« ジャンプ49号感想 壁 | トップページ | スタートダッシュの構造 2 »

2015/11/10

スタートダッシュの構造

手伝い仕事が続いていて、そうすると当然、作品作りについてとか、業界についてとかが話題になります。

環境厳しいよねという話が多いのですが。

そんな話をしていて、僕が最近気になっているのは、最初に火をつける部分です。

昔から、スタートダッシュを決めないと連載終わっちゃったりするので、火をつける部分は大事でしたが、そこがますます大事に、そして難しくなってきているなあ思うのです。

最初にお客さんと出会う場が、雑誌や書店の店頭から、ネット上へと移っています。

すると変わってくるのは、一つは宣伝広告。ネット上でどうやって読者と出会うのか。

そういう記事を探して読んでいて、ここでもたまに触れていますね。この間の記事。

そしてもう一つは、それに向いた作品の構造についてです。

こちらについて、いろいろ考えていることがあるのですが。

今日はもう時間切れなので、続きは明日。

|

« ジャンプ49号感想 壁 | トップページ | スタートダッシュの構造 2 »

日記・コラム・つぶやき」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/46606/62645431

この記事へのトラックバック一覧です: スタートダッシュの構造:

« ジャンプ49号感想 壁 | トップページ | スタートダッシュの構造 2 »