« 次の主人公 | トップページ | ナビスコ杯vs川崎 連勝続く!!!! »

2016/04/20

偵察川崎vs鳥栖・FC東京と川崎戦展望

上り調子でナビスコ杯。この勢いで突っ走りたい。ということでまずは偵察。

2016J1 1stステージ第6節、川崎vs鳥栖は1-0。

前半は鳥栖のペース。守備がはまり、川崎自慢の攻撃力を封じます。

それに対して川崎・風間監督は前半から動きます。前半41分で大島選手と田坂選手を交代。これが功を奏して、後半になると川崎ペース。特に前からのプレスがはまり、高い位置で押し込んで、きわどいクロスやシュートを放ちます。

それに対して鳥栖も得意のカウンターで応戦。川崎優勢だけど、どっちに転ぶのかという展開。

そんな試合を最後の最後、ラストプレーで決めてみせたのは川崎・大久保選手でした。その前から何度も惜しいプレーを見せていて、最後に決めてみせるのは、さすがだなあと思いました。

第7節、FC東京vs川崎は2-4。

点の取り合いになった多摩川クラシコ。先制点は東京。開始4分、前から守備して、エドゥアルドさんの胸トラップを引っ掛け、ネイサン・バーンズ選手がカウンター。

11分に同点弾。中村憲剛→大久保のホットライン。今季川崎は速い攻撃が増えているそうで、象徴的な得点です。

後半に入って次の点はFC東京・前田選手。FKから。キッカー小川選手は本当にいいボールを蹴ります。駒野、室屋と負傷が続いての抜擢でしたが、このままポジション取れるかも。

同点弾はPK。大久保選手がペナルティエリア内でボールキープして獲得、自ら決めます。その前にも惜しいシーン連発だったので、必然の得点。

そして直後に小林選手が逆転弾。小林選手はGKまで外した絶好機で点取れてなかったりしていたので、大久保選手以上に必然の得点でした。

とどめは外に持ち出して時間稼ぎかとみせて、中に切れ込んだ中村憲剛選手からエウシーニョ選手。したたか。経験豊富なベテランの妙味です。

FC東京も惜しいシーンがいっぱいあって、攻め合いとなった熱戦でした。

ということで川崎戦の展望は。

ここまで偵察しておいて、例のごとくナビスコ杯だから先発違うと思うのですが。やり方は変わらないだろうから、どちらがボールを握れるかの勝負。

守備では。

大久保、小林、中村選手あたりは出ないかもしれませんが、サブ組にも高い技術を持った選手がそろっています。田坂選手、そして狩野君あたりが要注意か。

技術を恐れて腰が引けると好きに回されてしまうので、厳しく寄せたい。

体を張った守備は引き続きお願いします。

攻撃では。

形はよくなってきているので、あと気になるのはフィニッシャーの部分でしょうか。

ということで、エデルソンさんに活躍してほしいのです。

そして田中君にもバリバリ働いてほしいので、大アピールをお願いします!

このまま連勝お願いします!!

勝ちましょう!!

|

« 次の主人公 | トップページ | ナビスコ杯vs川崎 連勝続く!!!! »

サッカー」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/46606/63506117

この記事へのトラックバック一覧です: 偵察川崎vs鳥栖・FC東京と川崎戦展望:

« 次の主人公 | トップページ | ナビスコ杯vs川崎 連勝続く!!!! »