« ハリー・ポッターと秘密の部屋 | トップページ | ジャンプ2・3号感想 合併号つらい »

2016/12/15

宇宙軍士官学校‐前哨‐ 5

宇宙軍士官学校‐前哨‐ 5 (鷹見一幸・著)を読みました!

太陽系外縁に現れた粛清者の偵察機。 それは本格的な侵攻の前触れとして予想されていたもの。けれど予想を超えた想定以上の火力思ったが強行偵察機だった。

地球の主力艦艇では対抗できず、まだ訓練中の恵一達に発進命令が下る。予想以上に早く、そして強力だったの敵の侵攻に対して地球は対抗できるのか。

ストーリーが風雲急を告げています。そして舞台は太陽系外へ。このスケール感がSFの醍醐味ですよね。

何千万隻の宇宙船の隊列とか、恒星をぐるりと取り囲む構造物とか、想像するとほんとにわくわくします。

ただロボの扱いとその後の展開が、作者には先が分かっているためか、ちょっと軽い感じだったのが残念。

さて年末忙しくなりましたが、読み進めますよー。

|

« ハリー・ポッターと秘密の部屋 | トップページ | ジャンプ2・3号感想 合併号つらい »

書籍・雑誌」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/46606/64611477

この記事へのトラックバック一覧です: 宇宙軍士官学校‐前哨‐ 5:

« ハリー・ポッターと秘密の部屋 | トップページ | ジャンプ2・3号感想 合併号つらい »