« ジャンプ15号感想 去りゆく時間 | トップページ | vs新潟 落とした勝ち点 »

2016/03/19

偵察新潟vsMと新潟戦展望

さあ、下平レイソル初戦ですよ! とにかく勝ちたい! 勝って、ここから流れを変えたい!

ということでまずは偵察。

2016J1第3節、新潟vsマリノスは1-2。

先制点はマリノス。富樫選手がいいターンでCBを振り切って、思い切りのよいシュート。マリノスは1トップがまだはまっていないだけに、若手にチャンス。そこでの見事なアピールです。

後半早々、CKからラファエル・シルバ選手が同点ヘディング弾。ちょっと下がりながら、うまくコースにコントロール。ブラジル人選手は、ああいうヘディングうまい印象があります。日本人も見習いたいところです。ラファエル・シルバ選手はこれで今季4得点目と、絶好調。

しかし、そのラファエル・シルバ選手が、シミュレーションで二枚目の黄紙をもらい退場、ゲームの様相が一変。これには伏線があり、前半からなぜかエキサイト気味で、一枚もらっていたのです。新潟には痛恨。

10人になってもがんばっていた新潟ですが、終了間際にCKからの混戦を押し込まれて万事休す。退場がほんとに痛かったですね。

さて、これを踏まえて展望は。

守備では。

吉田監督を招いてサッカーを変えようとしている新潟。その途中なので、ビルドアップに、まだつたない所があります。神戸に6点取られてるから何が起きたんだろうと思っていたんですが、さすがネルシーニョ監督はそこを見逃さず、プレスをかけて引っ掛けた模様。ウチもそこは狙い目。

同様の理由で、ボランチも潰し所。小林、レオ・シルバのダブルボランチは、ボールを持てますが、前の選手のボールの引き出し方がまだ練れていないので、ちょっと詰まる雰囲気があります。

前線をきちんと捕まえて、手詰まりになったところにプレスをかけて奪えるか、注目です。

攻撃では。

まず並びをどうするのか。エルゴラと柏フットボールジャーナルを読んでいて、どちらも4-2-3-1でワントップはエデルソンさんの予想。僕も中央で使ってほしかったので、ぜひここで得点力を爆発させてください!

シモさんは、メンデス監督の標榜した縦へのアグレッシブさは残す模様。それは賛成。攻めっ気がないと、応援しがいがないのです。まずガッと攻め、行き切れず戻ってきた時じっくり攻める、そんな二段構えになったらすばらしい。

アグレッシブという点では、前節待望のTJ砲炸裂。向こうが引いてきた時には、ぜひともミドルどっかんがほしいわけで、田中君の連発に期待です!

とにかく、ほんとに、ほんとに勝利がほしい!!

勝ちましょう!!

|

« ジャンプ15号感想 去りゆく時間 | トップページ | vs新潟 落とした勝ち点 »

サッカー」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/46606/63363344

この記事へのトラックバック一覧です: 偵察新潟vsMと新潟戦展望:

« ジャンプ15号感想 去りゆく時間 | トップページ | vs新潟 落とした勝ち点 »