« TMvs清水 課題あり | トップページ | 心機一転 »

2017/02/07

ノベルジャムすごかった

作家と編集者でタッグを組み、2日間で短編小説を書き上げて、電子書籍を作り売りだそうという日本独立作家同盟のマッチョなイベント、『NovelJam』に行ってきました。

最初は作家枠で参加しようと思ったのですが、仕事とかぶりそうだと取り下げて、最後のプレゼンと授賞式の見学。

いやあ、出れたらよかった。すごいイベントだった。

最初にこの企画を聞いたのは、昨年、セミナーに行った時。日本独立作家同盟のイベントなので、独立作家、つまりセルパブで書いてる人達が集まるのかなーと思うじゃないですか。

始まったら、作家も編集者もプロがぞろぞろいるんですよ。作家じゃなくても脚本家とか、漫画家とか。普段お話作る仕事している人達ばかり。

そんな確かな腕を持つ人達が全力で取り組んだイベントが、ただの遊びで終わるわけがなく。ものすごい熱気を感じました。

最優秀賞を穫ったのは、新城カズマ先生。20年以上のキャリアを誇るベテラン。プロ中のプロです。そんな人が事前に64個ものアイディア集を公開して臨んでいた! すごい! 本気です!

そんな中、我がガンズ代表、編集・波野さん、作家・米田さんのチームが、米光一成審査員賞を受賞! さらに、作家2名編集1名のチームなので、波野さんは、こちらも群雛執筆経験のある澤俊之さんとのコンビで、優秀賞も受賞! みなさん、おめでとうございます!

なんかほんとにその場にこもる熱量が、ただ事ではなかったですよ。何かしようと思う人のエネルギーはすごい。

それを審査員として感じてらした、米光さんの記事。

そしてBCCKSノベルジャム特集ページがこちら。

あと、プレゼンを見ているだけでも、自分に足りてないのは何かということを感じられました。苦手なことも底上げしないと。がんばろう。

|

« TMvs清水 課題あり | トップページ | 心機一転 »

日記・コラム・つぶやき」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/46606/64856488

この記事へのトラックバック一覧です: ノベルジャムすごかった:

« TMvs清水 課題あり | トップページ | 心機一転 »