« ジャンプ11号感想 私からキミへ | トップページ | ノベルジャムでちょっと気になったこととガンズ活動 »

2017/02/19

宇宙軍士官学校‐前哨‐ 11

宇宙軍士官学校‐前哨‐ 11 (高見一幸・著)を読みました!

粛清者の太陽系への侵攻は、更なる段階、規模となっていく。そして同時に、他星系へも侵攻を開始。太陽系に送られてくるはずだった援軍は、そちらの対応に駆り出され、ずっと数を減らした状態となった。

さらに送られてくる粛清者の艦隊には、次々と新型が登場。太陽系防衛艦隊は大きく被害を受ける。防衛線を後退させた艦隊は、太陽系を守り切ることができるのか。

めっちゃピンチ!

もうその一言に尽きる第11巻。人類側は粛清者に対して後手後手に回り続けます。被害甚大、死傷者多数。

この作品の世界では、兵士たちはアバターで戦っています。仮の肉体で戦っているので、死んでもまた新しい体でよみがえる。

ただ数に限りがあるので、その後ろに本物の死が控えている。死んじゃうショッキングシーンがあっても、生き返るからああよかったで今回はすむけど、その分本物の死の緊張感すごそう。どうなるんでしょうか。

|

« ジャンプ11号感想 私からキミへ | トップページ | ノベルジャムでちょっと気になったこととガンズ活動 »

書籍・雑誌」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/46606/64908974

この記事へのトラックバック一覧です: 宇宙軍士官学校‐前哨‐ 11:

« ジャンプ11号感想 私からキミへ | トップページ | ノベルジャムでちょっと気になったこととガンズ活動 »