« 日本vsボスニア・ヘルツェゴビナ 決め切れない | トップページ | ジャンプ27号感想 転がすこと »

2016/06/09

肥満率過去最悪

米国人の肥満率、30%超えで過去最悪 CDC年次調査

米国の肥満人口が増え続けている。米疾病対策センター(CDC)がこのほどまとめた2015年の調査で、20歳以上の米国人の肥満率は過去最高の30.4%に増え、前年の29.9%からさらに悪化した。一方、医療保険の加入者は増え、喫煙者は減っている。

CDCは1957年以来、毎年18歳以上の米国人から健康状態についての聴き取り調査を実施している。2015年は10万人以上を対象とした。

現行方式で統計を取り始めた1997年の肥満率は19.4%にとどまっていたが、その後は毎年増加傾向が続いている。

一方、2012年にCDCが実施した別の調査では、9000人あまりの身長と体重の測定結果から体格指数(BMI)を算定した結果、20歳以上の34.9%が肥満と判定されていた。

肥満率はアフリカ系(黒人)の層が最も高く、次いでヒスパニック系、白人の順だった。特に黒人女性の肥満率は45%に達し、ヒスパニック系女性の32.6%、白人女性の27.2%を大幅に上回る。男性の場合は黒人35.1%、ヒスパニック系32%、白人30.2%だった。

年齢別にみると、40~59歳の肥満率が34.6%と最も高く、20~39歳の層は26.5%、60歳以上では30.1%だった。

糖尿病と診断される人も増え続け、2015年調査では18歳以上の9.5%を占めた。糖尿病は1997年の調査では5.1%のみだったが、2014年には9.1%となっていた。

医療保険を持たない人は2014年の11.5%から15年は9.1%へとさらに減少。18歳以上の喫煙者は1997年の調査では24.7%を占めていたが、2015年は15.1%にまで減った。

CNN.co.jp 16/5/26

アメリカの肥満は豊かだから、という単純な話ではなく。

黒人とヒスパニックの肥満率の方が高いように、貧乏人が腹いっぱい食べようとすると、高い野菜とかが減り、ジャンクフードになって太ってしまうというのがあるそうです。

ジャンクフードでおなかいっぱいには、身に覚えがたくさんあるので、気をつけないと。

肥満

|

« 日本vsボスニア・ヘルツェゴビナ 決め切れない | トップページ | ジャンプ27号感想 転がすこと »

にゅーすdeまんが2016」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/46606/63696636

この記事へのトラックバック一覧です: 肥満率過去最悪:

« 日本vsボスニア・ヘルツェゴビナ 決め切れない | トップページ | ジャンプ27号感想 転がすこと »