« TMvs鹿屋体大と二種登録 | トップページ | 宇宙軍士官学校‐前哨‐ 10 »

2017/02/04

ジャンプ9号感想 プイ

もうちょっと…もうちょっとなのだ…の月曜日。ジャンプ9号感想です。会話の形でつなぎますので、よろしければどうぞー。

『鬼滅の刃』。よかった禰豆子、がんばった。キャラ濃く立てて、主張をはっきり対立させ、そこから生まれる緊張感が魅力。

『僕のヒーローアカデミア』。全裸ヒーロー先輩強し。キャラの付け方うまい。

『約束のネバーランド』。どんどん切羽詰ってきて、一体どうなるのか。

『阿佐ヶ谷芸術高校映像科へようこそ』。センターカラー読み切り。すごくよかった。創作ということの本質をえぐり出していた。ストキンPro.準キング受賞作品。なるほどの力量。

『食戟のソーマ』。チーム才波は一体どうなるw

『背すじをピン!と』。部員が増えててよかった。さて、この展開は…?

『火ノ丸相撲』。仲間の力で強くなるのは相手も同じ。さあ決まるのか、必殺技。

というジャンプ9号感想でした。さあ、あと、もうちょっと……。17/1/30

ストーリー漫画を引っ張るのに必要な大きな要素は2つ。期待感と共感だと思うのですが。

最近の『鬼滅の刃』はそこがうまく回っていて目が離せません。

気立ての良い、妹思いの炭治郎。そこにぞろぞろ現れる、癖の強い何を考えているのか分からない柱たち。そして禰豆子ピンチ。次のページをめくらせる力がとても強い。

ある意味とても荒っぽい描き方をしているんだけれども、それが逆に、ここが要所と分からせてくれます。

さあ新展開はどうなるのかな。

|

« TMvs鹿屋体大と二種登録 | トップページ | 宇宙軍士官学校‐前哨‐ 10 »

漫画」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/46606/64819310

この記事へのトラックバック一覧です: ジャンプ9号感想 プイ:

« TMvs鹿屋体大と二種登録 | トップページ | 宇宙軍士官学校‐前哨‐ 10 »