« クリスマス何それおいしいの的なガンズ進捗状況 | トップページ | 人類滅亡まであと120時間 »

2016/12/26

宇宙軍士官学校‐前哨‐ 6

宇宙軍士官学校‐前哨‐ 6 (鷹見一幸・著)を読みました!

教導者アイロスのさらに上位の種族ケイローンの、首都惑星シュリシュクに到着した恵一達。そこで待っていたのは、地球人類が支援に値するかを判断する魂の試練。粛清者の攻勢に対し戦力が不足している銀河文明評議会では、このテストにより支援の優先順位を決めていた。

自分達が支援に値する可能性を持つ種族であるとケイローンに示さなければ、人類は滅亡する。恵一達の戦いに人類の未来がかかる……。

タイトルは宇宙軍士官学校だけれども、もう全然士官学校の話じゃなくなってきました。地球人は遅れているけれどもその潜在能力はすごい、という一種のチートもの。スペースオペラでよくあるパターンです。

ただ最近、現実の世界情勢はグダグダだから、地球人こんなに立派かなあとつい思ってしまいます。途中で先例として出てきたオクタル。類似例を思いついてしまうのは気のせいか(^^;;)

ただ主人公が勝ち残っていくのは、やはり無条件でわくわくするので、次が楽しみです。

|

« クリスマス何それおいしいの的なガンズ進捗状況 | トップページ | 人類滅亡まであと120時間 »

書籍・雑誌」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/46606/64667463

この記事へのトラックバック一覧です: 宇宙軍士官学校‐前哨‐ 6:

« クリスマス何それおいしいの的なガンズ進捗状況 | トップページ | 人類滅亡まであと120時間 »