« ジャンプ51号感想 ワールドトリガー休載 | トップページ | 「私はげんきです」なガンズ2号進捗状況 »

2016/11/27

COMICリュウ1月号 紙一重

え? 1月号? なんだこれ、1が一本足りないよ、やだなあ誤植だよ。え? 誤植じゃない? うそ? もう新年号? ……という小芝居をしたくなるCOMICリュウ1月号感想です。会話の形でつなぎますので、よろしければどうぞー。

『アリスと蔵六』。アニメ化おめでとうございます。勢い出てますよね、COMICリュウ。世界が変わってしまって、さあどうなる。

『ライアーバード』。やばい人がまた出てきた。どうするんだろう。そして主人公側でも波乱の予感。喜ぶコトのすぐ隣、ヨタカの顔の影の入れ方w

『あせびと空世界の冒険者』。ダリアの狂気がいい感じ。ダリアを、描いているそばで見ていると、キャラクターって勝手に生まれて勝手に生きてるんだなと感じます。作者の計算を超え、本当にその世界で生きている。

『クミカのミカク』。ハイテンションで密度高くて面白かった!腐女子のエイリアさんの心のときめきが、尻尾に表れているのが可愛かった。

『モンスター娘のいる日常』。さすがの安定感で面白い。3時間待ちの行列は、あの後どうなったのだろうかw

『ヒトミ先生の保健室』。最後のセリフとか、その前のページとか、隅々までアイディアが行き届いていて素晴らしい。

『まめコーデ』。誰が残したのかは、この後ポイントになっていくのだろうか。

『雨降りさと子』。読み切り。不器用な子が友達のためにじたばたしている様子が、しっとりと読者の心を潤していくような読み味で、とても良かった。

というCOMICリュウ1月号の感想でしたー。一年たつの、早すぎるよな……。16/11/20

『アリスと蔵六』のアニメ化が発表されたわけですけれど。

片や驚いたのは、最後の目次ページのコメント見た時。

「次回最終回です」が四つもあった。今号で『シュガーウォール』が最終回だったから、二ヶ月で5本終わることに。

生き残るかどうかって、紙一重なところがあるよなあと、人生の厳しさに思いをはせたのでした。

仕事重なってぼろぼろ。画面眺めてても言葉が出てこないので、本日はここまで。

|

« ジャンプ51号感想 ワールドトリガー休載 | トップページ | 「私はげんきです」なガンズ2号進捗状況 »

漫画」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/46606/64517395

この記事へのトラックバック一覧です: COMICリュウ1月号 紙一重:

« ジャンプ51号感想 ワールドトリガー休載 | トップページ | 「私はげんきです」なガンズ2号進捗状況 »