« 2015年11月 | トップページ | 2016年1月 »

2015年12月

2015/12/31

2015年のかわせひろし

今年は表立った結果は何も出ていないのですが、自分の中では、収穫のあった年でした。

商業出版向けでは、去年からずっといじっていた作品が通らず、個人出版では、それに時間を取られ、かつ他の仕事に気持ちも引っ張られで、「君の守護者」もろくに更新できず。

でも年末に向けて、だんだんと視界がクリアになってきた感覚があるのです。

十年ほど前に「ケッタ・ゴール!」が打ち切りになった時、このスタイルで話を作るなら、小説の方がいいのかなと書き始めて。

視野が広がった分、以前のように、「この道一本!」という集中力はなくなって。

例えば、梅木君ややんむらさんが、コミティアでコツコツ漫画を描き続け、それを仕事につなげたのに対して。

僕は「Spring8」をカタログで紹介してもらえたりしたのに、その路線を極めることなく、色んなことをつまみ食いして、何にも起きていないのですが。

ただ、そうしてふらふら寄り道した結果、ようやく全体像が見えた気がします。そして、何に力を注げばいいかも。

来年はそれを実行に移す年です。がんばろう。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2015/12/30

今季終戦と工藤君の移籍

第95回天皇杯準決勝、vs浦和は0-1。

終わってしまった……。

決勝行きたかったなあ。そしてG大阪を倒して、あの時と同じシチュエーションで今度は笑って送り出したかった。

残念。

そんな悲しみにくれる僕に、追い討ちをかけるように、工藤君のMLSバンクーバーへの移籍が発表。

もしそうだったとしても公式コメントには出ないだろうけど、やっぱり恩師退任の影響はあるのかな。どうしても考えてしまう。

こころよく送り出してあげたいけど悲しい、複雑な気持ち。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2015/12/29

天皇杯vs浦和展望

のんびりサッカー見るひまもないと嘆いていたわけですが、でも浦和の偵察は、ご飯時にちょっとずつ進めてました。

浦和vs神戸は、ぽんぽんぽんとビューティフルゴールが決まって、浦和完勝。

こちらは延長PKの死闘となったので、コンディション的には不利かも。

しかし、そんなこと言ってる場合ではないのです。

守備では。

前線のきれいな連携で三点取ってたわけですが、あれをさせるわけにはいかない。バイタルが空いちゃうと自由にやられるので、きっちり閉める。そして連携前の縦に入ってくるボールを潰したい。

さらに、その供給源のボランチにもプレッシャーをかけたい。となると中盤三枚のポジション取りがポイントか。

サイドの一対一にも勝てれば完璧。

攻撃では。

前から来るプレスをはずしてビルドアップできるかが一つ焦点。

エルゴラではアンカー予想が中谷君。秋野君は出場停止、茨田君は前の試合は体調不良。ここに誰が来て、出来がどうかが試合を左右するので、がんばってほしいです。

工藤君のゴールが見たいなあと思うのと。

クリスティアーノさんはもうここでまたハットトリックして、買い取るしかない状態にしてください!!

絶対行きたい決勝戦!!

がんばれ!!

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2015/12/28

月刊群雛1月号 Twitterで他人の目に留まりやすい投稿テクニック

月刊群雛1月号が発売されています。

今月の巻頭記事は菊池健さんの「トキワ荘プロジェクトのこれまでとこれから」。タイトル見れば説明不要ですね。

菊池健さんは漫画家の卵を支援するトキワ荘プロジェクトのディレクターさんです。

僕はナベ先生の所でみんなとわいわい仕事しながら学んだことが、漫画でも小説でもとても役立っているので、こういう漫画家志望者が肌を合わせる距離で切磋琢磨するプロジェクトは有用だと思います。特にメンター制はよさそうです。

さてしかし、僕は志望者の段階は通り過ぎています。漫画の連載もしたし小説家としてデビューもしたしで今ここにいて、じゃあ必要なことは何か。

それは、編集長鷹野さんの、インディーズ作家に役立つショートコラム第4回「Twitterで他人の目に留まりやすい投稿テクニック」です!

最近ひたすらこれ推しですけど、ほんと、自分のやり方を点検するよい機会になるんですよ。今回はそのままずばりのテクニック集。自分で気づいていたこともあったけど、さらにお役立ち情報満載でした。

社会環境が変わって作家の生き方も変わってきています。ある意味ほとんどの人が独立作家にならないといけない状態で、こういうことの積み重ねが、生き延びるすべなはずだと思っているのです。

画像を使ったテクニックが紹介されていました。僕ももっと画像使いたいんだけど、そのためにはもっと絵の修行をする時間がいる。あと心理的ハードルが上がってるのもよくない。何か上手い手がないか考え中。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2015/12/27

天皇杯vs仙台 土下座してでも

第95回天皇杯、vs仙台は3-3(PK5-3)!!!!

クリスティアーノさんを買い取るべき!!!!

だって、FKでハットトリックって超偉業ですよ?

赤紙で10人になって追いつかれて延長突入、そしていきなり先行された絶体絶命の大ピンチに、まさかのFKハットトリックなんですよ?

漫画でも描くの度胸いるぞ、この展開。

レンタルから買い取って契約更改するのに億単位のお金がかかるので、予算オーバーで断念という話を耳にしましたが、ここは社長が日立に土下座してでもスポンサー料増額してもらって、買い取るしかないのでは!

というか買い取って!!!! お願い!!!!

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2015/12/26

天皇杯vs仙台展望

いよいよやってきました天皇杯!

実はですね、吉田レイソルが終わっちゃうのが悲しくて、あまり熱心にサッカーのニュースを追ってなかったぐらいなんですが。

しかし、最後を見届けるのがサポーターの務め!

無理矢理テンション上げていきますよ!

仙台はやり方の変わらないチームなので、試合展開はきっとみんな思ってる通りになる予想。攻めるウチ、守る仙台。

守備では。

とにかくカウンターに注意です。

攻めてる時のリスク管理、攻守の切り替えの速さがポイント。一年の集大成を出したい。

ウィルソン選手のコンディションが、勝敗を左右しそうな気がします。どうなんだろ。

攻撃では。

CWCでバルサ見てて思ったけど、やっぱり最後には強引に行かないと。

ということでクリスティアーノさんに期待です。どがんとぶち抜いてほしいです!

そして終盤コンディションを上げてきた大津君も、ここで一年分働いてください!

あと、武富君がインサイドハーフの予想ですが、ここで一発見せてくれるような予感があります!

あと三試合、どうしても見たい!!

がんばれ!!

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2015/12/25

ジャンプ3・4号感想 マジコイ

月曜日のジャンプ感想。まずは巻頭「暗殺教室」。じわじわ時間が押し迫ってくる感じで、緊迫感あり。

「火ノ丸相撲」。まだ見ぬ強敵天王寺。風聞だけは伝わってきて、イメージだけがどんどんでかくなる。いい膨らませ方。

「背すじをピン!と」。曲がかかる流れ。アレってなんだろ?何のイントロだろ?と来て、動き出しのところにドンと曲名。ためにためた必殺技のタイミングだけど、その曲名がアレで、ミスマッチが楽しい。

最後に「ニセコイ」。ちょっと語りますよ。ゾクゾクッと来たんですよ。この前でいったん休憩してて、その時「たっぷりこれでもかとページ使ったのを読みたいし、書きたいなあ」みたいなことを取り留めなく思ってて。

物語の感動って、やっぱり深く入り込んだ時に生まれると思うんですよ。そうするとキャラクターの内面とか動機とか、しっかり書き込みたい。だけど、事件が起きないと読者の興味を引っ張れないから、そこが悩みどころになって、なかなか書き切れない。序盤の進みが重いと、そこで読者に投げられる。

だから、なかなかそういう作品には出会えない。面白いのはたくさんあるし、上手いのもたくさんある。でも、積んで積んでそこで超えるのか、目一杯ページを使ってそこまで描くのか、という感動は、めったに味わえない。

そんなこと考えてて読んだら来た。作品タイトルが「ニセコイ」で、今回のサブタイトルが「マジコイ」。しかも最後に決定的な見開きで、そこにタイトル持ってきた。

つまり今まで198話を全部伏線に使ったということ。出だしの重さを回避して連載を続けてきて、その中での積み重ねをここで生かした。

最後の見開きで背すじが震えました。こういう体験は数えるほどしかない。ずっと修行してるから予測しながら読む癖がついてて、でもそれを完全に超えられたということだから。

ここからどうもっていくのか、今までよりも一段上の興味が生まれた回でした。15/12/14

ツイッターで語ったので、書くことなくなっちゃったw

それだけあの10ページぐらいの展開にしびれたということなのです。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2015/12/24

時差調整

仕事の都合で早起きしなくてはいけなくなるので、時差調整に入っています。

早起きと言っても、普通に会社勤めしていたら少し早め程度なのですが、僕は普段グリニッジ標準時で暮らしているような状態なので、国内だけど時差レベルなのです。

ちょっと日本代表気分。U-23がカタール行く感じ。

ただ、よく時差調整失敗するので、とにかく早寝。おやすみなさい。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2015/12/23

弾切れ

ここ何日かで、一日に二本ブログの上がっている日がありますが。

ブログの活動を強化しようとしたのではなく、手違いからなのです。

基本ここは、投稿予約をしておいて毎日一本のペースなのですが。

「いけね、今日の分予約してない」と勘違いして、もう一本上げてました。

短期間に二回やるとは、ぼけてきたかもしれない(^^;;)

というわけでストック切れて、取りとめない日記。

昨日予想以上に忙しくて、仕事でやること今日に持ち越ししているので、今日も早めに行かないと。

そのまま年末年始の大忙し期間へ突入するようです。

クリスマス合わせで絵を描こうと思ってたけど、多分無理。

年賀状の絵も途中。

「君の守護者」の推敲もう少しで終わるけど、上げる余裕はあるのか。

そんな感じで2016年が迫っています。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2015/12/22

不朽の名作なんてない

ファンタジーで名作とされている本を読んで、全体の流れをつかもうと、いろいろ読み始めたのですが。

古いイギリスの小説で、アイルランド人差別がてんこ盛りになっててびっくりしたのです。

10ページに一度は登場するアイルランド人を馬鹿にするジョークがまったく笑えず、むしろ読んでてつらくなって、それで読めなくなりました。結局オチだけ確認。

昔々、クウェイトに住んでいたころ、せっかくの海外暮らしなんだから英会話ぐらいできるようにしようと、イギリス人の先生を家庭教師に招いたのですが。

その時使っていたテキストの中にも、アイルランド人を馬鹿にした小話が載っていて、やっぱり笑えなかったのを思い出しました。

何でそのオチになるのか分からず、ぽかーんとしていたら、先生がちょっと恥ずかしそうな、悲しそうな顔で、イギリス人にはアイルランド人を見下しているところがあるんだと教えてくれました。

しかし、これだけ鉄板のジョークとして多用できるほどとは思ってなかったです。この本書いた人、牧師なんですよ。どれだけ当然のように世間に巣食っていたのかが分かります。

僕は小説のポリティカルコレクトネス(政治的、社会的公正さ)には懐疑的で。

作品至上主義なので、それを作品が求めているなら、何書いてもいいと思っているので、差別よくないとか奇麗事を言うつもりはないのです。作家に読者を捨てる覚悟と、批判と戦う覚悟があるのなら、作品内では差別だってなんだってOK。

でもこれ、そういう覚悟で書いてるんじゃないんですよね。ほんとはちょっとブラックなジョークとして笑うところ。実は他にも世相を表していそうなジョークがたくさん散りばめられているのですが、そこも意味が分からず、ただ冗長に見えました。作者と僕が生きてる時代も場所も違うので、共通理解の土台がないということなのです。

そう考えると、不朽の名作なんてないんだなあと思います。書いてる時代と場所からは逃れられない。言葉の裏には、それを理解するための土台が必要で、読者は気がつかないうちに、作者が伝えたかったことが伝わらなくなっていく。

逆に今生きている僕が、今伝わることを書かなくちゃいけないということなんだと思いました。がんばろう。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

COMICリュウ2月号 集まり色成す

お手伝いしている友人漫画家梅木君の「あせびと空世界の冒険者」第23話が載っているCOMICリュウ2月号が発売されています。

低空域への冒険に出発しました。梅木君が「若い女性キャラクターを複数レギュラー入りさせたはずなのに、オッサンばかり描いていたような気がする回」とつぶやいていましたが、もうそういう業を背負ってるんだと思いますw

そのおっさん新キャラが、なにやらよからぬ悪巧み。さあどうなる。

さて今月のCOMICリュウ。最終回が二つ。「ぼくらのへんたい」と「陰陽師-朧夜叉姫-」。わりと代謝の速い雑誌ですが、こちらは両方復刊から4年の連載だそうです。お疲れ様でした。

最近年取って月日の流れがとても速くて、4年と聞くと長いような短いような。梅木君は第23回だから、来月で2年なのか。

いろんな漫画が集まって雑誌になり、それが色を作っていくのは、いろんな縁の集まりで、一つのドラマだよなあと思いました。COMICリュウでは、これからどんな歴史が織り成されていくのでしょう。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2015/12/21

CWC 広島vs広州恒大 悪を倒した

クラブW杯ジャパン2015、三位決定戦、広島vs広州恒大は、2-1!!

広島逆転勝ち!!

悪の帝国、広州恒大を倒したよ!!

たんにACLで負けてるだけなら、「アジアの壁」とか「越えるべき強敵」だったんですけど、胸スポンサーの騒ぎがあったじゃないですか。

「なるほど、自分が力をつけたら自分が法で、何でも曲げていいのは南シナ海だけじゃなくて、中国人の思考パターンなのか」と思ったらね、遅れてきた帝国は滅びろという気分になったわけですよ。

勝って本当によかった(^^)/

さあ次は、ウチが天皇杯勝って来年の出場権を手に入れ、自らの手で倒す番だ。がんばろう。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2015/12/20

インディーズ作家が知っておくべき権利や法律を教わってきました

日本独立作家同盟のセミナー「インディーズ作家が知っておくべき権利や法律を教わってきました」に行ってきました。

登壇者は同盟理事長の鷹野さんです。鷹野さんの著書「クリエイターが知っておくべき権利や法律を教わってきました」を読んで、予習もばっちりです。

ちまた騒がれるパクリ疑惑が、実際には意外に著作権法違反じゃないんだなあと思いました。

第二部は上の本を監修した、弁護士の福井先生と対談形式で、ついこの間大筋合意となった、TPPについて。著作権非親告罪化でコミケ壊滅かと騒がれていたやつです。

福井先生がとても話術巧みで、分かりやすく解説してくれたので、なんか難しくて今ひとつピンと来ないと思っていた問題が、よく分かりました。

その後懇親会、二次会と流れて、群雛の作家さん達とたっぷりお話。

ばっちり刺激を受けて、帰りの電車でも推敲していたぐらいですよ。

さあ、がんばってどんどん書こうと思えた、とても有意義な一日でした。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

ジャンプ2号感想 リベンジワルツ

月曜日のジャンプ感想。仕事早出なので急ぎ気味。巻頭カラーはアニメ第二期が決まった「食戟のソーマ」。決着。洗練とは対極の料理に極星寮の価値も織り込んだ、いい勝ち方。

「火ノ丸相撲」。こういう間の回でまかれた種が、どこで花開くのか楽しみ。チームを救う一勝は来るのか。

「背すじをピン!と」。漫画は絵だけでもなく話だけでもなく、その間で渾然として立ち上がってくる表現で。静止画のなのに動きや音やその場の盛り上がりを感じさせる、そんな漫画のよさをこの作品は思う存分味わえるので好き。

「ワールドトリガー」。わーい、今週は載ってたー、という状態になってるんだけど、やっぱり首か……。首とか腰とか職業病だし、ひどくなると生活にも支障をきたすので、早くよくなってほしい。

以上ジャンプ感想でした。さて、ご飯食べねば。15/12/14

漫画は絵とお話出てきているけれど、じゃあそれがうまければ面白いのかというと、そうじゃなかったりするのが難しいところ。お話と絵の間に、考えなきゃいけないことがたくさんあるのです。

そしてそういうのがうまい漫画は、動いてない絵で動きを感じさせ、聞こえないはずの歓声を響かせ、その世界の中に引っ張り込んでくれます。

さらに不思議なことに、実際に動いて音がする動画より、ずっとキャラクターに近い位置に行けたりもします。主観と客観を織り交ぜて表現できる。漫画が培ってきた技法の数々。それが漫画のよさだと思うのです。

そんな「背すじをピン!と」は2巻発売中。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2015/12/19

山中君が呼ばれた!

山中君がリオ五輪アジア最終予選のメンバーに呼ばれました!!

来年1/12から1/30で、AFC U-23選手権としてカタール集中開催。ウチは天皇杯があるので練習続けてるから、コンディションの心配はないはず。むしろ休みなくて来年そのままキャンプインしそうだけど大丈夫かな。

とにかく突破して、リオ五輪に出てください!

あと、中村君が福岡所属で発表されているけど、大会の時にはレイソルに戻ってるのだろうか。

というか、戻ってきて!

沖縄合宿後にあと2名追加があるそうだけど、秋野君が滑り込みで入れたりするかな。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2015/12/18

CWC準決勝 順当に

クラブW杯ジャパン2015準決勝が行われました。

広島vsリバープレートは0-1。

バルセロナvs広州恒大は3-0。

順当に決勝が欧州vs南米になったわけですが。

当たり前のように南米のクラブに負けることって、もっと突き詰めて考えなくてはいけないとこじゃないかと思うんですよ。

バルサみたいな欧州のビッグクラブが勝つのは、まあ資金力が違うから当然として、南米のクラブは自国のスーパースターは欧州に買われた状態でやってるわけじゃないですか。

でも、何回かに一度は欧州に勝ってる。一番上の選手を取られて、その下の選手のクオリティでも勝負になるんですよね。つまり全体的にクオリティが高い。

対する日本は当たり前のように勝てない。つまり何かが欠けてて勝負になるクオリティにない。いったい何が足りないのか。

さらに、バルサは、メッシ、ネイマール抜きの試合で、スアレスがハットトリックして勝ったのですが。

人口300万ちょっとのウルグアイからスアレスが育ち、人口1億2000万の日本から育ってないのはなぜか。野球に半分取られ、さらに少子化があるとしても、スアレス級が10人ぐらい育ってもいいはずだ。なぜそこまで育たないのか。

ここに今の日本サッカーの停滞を解消する鍵があるような気がします。

ちなみにバルサを、今年のウチのお手本という意識で見ていて。

つないでいって相手を押し込んだ時、ゴール前、人がひしめき合って狭くなったら、その分強いパスで通そうとする強引さとか、タッチラインまであまり残ってなくても裏を取る姿勢とか、こういうのがないと完成しないんだなと思いました。そこを追求していったら面白いけど、来年は違うのかな。

さてこれで三位決定戦が広島vs広州恒大になったのですが。

ACLでの日本勢の仇を取ってほしいうえに、広州恒大は金にあかせてチームを作り、さらにちょっと立場が強くなったらスポンサーとの契約違反を当然のようにする傍若無人さを発揮し、見事なぐらいの悪役っぷりなので。

ぜひとも勝ってほしいですね! がんばれ!

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2015/12/17

スイーツ先生! #10 なめらかプリンでメリークリスマス

友人漫画家やんむらさんの「スイーツ先生!」第10話が、リイドカフェで公開されています。

今回はパステル。プリンです。おいしそうです。

近所にお店があるので、今度買いに行こうかな。

しかし、今回一番甘かったのは、プリンでもプリンケーキでもなく。

ラブコメが!

クリスマスといえばということか!

心ちゃんケーキおねだりとか、すっかりあまーい展開です。こちらの今後も注目です。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2015/12/16

COP21

パリで行われたCOP21が閉幕しました。温暖化防止のための国際会議です。

最近日本でも気象災害が起きていますが、頻発するもんだから「異常気象って言うけど、むしろもうこれが普通なんじゃない?」という感じになっていて、温暖化対策は急務です。

結ばれたパリ協定は、当初「産業革命前からの気温上昇分を2℃に抑える」だったのが、1.5℃になっていて、むしろ厳し目になりました。途上国の参加も決まりましたし、かなりの前進です。

ただ、最近の研究では、「上昇分を2℃に抑えるためには二酸化炭素はあと9000億トンぐらいしか出せない。今、年500億トンぐらいなので、排出を減らさなければ20年分もない」とされています。1.5℃だともっと厳しくなるわけで、今回の合意の「なるべく早く減らしていって、今世紀後半に実質ゼロ」で、はたして間に合うか。

さらには人間が出す二酸化炭素だけではなく、最近の気温上昇で、自然界からメタンガスなどの温暖化ガスが出てるはずなので、それも考えたらますます厳しい。

まだまだ予断を許しませんねえ。

僕が近未来SFを考える時、特にディストピア物だったりすると、たいてい「温暖化で気候激変した未来」を考えるのですが。

このアイディアが「米ソ冷戦から第三次世界大戦勃発」並みの、過去の産物になるのか。

僕的にはなってくれた方がいいです。なってほしいです。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2015/12/15

はやぶさ2とあかつき

日本の探査機ががんばっていますね。

12/3、小惑星「リュウグウ」を目指すはやぶさ2が、地球スイングバイを行いました。

スイングバイというのは、星の重力を使って方向転換することです。惑星は太陽の周りを公転しているので、その後方から近づいていくと引っ張ってもらう形になり、方向転換した上に加速できて、燃料の節約もできるのです。

ただ、侵入するコースが大切です。加速できてもあさっての方向に飛んでいくのでは困ります。

その点、はやぶさ2のコース取りはお見事でした。3回の軌道修正を予定していたのですが、2回目でぴったりコースに乗ったので、3度目は行いませんでした。

今のところ非常に順調に飛行しているはやぶさ2。心配があるとしたら行き先が「竜宮」なので、帰還が遅れるかもしれないこと?w

12/7にはあかつきが、金星への再投入に成功しました。

こちらは一度失敗した期待。5年前金星への周回軌道に入ろうと減速した時、メインエンジンが破損。どうやら異常燃焼でノズルが壊れたようで、周回軌道には入れませんでした。

普通ならここであきらめて終わりです。ところが先代はやぶさと同様、転んでもめげませんでした。残った姿勢制御用のスラスターで軌道を修正。5年後にもう一度接近する軌道に乗せ、今回の再投入にいたったのです。

姿勢制御用のスラスターは、こんなに長い時間の噴射を想定していませんでしたが、見事に成功。これは史上初の快挙です。

早速金星を観測したところ、謎の雲が写ってました。最初の予定とは違う、だいぶ大きな楕円軌道に入ったのですが、それでも面白いことが分かりそうで、わくわくします。

さらに自分との絡みで言うと。

最近は彗星着陸(ロゼッタ)とか、小惑星への接近(ドーン)とか、冥王星への接近(ニューホライズンズ)とか、太陽系の探査で大きなイベントが目白押しで、それだけ知見も増えていて。

SFの舞台として太陽系の魅力がアップしてるんじゃないかと、そういう点でもわくわくしています(^^)/

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2015/12/14

CWC 広島vsマゼンベ したたかに

FIFAクラブW杯ジャパン2015準々決勝、広島vsマゼンベは3-0。

アフリカ人特有のリーチの長さとスピードに、前半は結構苦戦している感じで劣勢だったのですが。

ゴール前でブロックを作り粘って、CK、CK、カウンターと、気がつけば3得点です。

したたかに、そして強い。けが人出てピンチのはずだったのですが、それを感じさせませんでした。

広島って、鹿島と並んで内弁慶な印象があるんだけど、今回は期待していいのかな。

次は南米王者アルゼンチンのリバープレートです。日本代表として、ぜひがんばってほしいです。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2015/12/13

TMvs水戸 あと2週間

練習試合vs水戸は1-2。

あれれ、負けちゃってる。

試合間隔が開きすぎるのも、調整難しいですよね。

とにかく有終の美を飾ってほしいんですよ。

ここからあと2週間。きちんと整えて仙台戦を迎えたい。

がんばってー!!

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2015/12/12

ジャンプ1号感想 左門君は少しずつ大人になる

一足早く年が明けてる、ジャンプ1号の感想。表記が2016年1月1日号だよ。やばい、今年終わる(((・・;;)))

「暗殺教室」。暗殺期限まであと3時間。ほんとにどうなるんだろ、これ。

「僕のヒーローアカデミア」。緑谷解説と「心は18」にじわじわ来たw 合宿も盛り上がりそうで楽しみ。

「食戟のソーマ」。さあ食べさせた! 叡山先輩の顔芸すごいw ただこの審査員たちが、八百長なのはどうするか。

「背すじをピン!と」。「勝負」を見せたあと、じゃあ二人の勝負は何なのか。採点競技を題材にした漫画は他にもあるけれど、大技で何点みたいな計算が立つものが多い。「自分に勝つ」でどこまで盛り上げられるのか、あまり見ない分楽しみ。

「ものの歩」。団体戦のくだりの盛り上がりが、すごくよかった。セリフ、コマ割り、めくり、それに絵が乗っかって熱さを作る、漫画の醍醐味。

というジャンプ感想でした。いやー、それにしても、1月1日号か……(引きずっている)15/12/7

感想は書いてますけど、僕も書き手だから作者の邪魔はしたくないので、ネタバレ度合いは気になってて。人が興味を持ちはじめるラインで止めようと思っているのです。

なのでまだ月曜だからオチについては触れないでおこうと思った、「左門君はサモナー」の感想を今ここで。

まさかのしっとり展開で終わってたw

だんだん話が転がっていって、いつもとまったく違うオチになる、いい話でした。

僕はわりと後ろ決めて必然から話を作るタイプで、こういう前から転がっていってあさってに飛んで終わるという能力が低く、面白いで感想は終わらず、むしろうらやましいと思いましたよ。

前から転がすという能力は、自分にももっと必要だと思うので、週刊連載の漫画を読むのは、ある意味勉強にもなるのです。見習わなくては。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2015/12/11

CWC 広島vsオークランド・シティ 出番なかった

FIFAクラブW杯2015、広島vsオークランド・シティは2-0。

一応日本代表なので、広島を先に書きましたが。

今回ばかりはオークランド・シティを応援でした。

だってマイケルがいるから。

柏U-18出身、マイケル・デン・ヘイジャー君がいるからです!

しかも柏日体に留学してたんだよ。やっぱり16号からのあのバス通りを通学してたんだろうか。

という、とても思い入れの強い状態で試合を見ていたのですが。

出番がなかったー……。

がっかり……。

かたや広島は、けが人続出が痛いですね。次の試合は大丈夫なのかな?

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2015/12/10

ショートショートを引き続き

ショートショートは一本だけ書ければよかったんだけど、せっかく他も思いついたので、引き続き書いています。

電車の10分でも進捗が感じられるのがいいです。全体が短いので、「四分の一ぐらい書けた」となるから。

どんでん返し一つ決めて、そこへ向かって構成。結構得意な形。なので書いてて楽しい。

これだけ早く書けるとすぐストック尽きるなあ考えたとたん、もう一つ思いついたので、当分続けられそうです。

さあ今日も書いてきますよ、電車の中で。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2015/12/09

第14回ジュニア冒険小説大賞

第14回ジュニア冒険小説大賞が発表されています。

大賞に泉田もとさんの「野ざらし語り」。受賞おめでとうございます!

僕の受賞が第11回。泉田さんはその時の佳作受賞者です。

当時、大賞とって浮かれていた僕は、講評を読んでみて、「あれ? これ腕前的には泉田さんの方が高評価なのでは? もしかして、薄氷の受賞だった?」と冷や水浴びせられた気分になったものでした。

というわけで、泉田さんは必然の受賞なのです。

さらに僕のあとの大賞がなかなか出ておらず、そうすると花束贈呈係が前回受賞者だったため、ずっと僕になっていて。

めぐりめぐって僕が泉田さんに花束贈呈するという、物語的にはいい展開だなと思ったのでした。僅差で悔しい思いをした人が、追いついて祝福されるわけですよ。花束贈呈シーン、結構山場ですよね。

さてそんな物語的展開で、ひるがえって自分を見つめて今回思ったのは、「俺、3年のアドバンテージあったのに、使い切ってるんでは?」ということで。

この間年一ぐらいでボツになってて、次がなかなか出てません。

困ったもんですなあ……(遠い目)

ただ、この3年でだいぶ環境は変わったし、僕もまったくの手探り状態だったのが、だいぶ見通せるようになってきてるので。

次はびしっと通したいと思います。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2015/12/08

退団とU-18プレミア

狩野君と三浦君の契約を更新しないことが発表されています。

加納君の退団は寂しいけれど、あまり出番がなかったから、仕方ないかなあ。

次のチームが早く見つかりますように。

三浦君の退団はちょっと考えるものがあります。一年での退団なんだけど、吉田監督の退任と無関係ではない気がするからです。

クラブが目指すサッカーをころころ変えると、こうして結果的に無駄になる補強が出てくる。広島がぶっこ抜きされても戦力維持できているのは、システムをもう十年近くいじってないので、どのポジションにどういう能力を持った選手が必要だということが明確だからだと思うのです。

ウチもそれができるようになると期待してたんだけど、残念だなあ。

日曜日にはU-18プレミアリーグEAST最終節。

ウチはぎりぎり8位で残留。去年は優勝だったけど、ユースは毎年選手が入れ替わるから、なかなか大変です。海外移籍もあったしね。

前の話を受けてなんだけど、アカデミーにはがんばってほしいです。今のサッカーを続けるだけではなく、今年のトップチームの結果をぜひ反映させてほしい。

ポゼッションはできたけれど、カウンター対策のところ、ブロックを組むと寄せが甘くなるところ、ボールを回している時のシュートの少なさ、縦へのチャレンジ。出た課題を育成のうちに解決できるようにして。

そしてより戦える選手を輩出して、柏のサッカーを進化させてほしいです。がんばれー!

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2015/12/07

福岡vsC大阪 昇格は福岡!!

2015J1昇格プレーオフ決勝、福岡vsC大阪は1-1!!

J2三位の福岡が昇格決定!!

おめでとうございます!!

C大阪にも玉田、中澤とゆかりのある選手がいて。

しかも玉ちゃんがさすがのドリブルからパス交換で抜け出して、レイソルから武者修行中のGK中村君の股間を抜いて先制点。レイソルの先輩が後輩の前に立ちはだかる展開かと思いきや。

今年福岡に戻ってきた中村北斗選手がJ1行きを決める同点弾!

これは福岡サポにとってはたまらない展開でしょうねえ。

試合後インタビューで、井原さんが潤んだ目をしていたり。

城後、中村北斗というベテランはしっかり落ち着いた受け答えだったのに、中村君は興奮さめやらぬ様子でちょっとちぐはぐで初々しかったり。

僕も福岡が勝ってよかったなあと思いました(^^)/

来年の福岡は、このままうまく補強できれば面白そうです。ただ、中村君は返してほしいなー。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2015/12/06

CS決勝 広島vsG大阪 順当の優勝

2015Jチャンピオンシップ第2戦、広島vsG大阪は1-1。

トータルで1勝1分の広島が優勝!

変則のレギュレーションで導入されたチャンピオンシップでしたが、出場したのは年間1、2、3位のチーム、そして1位のチームが優勝と、妥当な形で終わりました。

G大阪としては、あのオ・ジェソク選手の赤紙退場がすべてでしたね。二戦通じて内容的には互角かそれ以上だった。あそこで落ち着いて逃げ切れていたら、たぶん優勝できた。

一つのプレーで運命が決まっちゃう、サッカーの恐ろしさを感じます。

優勝した広島は、森保政権4年で3回のJ制覇。監督の手腕もすごいけれど、その間これでもかと主力選手を抜かれて、それでも的確に補強し続けチーム力を落とさないフロント力も見事です。

クラブのビジョンの勝利ですよねえ。そういうしっかりしたチームはマジでうらやましい。

さて広島はこれで開催国枠でACL出場。ウチやG大阪は途中で力尽き届かなかったわけで、その分も日本代表としてがんばってほしいなと思います。

あと、これだけ勝ったら、いいかげん市内にスタジアム建ててあげてほしいなと思います。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2015/12/05

ジャンプ53号感想 ガンバル

大忙し期間で、まだばたばたしている月曜日のジャンプ感想。
「ニセコイ」四周年記念巻頭カラー。新エピソード突入。ハーレム型のラブコメは、男の都合のいい妄想なんだけど、そのぎりぎりの所で悩んでいて、どこに落とし所を持ってくるのか気になる。

「僕のヒーローアカデミア」。直接対峙。根深くこじらせていそうなことが見て取れる。どうなるのかな。

「食戟のソーマ」。小林先輩のリアクションが抑え気味なのは、逆転の布石だと思うんだけど、八百長審査員をどう巻き込むのかな。

「背すじをピン!と」。勝負前後の人間模様を丁寧に追っている所が好き。午後の部で成長を見せられるか。

分刻みであわてているので、ここまで。急に忙しくなったー。15/11/30

月曜はほんとにばたばたしていました。大忙し期間が終わり、今週末は余裕あるのです。だらけて生きたい。

さて今週は「ニセコイ」を。

前回のエピソードで万里花が退場。けなげ過ぎて「もう万里花でいいじゃないか」と思ったりしましたが。

僕は普段あまりハーレム物のラブコメを読みません。男の願望が詰まっているわけですが、感情移入して読み始めると、作者に都合よく使われる女の子がかわいそうに感じてきてしまうのです。かといって願望も否定できないというジレンマが発生。

「ニセコイ」はその部分を僕の好みのぎりぎりの所で攻めている感じ。ものすごい強引で、漫画だからといういいわけも最大限に使い、でも楽がいい人で、だからみんなほれるというラインを守っています。

そしてその状態で明らかに、お話を収束させる方向で進んでいる。この先どうなるのか、とても興味しんしんなのです。

| | コメント (2) | トラックバック (0)

2015/12/04

吉田監督は新潟へ

吉田監督来季新潟監督に就任のお知らせ。

新潟から公式発表がありました。

毎年移籍関係の記事書いているけれど、まさかまだ指揮している監督の移籍の記事を書くとは(^^;;)

新潟はどっちかっていうとカウンタータイプの人の方がいいのではとか。

柳下監督のもとで、メンバーが磐田っぽい新潟になったけれど、そのうちレイソルっぽい新潟になったりするんだろうかとか。

4-3-3をやるためにインサイドハーフにレオ・シルバ選手がほしいとか思ってたけど、逆に向こうにこっちのシステムが行くことになるのかなとか。

これで新潟の方が来季成績よかったらどうしようとか。

思うことはいろいろあるのですが。

とりあえず吉田監督の次が決まってよかった。

そして、まだウチの今季は終わったわけではないので、最後にどーんとでっかい結果を残してください!

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2015/12/03

広島vsG大阪 広島が先手

2015Jチャンピオンシップ決勝戦第1戦、広島vsG大阪は3-2。

今仕事から帰ってきて、ご飯食べながら録画を見ているところです。スコアの動きだけ見ても、熱戦のあとがうかがえますね。

日程きつくて、先行されて、アウェイゴールもたくさん取られたし、G大阪は厳しくなりましたねえ。

一方有利になった広島。ドウグラス、佐々木、柏という得点選手が、全員よそから補強してきた選手です。ほんとにチーム作りがうまいなあと思います。

さあ、第二戦はどうなるのか楽しみ。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2015/12/02

ショートショートがぽろぽろと

大忙し期間、あと一日がんばれば終了ー。

でもそしたら、原稿仕上げないと。

昨日、もうほぼ一本書けていると書いた作品はSFのショートショートです。短いので書く手間は少なく、逆に一発勝負な分アイディア出しが大変です。

一本書けばいいところ、台所に立った時とかに次々と思いつき、他に3本、アイディアがたまりました。

「いいアイディアなんて、そうそう出ない……あっ!」ということが起きて、思い出したのは昔々。ガンガンにSFショートショートを載せた時。

あの時はとにかくアイディア出しをたくさんして、ネームをたくさん描きました。30本ぐらい出したからね。

あの頃に劣らずぽろぽろ出てくると、まだ大丈夫、衰えてないと思えます。まだ行ける。がんばろう。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2015/12/01

火を消さない方法

現在、月末月頭恒例の大忙し期間なのですが。

今回、長年悩みのタネだった、スイッチの切り替えに成功しているみたいです。

僕は切り替えが下手で、仕事から帰ってきても、その仕事を引きずってしまって自分の作業に入れず、スケジュール以上に原稿が進まないと頭を抱えていたのです。一番困るのは、アイディアが湧いてこないこと。頭の創作エンジンに点火できず、筆が進まない。

ところが今回、うまいこと熱を保持できていて。

この後締め切り一つあるんだけど、もうほぼ書けています。「電車移動の10分でも、スマホで原稿を触る」というのを徹底したのが良かったようです。

時間短いとあんまり進まないよなー、と思って、いつもはニュースを見る時間だったのですが、一行でも書くことが、火を消さないためには大切だったみたいです。トイレでも書いてた。スマホ超便利。

この調子で、今後どんどん進めようと思います。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

« 2015年11月 | トップページ | 2016年1月 »