« スイーツ先生! #12 熱戦!! ホットケーキ対決 | トップページ | 柏レイソル365 »

2016/02/19

ジャンプ11号感想 戻らない時間

ジャンプ11号感想。今回はつなぎ回が多い印象。

巻頭カラー新連載「鬼滅の刃」。真っ向から生真面目に描いていて好印象。ちょっとお話寄りでスタートしているので、ここからどう転がしていくのか注目。

「暗殺教室」。一つ一つ消化していって、だんだん終わりが近づいてくる。切ない。

「火ノ丸相撲」。近所のスーパーを思い出して、どうやって100円で三人前の食事を用意するか考えてみる。……無理?

「僕のヒーローアカデミア」。同時多発的に各所で事件。クラスメイトをきちんと描いてきたことが生きてくる。特に最後のは、いったいどうするの? という展開。

「ニセコイ」。一人ずつ、整理されてく展開で、つぐみはどうなるのかな。

「背すじをピン!と」次の大会に向けて盛り上がる中、そっと張られる伏線。悲しい別れなのかそれとも。

「食戟のソーマ」。薊政権と対決、なんだけど、もう一つ仕掛けが来るような気がする。

次の山への仕込みを見ながら、先々の想像をしているのも楽しい、というジャンプ感想でした。16/2/15

長いストーリー展開では、大きな山を作るために、事前にいろいろ仕込んでおくわけですが。

そういうのを見ながら、どうなるのか想像するのが楽しい。

というより、お話の先を考えるのが職業病になってしまっています。

その中で、「暗殺教室」と「ニセコイ」は、ラストを見据えた展開で、たたんでいっているところ。

「暗殺教室」の今号のラストの絵は、とてもよかった。

つぐみは自分の恋心に気づいたとたん失恋という流れなのだろうか。切ない。

|

« スイーツ先生! #12 熱戦!! ホットケーキ対決 | トップページ | 柏レイソル365 »

漫画」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/46606/63213070

この記事へのトラックバック一覧です: ジャンプ11号感想 戻らない時間:

« スイーツ先生! #12 熱戦!! ホットケーキ対決 | トップページ | 柏レイソル365 »