« 吉田監督は新潟へ | トップページ | CS決勝 広島vsG大阪 順当の優勝 »

2015/12/05

ジャンプ53号感想 ガンバル

大忙し期間で、まだばたばたしている月曜日のジャンプ感想。
「ニセコイ」四周年記念巻頭カラー。新エピソード突入。ハーレム型のラブコメは、男の都合のいい妄想なんだけど、そのぎりぎりの所で悩んでいて、どこに落とし所を持ってくるのか気になる。

「僕のヒーローアカデミア」。直接対峙。根深くこじらせていそうなことが見て取れる。どうなるのかな。

「食戟のソーマ」。小林先輩のリアクションが抑え気味なのは、逆転の布石だと思うんだけど、八百長審査員をどう巻き込むのかな。

「背すじをピン!と」。勝負前後の人間模様を丁寧に追っている所が好き。午後の部で成長を見せられるか。

分刻みであわてているので、ここまで。急に忙しくなったー。15/11/30

月曜はほんとにばたばたしていました。大忙し期間が終わり、今週末は余裕あるのです。だらけて生きたい。

さて今週は「ニセコイ」を。

前回のエピソードで万里花が退場。けなげ過ぎて「もう万里花でいいじゃないか」と思ったりしましたが。

僕は普段あまりハーレム物のラブコメを読みません。男の願望が詰まっているわけですが、感情移入して読み始めると、作者に都合よく使われる女の子がかわいそうに感じてきてしまうのです。かといって願望も否定できないというジレンマが発生。

「ニセコイ」はその部分を僕の好みのぎりぎりの所で攻めている感じ。ものすごい強引で、漫画だからといういいわけも最大限に使い、でも楽がいい人で、だからみんなほれるというラインを守っています。

そしてその状態で明らかに、お話を収束させる方向で進んでいる。この先どうなるのか、とても興味しんしんなのです。

|

« 吉田監督は新潟へ | トップページ | CS決勝 広島vsG大阪 順当の優勝 »

漫画」カテゴリの記事

コメント

ハーレム…その対極はちょっと前に流行っていた純愛でしょうか…。
一人の人をずっと思い続けるという…。でもこれも次第につらいとしか思えなくなるんですけどね……。奈緒子先生は一応片思いだけど森山先生に純愛していますよね…。でも、森山先生の気持ちは…!?続きはこの先のラブラブ奈緒子先生になりますよね…(/\)
話はちょっと変わりますが最近の少女マンガの相手キャラは俺様男が多い感じがしますが、ケッタ~の俺様キャラはタケちゃんというよりケッタ君のような気が…でもケッタ君は天真爛漫なサッカーバカで打ち消されているような…タケちゃんもああ見えてフェミニストかも…(妹がいて女は泣かすと男より厄介な事を知ってるから…でも女兄弟がいても平気で女を泣かす男なんて世の中にごまんといますけど…って何だか変な感じになってすいませんm(__)m)

投稿: みゅー | 2015/12/10 00:09

少女漫画の俺様キャラは、女性には強引さに憧れがあるということなのでしょうか。実際だと大変そうですけれど。
僕はハーレム物を読むのもあれですが、書くのも苦手っぽいんですよね。

投稿: かわせ | 2015/12/11 16:02

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/46606/62782499

この記事へのトラックバック一覧です: ジャンプ53号感想 ガンバル:

« 吉田監督は新潟へ | トップページ | CS決勝 広島vsG大阪 順当の優勝 »