがんばったご褒美的にラッキーゴールがあったクリスティアーノさん。今年はちょっと力みが見られるのですが、あれがきっかけになってくれるとうれしい。ドカンと一発!

ぜひ成長を見せる一戦に!!

がんばれ!!

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2017/05/13

推敲、推敲、推敲

長らくかかっておりました作品に、ようやくゴールが見えてきました。

ずいぶんかかったなー、ほんと。

書き始めて、「これ、エピソード並べて話の形にしているだけで、芯が通ってないのでは」と迷いヶ淵に入り、書いて冷却期間取って、書いて冷却期間取って。

ようやくしっくり来る芯を見つけて、あとは推敲、推敲、推敲。

『魔女の宅急便』の角野栄子先生が執筆についてなどを書いたエッセイ、『ファンタジーが生まれるとき』で「声に出して読んで、引っかかりがなくなるまで、何度も推敲する」と書いてらしたので。

「あれほどの先生がそれだけ手をかけているのに、僕程度が書き殴ってたらダメだろ」と、声に出してはいないのですが、何度も読んで引っかかりを潰していくようにしています。

だいぶ引っかかるところがなくなってきたので、あと何周かしたら終わるはず。

さて、推敲といえばなんですけど。

この辺が、セルパブだと弱くなりがちだなと、最近感じています。

商業出版だと、「完璧!」と思うところまで書き込んで、完璧なはずなのに、さあここから担当編集者の直しが入り、担当さんが「OK!」と言ってくれたところから、OKのはずなのに編集長のチェックが入る。それだけ手をかけて万全を目指すわけですけど。

セルパブは書きっぱなしで出せちゃう。

僕はセルフパブリッシングの利点を「個人でも商業出版と同じ土俵で戦えること」だと思っていて、だから書く時間ないとか大騒ぎしているのに、入れ込んでいるわけですよ。

だから同じ土俵で、ちゃんと戦わないと。セルパブだから質が低くてもOKではない。

(質を犠牲にして量を求める戦略はあり。投稿サイトには毎日連載している人がいる。あそこまでいけば、量のメリットが上回る。ただ、今のところ、マネタイズするには書籍化で、そこで手を入れることになるみたいですが)

ということで、この作品が書き上がったら、待ち時間にセルパブ進めようと思うんですけど、そっちもしっかりやろうと思います。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2017/05/12

ジャンプ23号感想 天才の焦慮は時に[x]と反比例する

連休が終わってしまったあああぁぁぁ……な月曜日、ジャンプ23号感想です。会話の形でつなぎますので、よろしければどうぞー。

巻頭カラー『約束のネバーランド』。ママの哀しく切ない思い。こういう回があるのがいいところ。

『僕のヒーローアカデミア』。優しい手は彼女のところまで届くのか。一番ヒーローが求められるシチュエーション。

『鬼滅の刃』。「禰豆子ちゃんは俺が守る」のページ、好き。一瞬フラグが立ちそうだったのにw

『食戟のソーマ』。香りのスペシャリスト葉山アキラの、意味深な顔が気になるところ。三番粉に対するものだったのか、それとも。

『ぼくたちは勉強ができない』。うるか回。ヒロイン力は圧倒的だと思う。そして最近、緒方さんの「うどん食べますか」もツボ。

というジャンプ23号感想でした。連休終わっちゃった……けれど、一応連休中に終わらせなければいけないことは終わらせたので、さあ、今週は次のこと。17/5/8

『ニセコイ』終了後、ラブコメ枠として始まった『ぼくたちは勉強ができない』。第3のヒロインとして出てきた武元うるかちゃんのヒロイン力がすごいなあと思って読んでいます。

水泳バカの元気っ子として登場。文系、理系のヒロインは既出だったので、運動系として出てきた感じでした。

ところが登場回で、がさつで図々しい雰囲気と見せかけながら、自分をしっかり見ていてくれたことに心掴まれ真っ赤になってドキドキ、そんな中学以来ずっと好き、というギャップを披露していたら。

その後もそういうシーンがてんこ盛り。

「料理ヘタキャラだと思ってたなら残念でしたー♪」と料理上手とか、停電の暗がりに乗じて抱きつこうと思ったらできなくて「そんな度胸あったらとっくに中学時代告ってました!!」とか、本屋で並んで肩がくっついた時に「このままくっついて、はなれなくなっちゃったらいいのに」とか。ほんと圧倒的です。

他の二人のヒロインが、このあいだ初めて会ったばかりで、恋心以前からスタートしているので、現時点では三択じゃなくてうるか一択なんですよね。

第三のヒロインはたいてい当て馬で、最終的には選ばれないのが普通と思うんですが、そんなことになったらかわいそう。いったいどうなるのでしょう。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2017/05/11

ルヴァン杯vs仙台 紙一重

2017ルヴァン杯グループステージ第5節、vs仙台は1-1。

アディショナルタイムに追いつかれたー。

最近のリーグ戦とルヴァン杯、対照的な結果になっているけれど、でも、ほんの紙一重なんですよね。この試合も後一本踏ん張れば、粘りの勝利になっていたわけで。

逆に言えば、連勝して上位にきたリーグ戦も、ちょっとしたことで崩れる可能性がある。

ということで、ここで中山君が代表へ。その前に結果出てたら安心して見れたんだけどなー。乗り切れるかなー。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2017/05/10

ルヴァン杯vs仙台展望 前節に引き続き

ルヴァン杯vs仙台の展望です。前節に引き続き、前と後ろで活躍する人募集中なのです。

まず、大津君の負傷についてリリースが出ました。全治四週間。ここを埋めるのは誰か。C大阪戦では武富君がそのポジションに入りました。クリスティアーノさんを左MFに戻すことも考えられるので、前線四枚の人たちはチャンスです。

最右翼はディエゴさんでしょうか。C大阪戦では交代で入り、ゴリゴリと突破。

エルゴラの予想だと、左MFに書いてあります。ウチではうまくCFでフィットしましたが、本来はサイドの人のような気もします。クリスティアーノさんのFWが運動量多くてフィットしているので、もしディエゴさんがここでうまくいって、ポジションチェンジということになっても面白そうです。

後はバックライン。中山君がこの試合を最後に代表に合流。韓国なので移動は楽ですけれど、最短で5/27、最長で6/11。

もう使い切る感じで中山君先発予想ですw

さて、そのポジションのバックアップ最右翼は鎌田君。ただ、もしビルドアップを重視するなら、古賀君もCBができる。

とにかくまず、完封続けているリーグ戦に負けず、ルヴァン杯も完封したい。がんばってほしいです!

首位をたたいて上位浮上!!

勝ちましょう!!

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2017/05/09

目標は自分で決める

創作活動の目標はやっぱり自分で決めなきゃだめだと、このGW中に強く感じたのです。

昔々は、そもそも媒体が少なかったので、成功のパターンも限られていて、目標も必然的に絞り込まれていた。そんなことわざわざ確認しなくたってわかるでしょ的に。

でも今は、媒体も増えた。ネットで世の中に流れる情報量も増えた。その中で、読者の好みも細分化されている。さらには電子書籍で、出版社を通さなくても成り立つ可能性まで出てきた。

こうなってくると、ゴールをどこにするか、ちゃんと決めておかないといけなくなってきます。場によって求められるものが違ってくるからです。

確かに物差しを金銭一本に絞れば、「売れれば売れるほどよい」という単純な話になります。

でもですね、この間のコミティアで、連載作家の友達が、すごく熱心なファンの人に捕まってたんですよ。ファンの人はその友人作家の作品が自分にとってどれだけ大切なものか、本人に伝えなくちゃと一生懸命だったんですよね。

これを単純な金銭の物差しで計っていいのか。

テレビに出るような有名人を神輿に担いで、ゴーストで固めたチームで作り、炎上マーケティング仕掛けた方が売れるけど、果たしてそれは目の前のこれと、同じものなんだろうか。

そう思ったのです。

そういう話とは逆に、ゴールがずれてることでぐちゃぐちゃになっていく打ち合わせとかも経験しているんですよ。

まず、どういう人に読ませたいのか。それによって売り上げ期待値の最大も変わってきます。それをきちんと受け入れられているのか。「好きなもの描いてください」と言われた後に「これじゃ売れません」と言われたら、最初の話と違うじゃないかと、とても困る。

でも今は、どっちを選ぶのか、自分で決められる。なら逆に、相手の求めているものを出せる時に、そこに行けばいいという選択もできる。

そこがぶれないようにしていかないとと、ちょうど今ぶれやすい時期に差し掛かってるので、再確認していたのでした。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2017/05/08

COMITIA120とガンズ3号

週末はいろいろ盛りだくさんでした。

当初、紙本を持っていきたいともくろんでいたガンズ3号ですが、それは叶わず。

けれど前日夜には発行することができました。

『銃と宇宙 GUNS&UNIVERSE03』発売になりました。BCCKSでは本日18時より紙本のセールも始まります。よろしくどうぞ。

さて、乗り込んだコミティア120ですが、残念ながら作戦はうまくいったとは言えず。

紙本を見本に電子版に誘導しようとチラシを用意して向かったのですが、そのサイクルは作れませんでした。

ただ問題点は色々と炙り出されたので、それを収穫として次につなげたいと思います。

それとは別に、個人的にはコミティアは、恒例の「やる気もらうイベント」なのですが、そちらはプラスで。

友人の熱心なファンの姿に、出版は売り上げ規模が評価になるけれど、こうして人の心に強く響くというのも大切だよなあと思ったり。

初めて参加したという人の、初々しいやる気に当てられてみたり。

持っていった原稿の推敲もだいぶ進みました。とにかく進まなければ。がんばろう。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2017/05/07

vsC大阪 守り勝った!!!!

連続完封守り勝ち!!!!

2017J1第10節、vsC大阪は1-0!!!!

前半はC大阪ペース。ウチも前からプレスに行き、結構いい形で奪えていたのですが、一度そこをかいくぐられて相手の前線に入ると、テクニックがあるだけに潰し切れずにつながれてしまい、危険なシーンを作られました。

でもそこで粘り強く対応できていたのが、まず一つよかったところ。

後半、風向きが変わって、さらに中山君を中心に弾き返せるようになって、相手のロングボールが収まらなくなり、これで五分五分な感じに。

そこで出たのが先制点。スルーパスがつながらずクリアされるのかなと思った次の瞬間、出した後プレスに行ったクリスティアーノさんの体にクリアボールが当たり、見事なループシュートになってゴールへ吸い込まれます。

下平監督は、ハーフタイムにプレスに行き切ることを要求していたそうなのですが、その通りサボらずに行ったご褒美ですよ、これ(^^)/

そしてその後、細貝さんに鎌田君と、頼れる守備の人を投入してクロージングに入って。

とどめが中村君のスーパーセーブです!

アディショナルタイム、ブロックに飛び込んだ小池君の足に当たって、シュートコースが変わって飛びついた逆を取られたのに、超反応で腕一本でかき出しました。マジでこぼれそうになった勝ち点2を守った!

中村君は一昨年、武者修行先の福岡で、スーパーセーブを連発してJ1昇格に導いたのですが、J1でもそれを再現しそうです。

というか、ぜひ再現してください!!

得点も守備意識の結果だから、本当に守り勝ったという感じです。今日の試合がまだあるので暫定だけど、これで4位、首位鹿島と勝ち点3差! 次が大一番! がんばれ!

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2017/05/06

偵察Cvs川崎とvsC展望

偵察記事は久しぶり。

2017J1第9節、C大阪vs川崎は2-0。

スコアは2-0ですが川崎GKチョン・ソンリョン選手の頑張りがなければ、もっと開いていた試合。

ボランチ、CBが主戦場だった山村選手のトップ下起用ってどうなんだろうと思っていましたが、かなりはまっている感じで、この日はファインゴールも。

先発復帰の清武選手も活躍し、駄目押しゴールも決めました。セレッソ側から見ると快勝です。

川崎は、実は根深い問題を抱えているような気がします。

この日は中村憲剛選手が欠場だったので、その影響も確かに大きいとは思うのですが、この試合以外でも、見ていて攻撃のテンポが少し悪い感じ。怖い所にばんばんボールが入っているのではなく、足元で詰まりながら回っている。

川崎とウチは今、似たタイプのサッカーをしているだけに、「あれ、これ悪いポゼッションじゃないのかな」と感じるのです。どうなのでしょうか。

さて、それをふまえてC大阪戦の展望は。

守備では。

とにかく前線にはタレントがいるので、そこを警戒。

柿谷選手と清武選手は、ポジションはサイドMFですが、そこから中に入ってくるので、マークはしっかり。

山村選手をトップ下に置いたのは、ターゲットマンにする狙いもあり、そこをどう封じるか。

ワントップ杉本選手は高さも足元もあり、好調です。しっかり潰したい。

上がってくるボランチのミドルシュートにも警戒。

攻撃では。

C大阪は攻撃のタレントに目が行きがちですが、実は前線からしっかりと守備をしてきます。むしろそれが好調の要因。そこをどう崩すか。

サイドからクロスはいいとして、中は堅いので、うまく出し抜きたいところ。最近ニアを狙っている中川君が出し抜けるか。

ちょっと気になっているのはクリスティアーノさんです。ちょっと力んでいる雰囲気がありますが、一つ取れればどばっと行くはず。きっかけをつかんでほしいです。

大津君はやっぱりだめみたいなんだけど、予想では、ディエゴさんか武富君。活躍を期待。

順位一つ差、上位に残るのはどちらか!!

がんばれ!!

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2017/05/05

ガン子ちゃんとCOMITIA120

ガン子ちゃんはミツ夫の妹が有名ですけれども(パーマンby藤子・F・不二雄)。

こっちのガン子ちゃんはGUNS&UNIVERSEのGUNからですよ!

ということでチラシ用にイラスト描きました。

銃を構えるツインテール少女

COMITIA120に参加します。5/6、東京ビッグサイト東4・5・6ホール11:00-16:00。「C58a かってに応援団」です。

同人誌の新刊描く余裕を失い、自分で出展するのをやめてたのを、「ガンズがあるから、毎回新刊あるじゃん!」と気づいたのですが。

発行元サイトのBCCKSが、新サービスとして紙本買うと電子版も付いてくるとか、5/8から紙本割引セールするとか、いろいろ情勢が変わり。

もともとオンデマンド本なので一冊1685円と割高で、同人誌の相場から見ても高いから、そう売れないだろうと思ってはいたのですが、むしろ売ったら損させちゃう状況に。せめてもで付けられるのが、僕のサインぐらいしかない(^^;;)

というわけでますます、今回の目玉は電子版に誘導するチラシになったのでした。紙本を見本として中を確認できますので、ぜひお立ち寄りください。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2017/05/04

ルヴァン杯vs磐田 困難と紙一重

2017ルヴァン杯グループステージ第4節vs磐田は1-2。

先制したのに逆転負けしたー。

欠場者が出そうだから、そこを埋めてくれる人の活躍を期待していたのですが。

追加点は取り切れず。

先制点のディエゴさんが負傷退場してしまい。

そして守りきれなかったよ(+_+)

三連勝して浮かれていたけど、まだ困難とは紙一重。

土曜のセレッソ戦、がんばろう。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2017/05/03

ルヴァン杯vs磐田 アピールするのはここだ

さて、ルヴァン杯磐田戦です。

ルヴァン杯はどちらもメンバー代わるので、予想が立ちづらいから展望というよりは願望を書いているのですが。

今回はすごく重要なポイントが!

本日U-20W杯のメンバーが発表されまして!

中山君が順当に招集されました!

非常にめでたい!

柏から世界へ、どーんと活躍してほしいわけですよ。

しかし反面、5/11から代表の活動開始で、最短で三試合、長ければ四試合、リーグ戦欠場です。

去年はU-19で中山君がいなくなったとたん、守備崩れた。今回もそんなことになったらまずい。何とかせねば。

ということで、この試合に出た人から、その穴を埋める人が出てほしいわけです。鎌田君、橋口君、さらに古賀君もできる。ドイツでは細貝さんもやってたはず。誰が埋めてくれるのか。

そして、もう一つ。新潟戦で大津君が負傷交代。怪我の程度が分からないのですが、ベンチではなくまっすぐ控え室に帰っていったので、軽傷ではない雰囲気。ここも誰かが埋めてくれないと。

クリスティアーノさんが左サイドに入るとしたら、FWが誰になるのか。ディエゴさん復帰か、ハモンさんか、大島君か。ちなみに、伊東君もテーピングしてるから、ちょっと心配で、前の選手の活躍は必須なのです。

攻守の両方で活躍する人が出て、先の憂いを払拭する試合を希望します!

アピールするのはここだ!!

がんばって!!

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2017/05/02

SF雑誌オルタナ vol.3 変身

SF雑誌オルタナ vol.3 変身 を読みました!

超大作載ってる!

事前に話は聞いていたのですが、小説が5本載っているうち、4本読んでも、まだ本の半分ぐらいしか来ていない。最後に載っている広橋悠さんの『アトモスフィア・バーンナウト』が、5万字超える大作なのだそうです。

5万字すごいよ。児童書だったら一冊分普通にあるよ。

それだけの分量が、雑誌に読み切りとして載っているのですが、こちら筆致がとてもしっかりしていて、謎めいた世界観に引っ張られてすいすい読めました。面白かったです。

あと印象に残ったのは淡波亮作さんの『醜い腕』。

SFらしいSFといいますか、とても緊迫感にあふれていて、こちらもぐいぐい引き込まれました。

他、波野發作さん『モノローグ・ワン』、米田淳一さん『或る会議の風景』、山田佳江さん『詐欺師の鍵 #3』と、ガンズでもおなじみのお三方は、さすがの安定感で。

さらに巻頭に禅之助さんのイラストが掲載。めちゃ上手い。

とても充実した内容でした。今迄で一番読み応えがあったのではないでしょうか。

ガンズも負けずにがんばらなければいけませんな!

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2017/05/01

vs新潟 勝ち越しそして大混戦!!!!

勝ち越して白星先行!!!!

2017J1第9節、vs新潟は1-0!!!!

手塚君の先制FKよかったですねー。

蹴りたいとクリスティアーノさんから譲ってもらったらしいのですが、距離的にはちょっと遠めで、クリスティアーノさんの距離っぽい位置。そこで強く言える自信、そして譲ってもらえる信頼。

練習をずっとやっているそうで、それが実を結んだんだなあと思います。

そして、この日は中村君の日。スーパーセーブ連発。

勝ち点2は中村君の分ではないでしょうか。頼れるー!

一個勝ち越しただけで6位に上がるという大混戦。

首位浦和も埼玉ダービーに茨田君のスーパーシュートで負けていたので、このままだだだっと追いついていきたいですね!

| | コメント (0) | トラックバック (0)

« 2017年4月 | トップページ