« 日本vsナイジェリア 踏ん張れなかった | トップページ | vsM またもやセットプレー »

2016/08/06

大島君富山へとマリノス戦展望

まず、お知らせから。

大島君がJ3の富山にレンタル武者修行です。

練習試合では好調だった大島君。しかし現在、前線は、大津、田中という実績十分の実力者ですらあぶれている状態で、なかなか出番がありません。

去年はU-22選抜があったけど今年はないので、武者修行に出るのはあり。とにかく実戦経験つんで、大きく成長してほしい。がんばって!

さて、お次は偵察。五輪が始まったら、Jリーグタイムもなくなって、世間の注目という点ではすっかり日陰になってしまいますが、重要ですよ、八月攻勢!

2016J1 2ndステージ第6節、マリノスvs名古屋は0-0。

あまりにふがいない戦いが続くので、とうとうサポーターのスタジアム居残り騒動が起きてしまった名古屋。ちょこちょこ見ていますが、確かに戦略のはっきりしない、先の見えない戦いが続いていました。

ということでこの試合は、もう残留争いしていることを踏まえて、守備的なサッカーに舵を切りました。守備時5バックの3-4-2-1。

ただ、半年たってもシモビッチ選手の生かし方が確立していない、守備のはめどころがはっきりしない、という問題点はそのままです。人数でスペースを埋めて、失点は減らせそうですが、なんだかんだで最後は下がり切ってしまったし、攻撃へ出る距離は長くなるし、けっこうつらそう。

しかし、マリノスの方は、そこを突き切れませんでした。中村俊輔選手が怪我で欠場。斉藤、マルティノスの両翼の、スピードあふれる攻撃は見応えありましたが、遅攻の時にブロックを崩すあと一手が出ません。結局スコアレスドローとなりました。

これを踏まえて、試合を展望すると。

守備では。

中村俊輔選手は、今節も怪我で欠場の模様。とすると、速攻の比重が高まると思われます。

マルティノス選手がフィットして、斉藤選手とともに、左右両翼からの突破は迫力十分です。ここはしっかり抑えたい。

中谷君がバックアップメンバーとしてリオに行っているので、CBにベテランが入るという予想なのですが、思い切って右SBにも入れてふたをする手もあると思うんですけど、さあ、どう来るか。

攻撃では。

マリノスといえばバックラインの安定感。堅守は健在です。それどころか、ボランチの喜田選手が運動量豊富にボールを狩りまくってて、さらに凄みを増している感じです。

ということで、間で受けてギャップを作り、相手を釣り出して、すばやい連携で崩したいところ。となると、活躍してほしいのは武富君です。がんばってー!

さらにこの猛暑では、交代選手の質が重要。途中出場選手にドガンと決めてほしい!

もう一度言いますが、8月攻勢大切!!

勝ちましょう!!

|

« 日本vsナイジェリア 踏ん張れなかった | トップページ | vsM またもやセットプレー »

サッカー」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/46606/63989251

この記事へのトラックバック一覧です: 大島君富山へとマリノス戦展望:

« 日本vsナイジェリア 踏ん張れなかった | トップページ | vsM またもやセットプレー »