« 月刊群雛7月号 ロマンサーで推敲、のススメ | トップページ | ジャンプ32号感想 削ぎ落とさない強さもあるらしいぜ »

2015/07/10

激動来たる

元旦の記事に、今年は世界も激動の年になりそうと書きました。

ニュースを追ってて、先行きになる流れがあったから。その中で二つ、ギリシャと中国はどうするんだろうと思ってたのです。

そしたら来ましたね。ギリシャは国民投票して借金踏み倒し宣言、中国は株大暴落。

でも、当たったというよりは、想像を超えてたという感覚です。ギリシャの開き直りっぷりすごい。中国は下落対策打ってるけどなりふりかまってなくて、これもすごい。

特に中国は激動の予感がひしひしと。

近未来SF書いてみたいという気持ちがあるので、ニュース見ててもどこかそういう視点なのですが。

こう軽々と想像を超えられてしまうと、むしろ自信がなくなります。「事実は小説よりも奇なり」がこう連発されるとなあ(^^;;)

あと日韓関係も世界遺産でもめましたが、こちらは激動というよりじわじわ行くのかな。

国内もどうなるのか。仕事の行き帰りでテロまがいの事件とか起きたらやだなー。

そんなこと考えてる本日は、お昼に一件用を済ませて、ちょっとごろごろしたのち(ここでニュース見てた)、これから資料読みにかかります。

|

« 月刊群雛7月号 ロマンサーで推敲、のススメ | トップページ | ジャンプ32号感想 削ぎ落とさない強さもあるらしいぜ »

日記・コラム・つぶやき」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/46606/61864127

この記事へのトラックバック一覧です: 激動来たる:

« 月刊群雛7月号 ロマンサーで推敲、のススメ | トップページ | ジャンプ32号感想 削ぎ落とさない強さもあるらしいぜ »