« TMvs流通経済大 来るか開幕スタメン! | トップページ | 2016J1展望 その1 »

2016/02/23

COMICリュウ4月号 半端な才能は呪いそのものだから

お手伝いしている友人漫画家梅木君の「あせびと空世界の冒険者」第25話が載っているCOMICリュウ4月号が発売されています。

ピンチに次ぐピンチの連続。冒険物の醍醐味です。ユリの負傷に、彼女を助けるための決死行。さらに危機におちいる船とユウ。そしてリコリスの言動と、先々気になる展開なのです。

手伝っているけれど、基本在宅アシなので、話は知っていても原稿を全部見ることはありません。雑誌を見て初めて見るわけですが、見てなかったところでは、「これがユウの選んだ戦い方…」のあせびさんが、艶っぽくて好き。

さて、今月のCOMICリュウですが。

ジャンプの感想をツイッターに流しているから、リュウも同じパターンでやってみることにしましたよ。

COMICリュウの感想も流します。会話の形でつなげるので、よろしければどうぞ。

「ライアーバード」。最近気になる。生きるのに不器用そうな二人はどうなるのか。おっちゃんが曲者なのもまた気になる感じ。

「推しが武道館いってくれたら死ぬ」。この漫画の突き抜け方すごい。ちなみに、車にひかれる所の、すっごいてきとーな絵がいい味出してて、今回のお気に入り。

「セントールの悩み」。「なまじ半端な才能は呪いそのものだから」。刺さりすぎて即死。

「クミカのミカク」。触手ぶんぶんしてるの、犬が尻尾振ってるみたいでかわいい。

「あせびと空世界の冒険者」。「イヤだと…言ったら?」の掛け合いが好き。

「中村さん」。あおりが「読めば読むほど味が出るスルメみたいな物語」。ほんとにそうだ。とても個性的でいい。

「hなhとA子の呪い」。この漫画のキャラクターの追い込み方は、本当にすごい。これだけやって、さらにもう一段追い込むとは思わなかった。

「登龍門6」。編集者一押しで掲載される恒例の企画。今回は拮抗してるんじゃなかろうか。

というCOMICリュウ4月号の感想でした。さて今日はビッグイベントで出かけます。したくせにゃ。16/2/20

この日のビッグイベントは、同盟のセミナー。授賞式があったのです。

セミナーの内容は、今回はオフレコでという突っ込んだ話だったのですが、出版の話でリュウにも当てはまることも出てきて(リュウはちゃんとやってるなあという方向で)、とても面白い回でした。

ちなみにこの号で一番のセリフは、セントールの悩みのヤツです。刺さりすぎです。もう一度ここに書くだけでも死ぬ(((+_+)))

|

« TMvs流通経済大 来るか開幕スタメン! | トップページ | 2016J1展望 その1 »

漫画」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/46606/63236332

この記事へのトラックバック一覧です: COMICリュウ4月号 半端な才能は呪いそのものだから:

« TMvs流通経済大 来るか開幕スタメン! | トップページ | 2016J1展望 その1 »