« 忙しさ満点 | トップページ | ジャンプ7号感想 鬼殺隊柱合裁判 »

2017/01/20

2017レイソル妄想

新体制発表会と同日に行われた、意見交換会の議事録を見ましたが。

ぶっちゃけ、不安が全然ぬぐえていません、かわせです。こんばんは。

しかし本日は恒例のレイソル妄想です。

妄想と言うからには、なんでもかんでもうまくいっちゃう素敵な未来を考えていいのです。

というわけで、並べてみました! ドン!

 クリス   ディエゴ  ロペス
(ドゥドゥ)  (大津)  (伊東)

    武富      中川
   (小林)     (栗澤)

         大谷
         (?)

  輪湖  中山 中谷   ?
(ソギョン)(橋口)(鎌田)

         中村
        (桐畑)

いつもは順番にコメントするのですが、今回は安心してるところから行きましょう。

まずはFW。

せっかくフィットしてきた田中君が、ネルシーニョ神戸に強奪されて泣き濡れていたのですが、ロペス選手の獲得で、実績的には穴が埋まりました。あとはウチのサッカーにフィットしてくれるかどうかです。

フィットしてくれて、前線がブラジリアン・トリオになった場合、昨年の二桁得点者が三人並ぶわけで、破壊力アップが望めます。

ちなみにどうでもいいことですが、ディエゴ・オリベイラで「ディエゴさん」と表記している場合、ハモン・ロペスなら「ハモンさん」。ただハモンさんというと別の女性キャラのイメージが強く、どうしようかなと思案中なのです。

さらにはカムバック三年目の大津君に、本当に大暴れしてほしいし、武者修行を経た大島君が活躍して、自前CF育成のサイクルが出来上がるのも望ましい。ということでFWは楽しみが多いです。

次に不安がないのはGK。

中村君にキリがいて、ここはばっちり。特に五輪代表を経験した中村君は、そのままフル代表を目指してほしいです。

ただ、今年は登録人数が少なく、三人体制? まあ、第三GKが試合に出ることはめったにないから、何とかなるかな?

インサイドハーフは補強があるんじゃないかと思ってた。

武富君に中川君、小林君、そしてドンと控えるベテラン栗澤さんと、働きが計算できる人がそろっているのですが。

ウチがボールを持って相手にドン引きされた時、ここの選手に得点力がほしいなと思って。

逆に言うと、この中から得点の型をつかんだ人が出てくれれば、万事解決なのです。がんばってほしいです。

さてそろそろ、みんなが不安に思ってるポジションですよ。アンカー。

大谷君がフル出場できれば問題ないけど、あのポジションでそれは難しい。その時の層の薄さ。

正直、去年はアンカー多すぎるよなと思っていたのです。一つのポジションに五人いた。

そしたら茨田君が大宮、秋野君が湘南へ。

出しすぎじゃよ!

特に秋野君は、デビュー当初の線の細さが払拭されてきて、かなり守れるようになっていた。大谷君の怪我があったとはいえ、あれだけ試合に出て、今年は大谷越えを目指すんだろうと思っていたのです。

来年帰ってきてくれるのを願うしかないですよ、もう。

しかし、前述のとおり、この記事は妄想なので。

このピンチをひっくり返してくれる活躍を夢見ています。

U-18の試合を見る機会はそんなにないのですが、その中での手塚君、安西君のイメージはけっこうよくて。

特に手塚君の、DFラインからボールを引き出してぱっと前を向く、スムーズなターンが印象に残っています。

さらには、このポジションに、栗澤さんがあるかもと思ってて。

こまめなポジション取り、回りを生かす気配り上手、そしてセカンドボールの予測の良さ。栗澤さんの特徴って、アンカー向きじゃないですか?

ベテランになって、新たなポジションに覚醒。そんなこともあるかもと思っています。

さて、もっと心配なのは、DFです。

増嶋さんが抜けたけど、CBは若手二人の成長が著しいので、何とかなるような気がしていて。

問題は右サイドが?になっています。

茨田君が残って湯澤君が修行ならまだしも、二人とも出すなんて。

新加入の小池君はアップダウンが魅力のようだけど、ウチはとにかく、ビルドアップに適応できるかどうかだし。

そもそも今井君が、代表合宿に呼ばれたこともあるフィジカルモンスターなんだけど、怪我が多くて、フィットしきれてない。

左SBが輪湖君に韓国代表歴のあるソギョンさんと、すんごいハイレベルの競争になっているのに対して、このバランスの悪さ。

二人がフィットしてくれるといいのだが。

という不安が渦巻いています。

そんな中、隠し玉があるな、という妄想をしていて。

まず一つは、伊東君の右SB再挑戦。ブラジリアン・トリオで前線形成した時に、伊東君使えないのはもったいない。

そしてもう一つ、究極に妄想なのは、レイソルのリアル太陽、古賀君が、文字通り暗雲を散らす太陽になるということで。

代表で右SBを試されてた。ずっと左サイドだったけど、利き足は右。アカデミー出身でビルドアップには問題ないから、プロのスピードと当たりに対抗できれば、先輩を差し置いての可能性も。

自分の小説の主人公に太陽とつけたので、同名の古賀君にすごい思い入れているというのが多分にありますがw

とにかく右SBは誰かにサプライズレベルで活躍してほしい。

あと10日もすると最初の練習試合があるので、そこにすごい注目しています。

はじまったなあ。どうなるかなあ。

|

« 忙しさ満点 | トップページ | ジャンプ7号感想 鬼殺隊柱合裁判 »

サッカー」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/46606/64783803

この記事へのトラックバック一覧です: 2017レイソル妄想:

« 忙しさ満点 | トップページ | ジャンプ7号感想 鬼殺隊柱合裁判 »