« ジャンプ9号感想 プイ | トップページ | TMvs清水 課題あり »

2017/02/05

宇宙軍士官学校‐前哨‐ 10

宇宙軍士官学校‐前哨‐ 10 (鷹見一幸・著)を読みました!

長引く太陽系防衛戦。粛清者は今までのパターンにない戦力の逐次投入を行ってくる。艦隊の構成も違い、狙いが今一つ読み切れず、それに戸惑いながらも対応する恵一たち太陽系防衛艦隊。

やがて粛清者の戦略が、太陽を狙った恒星反応弾の発射に重点を置き、それに対抗する戦力を削ろうとしているのだということに気づく。事態はいよいよ終局に向かう。果たして地球を守ることはできるのか。

ツンデレというにはツンすぎると思っていたエミリーが、猛烈にデレた!

こちらもかなりじっくりパターンだったようです。長いお話はこういう仕込みも楽しめます。

基本主人公は恵一ですが、あとがきで群像劇を意識していることが書かれています。地球全体を襲う危機を表すには、いい手法です。

ただ主人公格のキャラがみんな、尻に敷かれるタイプな気がしますw どうなるんだろうw

|

« ジャンプ9号感想 プイ | トップページ | TMvs清水 課題あり »

書籍・雑誌」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/46606/64824474

この記事へのトラックバック一覧です: 宇宙軍士官学校‐前哨‐ 10:

« ジャンプ9号感想 プイ | トップページ | TMvs清水 課題あり »