« 細貝選手来た!!!! | トップページ | TMvs東洋大学 期待の若手が »

2017/03/26

宇宙軍士官学校‐前哨‐ 12

宇宙軍士官学校‐前哨‐ 12 (鷹見一幸・著)を読みました!

粛清者の攻撃により、艦隊司令部を失った地球防衛艦隊。恵一もそのさなか死亡、アバターの復帰を待つことになった。そんなおり、粛清者は大量の恒星反応段を投入。新戦術に防衛線は混乱を極める。

そこで恵一は戦線に復帰、増援もやってきた。さあ最終決戦。地球を守り切ることはできるのか……。

こういうお話はどんどんエスカレートしていくものですが、もう極めたという感じです。最終決戦はものすごい数になってるし、すんごい大災害は起きるし、暴かれた敵の正体はスケールでかすぎです。

そういうとこがスペースオペラだね! という感じで素敵(^^)/

以前の巻のあとがきで、鷹見先生は自分の作風を群像劇だと書いていましたが。

クライマックスで地球大ピンチの時に、そういう風に書いてきたことが伏線となります。戦場から離れた所で起きる事件にも、以前から出ているキャラクターがいる。大スケールのカタストロフィを、緊張感たっぷりに書くことができ、手に汗握る展開でした。

最終決戦ということでこの巻が最終巻なのですが、それは第一部完結。この後人類の反撃を書く構想があるそうで、そちらも楽しみです。

|

« 細貝選手来た!!!! | トップページ | TMvs東洋大学 期待の若手が »

書籍・雑誌」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/46606/65066075

この記事へのトラックバック一覧です: 宇宙軍士官学校‐前哨‐ 12:

« 細貝選手来た!!!! | トップページ | TMvs東洋大学 期待の若手が »