« 別冊群雛2月号 クェイル賞受賞です! | トップページ | 扉絵と進捗状況 »

2016/02/11

ピーター・パンとウェンディ

ピーター・パンとウェンディ (ジェームズ・M・バリー著 大久保寛・訳)を読みました!

ファンタジーの歴史をたどる旅をしているわけですが、前に記事にした「不思議の国のアリス」と「オズの魔法使い」とは、この本は少し毛色が違います。ちょっと陰があるのです。

ピーター・パンは最初戯曲として書かれ舞台で演じられ、その後小説の形でまとめられました。

あとがきには、英国の劇作家でノーベル文学賞受賞者のバーナード・ショーが、「うわべは子ども向けの娯楽作品に見えるが、実際は大人向けの芝居である」と評したことが書かれています。

つまり、子供に見せるだけのつもりで書かれていません。「不思議の国のアリス」と同様に、お話自体は知り合いの子供に話してあげた物がベースになっているようなのですが、根底にそういう視線の違いを感じます。

例えば人物描写がすごくシニカルです。ピーターの描写なんて、子供らしい無邪気さを書いたというより、子供の欠点をあげつらうような書き方です。

そしてラストの章は、ウェンディが大人になってしまって、もうピーターと一緒に空は飛べないという話なのですが、これは舞台では一度演じられただけ。なのに小説にはしっかり入っていて、ここに言いたい事が詰まってるんだろうなあと。

どうも、このお話は「大人にならない少年の楽しい冒険」ではなく、「大人になれない少年の悲哀」とか「幸せな子供時代のはかなさ」であるようです。どんどん取り残されちゃって、そしてその取り残された悲しみさえすぐに忘れてしまうピーターがかわいそう。

子供がそこまで深い所まで読めるかといえば、なかなか難しいのですが。

そういうちょっとした苦味が、全体の味わいを深くして、「なんか面白い」と思わせる効果はあるんじゃないでしょうか。

一口に児童文学といっても、いろんな形があるなと思いました。

|

« 別冊群雛2月号 クェイル賞受賞です! | トップページ | 扉絵と進捗状況 »

書籍・雑誌」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/46606/63173688

この記事へのトラックバック一覧です: ピーター・パンとウェンディ:

« 別冊群雛2月号 クェイル賞受賞です! | トップページ | 扉絵と進捗状況 »