« 2017J1展望 その2 | トップページ | COMICリュウ4月号 Dahlia »

2017/02/23

2017J1展望 その3

さあ、展望の最後は昨年上位のチームです。当然優勝争いに加わってくるだろうチームなので、ここを食いたい!

年間6位、広島。

何がショックかって、工藤君がウチに帰ってこなくて、広島行っちゃったということですよ。冷静に見れる自信ない……。

ただ、単独で何とかするタイプじゃないので、そこでかみ合うかがポイントと思われます。練習試合などではまだ無得点? アシストはある模様。

そして例年の通りに、手堅く目的のはっきりしたいい補強。今年も強そうです。

ちょっと怪我人がいるようだから、出だしはどうかな?

年間5位、大宮。

広島に続き、複雑な気持ちで見るチーム。ウチから茨田君が、ボランチをやりたいと移籍。しかし、どうも今年はダブルボランチの試合が増えそうで、そしたら移籍しなくてもよかったのでは? と思ってしまうわけですよ。

大宮は昨年好成績を収めましたが、攻撃の中心家長選手が移籍。その穴を埋められるかどうか。とりあえず預けとけみたいなところがあったので、そこが急務です。

清水から来た大前選手はタイプとしては違っていて、よりゴール前で強い選手。はまれば得点力は上がりそうです。

ゲームを作る部分で期待されているのが、茨田君と長谷川選手です。後方でパスを繰る茨田君と、フィニッシュに絡むところに強い長谷川選手。

こうしてみると狙いのはっきりした補強。大宮は堅守速攻の伝統があり、そこからポゼッションへというのはずっとトライしている印象ですが、守備のよさを消さずにそれを足すことができるかどうか。新加入選手のフィット具合に注目です。

年間4位、G大阪。

派手な選手じゃないけれど、阿部、大森という二人は、実は長谷川G大阪の象徴的な選手だったのではないかと思うのです。ハードワークできる攻撃的MF。長谷川監督は基本は守備から入るので、あのポジションは負担が大きくなる。

その二人が移籍した今季は、結構ターニングポイントとなるのではないでしょうか。システム的にも遠藤選手を中盤の底に置く形が基本となる模様。今度はサイドMFに置かれた今野、井手口選手の働きが肝?

ACLがあってハードスケジュールなのにFWの層が薄いのも懸念材料です。どう出るか。

年間3位、しかしチャンピオンシップで逆転優勝、鹿島。

一二を争う積極補強の鹿島。キャンプからこちらも順調の様子。そうなると一番注目しているのは、これでACLを戦えるチームになったのかです。

僕の鹿島のイメージは「内弁慶」の一言。国内で対戦している時にはいやらしいぐらいの勝負強さなのに、日本代表のチームとして応援しようとすると、別チームのように崩れてあっさり負けてしまう。

クラブW杯は活躍したけど、ホームだったからまだ信じられてないのです。

これだけ本気度を感じたら、さすがに今年は何とかなる? いや、何とかしてほしいです。日本て弱いと思われるのはいやなのです。チャンピオンなんだから! 頼むよ!

年間2位、川崎。

補強はとても積極的。特に家長選手の獲得はとても大きいと思います。ただ大久保選手とはタイプが違うだけに、そこの穴が埋まるのかどうか。小林選手に次ぐ得点源が出てくるかがポイントです。

そして監督が代わって、あの徹底したパスサッカーを維持できるのか、それとも変えてくるのかにも注目。

ACLもあるのでスタートが肝心ではないでしょうか。

年間1位、浦和。

3位からの逆転優勝で勝負強さを見せた鹿島と対照的に、浦和はやっぱりここ一番で勝ち切れない。徐々に近づいているのに、まだ届かない。他サポの立場から見ても、厳しい展開だなあと思います。

今季補強の目玉は新潟からラファエル・シルバ選手。他は若い選手中心。若手が突き上げ競争を生むことで、チームのそういう弱さが払拭できるか。

前から行く守備を強めている模様で、圧倒できるかどうか。そこに注目です。

さあ、迫ってきましたよ! あ、DAZNをまだつないでないや。急がないと。

|

« 2017J1展望 その2 | トップページ | COMICリュウ4月号 Dahlia »

サッカー」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/46606/64760961

この記事へのトラックバック一覧です: 2017J1展望 その3:

« 2017J1展望 その2 | トップページ | COMICリュウ4月号 Dahlia »