« 偵察大宮vsFC東京と大宮戦展望 | トップページ | vs大宮 かかりそう »

2016/03/05

なでしこvs中国 短期決戦の怖さ

リオ五輪アジア最終予選vs中国は1-2。

試合開始からちょっと見て、中国のプレスはきついけどそこからのプレーはあまり精度がなかったので、うまくはがせば3-0ぐらいで行けるんじゃないかと思ったのですが。

短期決戦は怖いです。全然いい流れに持っていけない。

1失点目はバックパスがそれてかっさらわれ、カバーでも一瞬譲り合い。

2失点目は、最初の試合から気になっていた寄せの甘さ。シュートシーンもその前のサイドチェンジも、プレッシャーがかかっていない。

横山選手のカットインから1点返して、行けるかもと思ったのですが。

焦りがあるのか、どんどん縦に放り込む雑なサッカーになってしまい、技術の優位を放棄。時間が経つほど得点の匂いがしなくなっていきました。

男子が初戦勝利でうまく波に乗って優勝までいったのとは、待ったく真逆の展開になっています。試合後、大儀見選手が呆然と立ち尽くし、宮間選手が声をかけに行ったシーンが、この敗戦の大きさを物語っていました。

ただ、これですべて終わったわけではありません。可能性は残っています。日本とオーストラリア連勝、中国連敗、最終節でベトナムが韓国に勝つと、勝ち点7で中国と並び得失点の勝負です。

まず、次のベトナム戦で勝つこと。ここで踏ん張って自分たちのサッカーを取り戻せるか。

がんばってほしいです!

|

« 偵察大宮vsFC東京と大宮戦展望 | トップページ | vs大宮 かかりそう »

サッカー」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/46606/63299807

この記事へのトラックバック一覧です: なでしこvs中国 短期決戦の怖さ:

« 偵察大宮vsFC東京と大宮戦展望 | トップページ | vs大宮 かかりそう »