« ジャンプ29号感想 綾辻理央① | トップページ | 1stステージ最終戦vs湘南展望 »

2016/06/24

欧州選手権 その2 完璧なドラマ展開

スペインvsトルコは3-0。

ポゼッションサッカーの雄と言えばバルセロナ。ウチのポゼッションも、そこからスタートしていると思うのですが。

メッシもネイマールもいないスペイン代表の方が、むしろ参考になるのではないかと思いながら見てました。どうやってシュートに持ち込んでいるのか。そしたらスペインが点を取る展開に。

結局、押し込んでスペースがなくても、ラインの裏を取ることが大切なんですよね。1、2点目は浮かせて、3点目はグラウンダーで、ラインの裏へ。そういうシーンを、ウチもたくさん作りたい。

ポルトガルvsオーストリアは0-0。

クリスティアーノ・ロナウド選手がついてなかった日。枠内シュートはGKに弾き出され、PKはポストに当て、ようやくFKからのヘディングシュートを決めたと思ったらオフサイド。

テレビで「Not his day」と言っていたけど、ほんとにそんな感じでした。

ポルトガルvsハンガリーは3-3。

そして、そんな試合をしていたら、ポルトガルはグループリーグ敗退の危機に。この試合負けたら終わりでした。

なのにいきなり先制点はハンガリー。セットプレーのこぼれ球をすばらしいミドルシュート。そこから試合はすごい白熱します。追いつくポルトガル、突き放すハンガリー。それが二度も。しかもハンガリーの得点は、壁に当たったFKとか、DFに当たったシュートとか、不運に心折れそうになるやつ。

それに追いつき続けたのは、エース、クリスティアーノ・ロナウド選手の活躍の結果です。最初は見事なスルーパスでアシスト。次はヒールキックで体の裏を通して。最後はヘディングと、2ゴール1アシスト。

前の試合が散々で、この進退窮まった試合で大活躍。お話の展開としては完璧だと思ったのでした。

これでグループリーグ未勝利のチームが優勝しちゃったりすると、完璧なドラマなのですが、さあ、そこまで行くのか。決勝トーナメントに注目です。

|

« ジャンプ29号感想 綾辻理央① | トップページ | 1stステージ最終戦vs湘南展望 »

サッカー」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/46606/63809557

この記事へのトラックバック一覧です: 欧州選手権 その2 完璧なドラマ展開:

« ジャンプ29号感想 綾辻理央① | トップページ | 1stステージ最終戦vs湘南展望 »