« 崩壊の足音がひたひたと | トップページ | 移籍あれこれとマリノス戦展望 »

2015/07/14

日本の作家よ、世界に羽ばたけ!

土曜日の、日本独立作家同盟の第3回セミナーに行ってきました。

今回は大原ケイさんの「日本の作家よ、世界に羽ばたけ!」。大原さんはアメリカ在住で、リテラリーエージェントをなさっています。日本にはあまり見られませんが、文芸の代理人。

ということで、日本の本をアメリカで売るお仕事もしているので、その経験から、世界の出版事情とか、日本の作家がアメリカで売るにはとかのお話でした。

前日は取り次ぎ倒産のニュースを遅まきながら知ってガクブルだったのに、次の日は世界進出の話ですよ。振れ幅でかい。

お話を聞いていてそういえばと思ったのが、売れた作品の話で。

世界で一番売れた作品は、言わずと知れた「ハリー・ポッター」。児童書です。

さらに売れっ子作家の話でも、児童文学作家やYAの作家が出てきます。

そして、有望なジャンルという話にも、SF、ファンタジー、YA。あれ?

なんか日本だと、児童書はすごく厳しいよと脅されてばかりなんですけど、世界的に見たら、僕のいる界隈は実はすごく明るい?

いい話聞いたと、一日で立ち直って帰ってきたのでした。

さて次回は、いつもなら月一のところ、お盆の関係かすぐに来て7/25。佐渡島庸平×鈴木みそ「凡庸な作家のサバイバル戦略──結局どうすりゃ売れるのさ」です。

それ、一番重要な、まさに聞きたいとこじゃないか! と思ったら、その日仕事なんですよ!

今僕は一般会員だけど、有料の正会員になれば録画が見れるそうなので、それで見るか。行きたかったなー。

|

« 崩壊の足音がひたひたと | トップページ | 移籍あれこれとマリノス戦展望 »

日記・コラム・つぶやき」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/46606/61877880

この記事へのトラックバック一覧です: 日本の作家よ、世界に羽ばたけ!:

« 崩壊の足音がひたひたと | トップページ | 移籍あれこれとマリノス戦展望 »