« COMITIA119 | トップページ | のど痛い »

2017/02/16

ハリー・ポッターと炎のゴブレット

ハリー・ポッターと炎のゴブレット (J・K・ローリング・著)を読みました!

あいかわらずダドリー家で夏休みを過ごすハリー。そこへウィーズリー家からクディッチW杯観戦のお誘いがやってくる。喜んで招待に応じるハリー。ワールドカップ決勝戦は大熱戦。ハリーもたっぷりと堪能した。

しかしその晩、魔法使い達が泊まるキャンプ場に、ヴォルデモート復活のしるしが現れる。さらに、その後行われることになった三大魔法学校対抗試合でハリーを狙う動きが……。

ただでさえ分厚い本が、この間から上下二巻組。ぼちぼち読むかなあと思っていたのですが。

夜中、ちょこっとのつもりで読み始めたら、止まらなくなって朝の9時までかかって一気に読みましたよ。恐ろしい……。この引っ張る力こそ、面白い作品が持つ魔法の力。身に着けたい。

ハリーたちも14才になり、ちょっと色気づいてきました。ダンスパーティーが開催、パートナー選びでひと悶着。いやー、恐ろしいですね、ダンスパーティー。僕は絶対うまく立ち回れない自信がありますよ。日本に生まれてよかった。

お話はウォルデモート復活で、ぐっと緊張感が増してきました。ヴォルデモートの部下への扱いがひどくて、まさに悪魔。悪の強さが物語を引き上げます。さあどうなる。

今度は引っ張り込まれることを覚悟して、時間見とかないと(^^;;)

|

« COMITIA119 | トップページ | のど痛い »

書籍・雑誌」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/46606/64878303

この記事へのトラックバック一覧です: ハリー・ポッターと炎のゴブレット:

« COMITIA119 | トップページ | のど痛い »