« vs神戸 首位降ろし!!!! | トップページ | てきすぽどーじん十号と山田佳江さんとの出会い »

2017/04/18

小説ハッカソン「NovelJam」を運営側から振り返る

先週土曜日の、日本独立作家同盟のセミナー『小説ハッカソン「NovelJam」を運営側から振り返る』に行ってきました。

2月に行われたノベルジャムの裏話がいろいろと。一番印象に残ったのは、第二部に登場されました小沢高広(うめ)先生の、参加するに当たっての姿勢です。

運営側に「守りに入ったんですね?」と突っ込んだりしていましたが、とにかく考え方がポジティブで積極的。

「2日間でこんなにお手軽に失敗が体験できるイベントはない」など、発想も一味違います。なるほど、こういう考え方だから、電子書籍に対してあれだけ素早い対応ができて、このポジションにいるんだなと納得できました。

電子書籍は、漫画に関しては、そろそろ紙と電子が逆転するのではないかと言われるフェーズに入ってきました。小説はまだまだですが、売り方は確実に変わってきています。

そういうところでは、必要とされる才能もスキルも変わってきます。頑張らないといけないなあと思ったのでした。

|

« vs神戸 首位降ろし!!!! | トップページ | てきすぽどーじん十号と山田佳江さんとの出会い »

日記・コラム・つぶやき」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/46606/65161994

この記事へのトラックバック一覧です: 小説ハッカソン「NovelJam」を運営側から振り返る:

« vs神戸 首位降ろし!!!! | トップページ | てきすぽどーじん十号と山田佳江さんとの出会い »