« ジャンプ18号感想 開幕 | トップページ | vsFC東京 今季Jリーグ初勝利!!!! »

2016/04/10

偵察FC東京vs名古屋・江蘇蘇寧とFC東京戦展望

ナビスコ杯で今季初勝利を飾り、さあJリーグでも勝ちたい! ということで、まずは偵察。

2016J1 1stステージ第5節、FC東京vs名古屋は3-2。

FC東京の方が優勢かなという出だし。でも先制点は名古屋。CKのこぼれを野田選手がシュート。枠を外れてたんだけど味方に当たり、ちょうどいいコースへ。やっぱりシュートは打っとくもんですよねえ。

FC東京の同点弾はPK。CKのポジション取りの競り合いの中、森重選手が押し倒されて獲得。そしてそれをそのまま自分で蹴って同点。

逆転弾は平山選手。交代策が大当たりです。ゴール前、落ち着いてドリブルでコースを作って流し込みました。

しかし、名古屋も食らいついて同点に。右サイドからのクロスを永井選手。見ている僕も、クロスが上がった一瞬ファーにいたシモビッチ選手に視線が飛んで、その前に飛び込んだ永井選手は意識の外からでした。でかい人が一人いるだけで、やっぱり違います。

決勝点は森重選手がCKから。それまで名古屋は攻撃の連携が今ひとつだなあと思って見ていたんですが、同点後にはFC東京の守備がはまらなくなって、名古屋が押し込んでいました。そこでの一発は、値千金でした。

ところが試合はそこで終わらず、めまぐるしく動きます。森重選手が遅れて飛び込んだタックルで一発退場。10人になったFC東京は必死で逃げ切りを図り、何とか試合終了のホイッスルを迎えたのでした。

さて、FC東京はミッドウィークにはロングアウェイでした。

2016ACLグループE第4節、江蘇蘇寧vsFC東京は1-2。

先制点はFC東京。CKのこぼれを森重選手が叩き込みます。ヘディングで競るポジションからすぐに位置を取り直して、こぼれに備えてたのがえらい。

しかしその後にすぐ疑惑のPK。ペナルティーエリア内でパスを出した橋本選手の足に、ラミレス選手が引っかかって転んだのですが、守備が遅れて引っかかったんだからむしろ逆。

決勝点は米本選手がCKを蹴って、トリックプレー。グラウンダーのパスを森重選手が決めました。森重選手は2試合連続2得点の大活躍。

しかしその後黄紙ももらって、Jリーグに引き続き、ACLも次節出場停止となりました。Jリーグは対戦相手がウチだからラッキーだけど、ACLはがんばってほしいので、痛い欠場です。

ということで、FC東京戦の展望です。

少しずつ試合運びも改善されている様子なので、それをしっかり継続したいところ。

守備では。

とにかくあっさり先制点を奪われる展開を止めたい。しっかり集中して。

前線に運動量多く、仕掛けられる選手がそろっています。しっかり捕まえて。

新鋭19歳左SB小川選手が、結構いいキックを持っています。セットプレー注意。

攻撃では。

エルゴラの予想だと、攻撃陣が純日本人先発予想で、1トップに大津君。だったら田中君の方がいいような気がするけれど、実際どうなるのか。

ポゼッション同士の対決なので、逆に引っ掛けてカウンターになった時にどちらが決め切るか。高い位置で取れたら、そのまま攻め切りたい。

マリノス戦で中川君が決めたように、押し込んだらミドルシュートがほしい。そろそろTJ砲の出番だと思うのです。

連勝したい!!

勝ちましょう!!

|

« ジャンプ18号感想 開幕 | トップページ | vsFC東京 今季Jリーグ初勝利!!!! »

サッカー」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/46606/63460628

この記事へのトラックバック一覧です: 偵察FC東京vs名古屋・江蘇蘇寧とFC東京戦展望:

« ジャンプ18号感想 開幕 | トップページ | vsFC東京 今季Jリーグ初勝利!!!! »