« 2015年6月 | トップページ | 2015年8月 »

2015年7月

2015/07/31

あともうちょい

大忙し期間もあと何日かで終わるはず。

二桁の足し算引き算をぽろぽろと間違えて、結構疲れがたまっているなあと自覚するのです。

あと、今日のブログを書こうとして、さっぱり何も思い浮かばなかった時にも(^^;;) FIFAの会長選とか、安保とか、気になって見ているニュースはあるけれど、感想がさっぱり文章の形になりません。

最後、ラストスパート的に仕事来るんだよね。

乗り切れるでしょうか。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2015/07/30

vs湘南 逆襲ならず

2015J1 2ndステージ第5節、vs湘南は0-3。

仕事帰りにエルゴラ買ったら、一面にでかでかと「柏の逆襲」とあって、うっきうきだったんですよ。

三時間しか持たなかった(;_;)

自滅ですなあ。

今日はもうふて寝。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2015/07/29

中国バブル崩壊

上海株8%余下落 2007年以来の下げ幅

中国・上海の株式市場では、投資家の間で中国経済の減速への警戒感が広がっていることなどから、27日の代表的な株価指数の終値は、先週末と比べて8.48%下落し、一日の下げ幅としては、2007年以来の大幅な値下がりとなりました。

上海の株式市場では、代表的な株価指数である「総合指数」は、今月8日までの3週間余りの間に終値で、およそ32%、3507.19ポイントまで急落し、 世界の株式市場にも影響を与えましたが、中国政府などは、相次いで下支え策を打ち出し、その後は、持ち直す動きが出ていました。

しかし、27日 は、先週発表された中国の製造業に関する経済指標が振るわなかったことなど、投資家の間で、中国経済の減速への警戒感が広がっていることなどから全面安の 展開となりました。「総合指数」の終値は、3725.56ポイントで、先週末の終値と比べて8.48%下落し、1日の下げ幅としては、2007年2月以来の大幅な値下がりとなりました。

市場関係者は、「中国政府などによる下支え策によってこのところは大幅な下落を食い止めていたが、きょうは、売りが売りを呼ぶ展開となった。株価の下支え策に対して海外の投資家などから『政府の行きすぎた介入だ』と批判の声も上がるなかで、対策が今後も継続して行われるのかについても個人投資家の間で不安が広がっている」と話しています。

NHK NEWSWEB 2015/7/27

日本のバブル崩壊時、3ヶ月で21%ぐらいの下落。それに比べると圧倒的な速さです。

中国の下支え策が、売り禁止とか、売ったやつ逮捕とか、証券会社に買い命令とか、落ちそうな株はばんばん取引停止にするとか、ちゃんとした市場ならありえない大技ばかりでルール無用という感じだったのに、それでもやっぱり落ちるとなるとかなり深刻。

そもそも中国のバブル自体も、インチキ水増し統計とか、人の住んでいない街を大量生産とか、日本の時よりも膨らんでいる気配なので、それが吹っ飛ぶとなるとほんとに深刻。

中国政府は下支え策継続を発表したようですが、火曜日も1.68%下がりました。どうなるのでしょう。

今、歴史の分岐点にいるのかなあという気がしています。いい方に曲がって欲しいな。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2015/07/28

結局どうすりゃ売れるのさ

先週土曜日に日本独立作家同盟のセミナーがありました。タイトルはずばり。

佐渡島庸平×鈴木みそ「凡庸な作家のサバイバル戦略──結局どうすりゃ売れるのさ」

ほんとそれ知りたい。

ところが、今までの中で一番僕にとって重要じゃないの? という回に限って、仕事とバッティングして行けなかったのですorz

まとめを読んだ感じだと、SNSをがんばれということかな。

独立作家同盟の有料会員になると、講演を録画したアーカイブが見れるそうなので、大忙し週間が終わったら、見てみようと思います。

本日は仕事はオフ。そこで火種を絶やさぬように原稿書き。しかし疲れで頭の回転がいまいちで、文章が出てきません。

こちらも大忙し週間が終わったら、何とか。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2015/07/27

猛暑日

東京は今季初の猛暑日だったそうです。気温35℃以上の日を指します。

練馬は午後3時に36.6度を記録。まさにその時間、僕は用事があって練馬あたりを歩いていました。

ただし、この気温は開けた場所、芝生の上1.2~1.5mで、百葉箱などで直射日光を当てず風通しをよくして測ったものです。

両側にビルが立ち並ぶ幹線道路沿い、地面のアスファルトとビルのコンクリートの壁からがんがん照り返しを受け、走る車のエンジンが熱風を撒き散らす場所の温度ではないのです。

36.6℃なんて生易しい温度ではありません。肺に吸い込む空気は明らかに体温より高く、体の中に熱がこもり、滝のように汗が流れ落ちます。持っていた500mlのペットボトルのお茶が、あっという間になくなります。

こんな日に外仕事だったら、ほんとに死ぬ。

温暖化が進むと、この猛暑日が増えると予想されています。また、台風などでの水害も増えます。

まさにそのとおりに進んでいるなあ。

なので僕は、このあいだ書いたように、原発は動かして、さらにバイオマス燃料が普及したらいいのにと思っているわけです。

半死半生といった状態でようやく家にたどり着き、冷たいシャワーを浴びると、クーラーついた部屋でぐんにゃり倒れていたのでした。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2015/07/26

vs仙台 3連勝!!!!

3連勝!!!!

2015J1 2ndステージ第4節、vs仙台は1-0!!!!

3連続完封というのもいいですね!

マリノス、川崎と、前から来てくれるチームの後に、引いて守れる仙台。今のウチのスタイルだと、引いて守ってカウンターのチームの方が苦手です。さらに仙台には最近ずっと苦戦続きの印象。

その相手に勝ったのは大きいです!

Jリーグタイム見てたら、いきなり順位が2位になっていてびっくり。仕切りなおしの効果です。年間順位も9位まで来ました。

次は湘南!! このままがんばれ!!

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2015/07/25

ジャンプ34号感想 月光のささやき

ジャンプ34号の感想をお送りします。

週刊連載の漫画の面白さは、やっぱり引きの強さかなと思います。毎週ちょっとずつ見せて、次週へ引っぱる。

最近いろんな漫画が盛り上がる展開になっていますが、、ここ何号かで一番気になっているのは、「食戟のソーマ」です。

先輩の大人気中華模擬店に挑んで、赤字だと退学。赤字はなさそうな雰囲気になって、逆転もしそうなのですが、どうやってなのかがまったく想像つかなくて、とても気になる。

さらにそれを気になる演出で、次回に向かって引っぱるのでなおさらです。雲が晴れて月が顔を出しましたが、あれはいったい何をさしている演出なのでしょうか。

引きが面白いと言っても単調だと飽きてしまうわけで、そこに変化をつけるこういう謎かけが、上手いなあと思うのです。ほんと気になる。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2015/07/24

暑さと火力と原子力

連日暑いなーと雲ひとつない夏空を見上げて、ふと思ったんですが。

そう言えば、何年か前は、クーラーの電気需要がピークになる午後に、電気の供給が足りなくなるんじゃないかと大騒ぎだったのに、とんと聞かなくなった。

原発止めて、火力発電で対応したわけですが、確かもう使わなくなった発電所まで動員していて、大変だったはず。

HPを見に行くと、結構トラブル対応のお知らせが並んでいます。やっぱりポンコツをまだ動かしている…?

悪者にされてさんざん言われてたけど、電力会社の人はこつこつがんばってるなあ。

こつこつがんばってもどうにもならないのが、世論と政治で。

特に必要な情報が出回ってない感じがするのが、すごくいやだ。

「アベノミクスの円安で、輸入品がお高くなって家計ピンチ!」は聞くけれど、「火力発電でしのいでいるせいで、燃料代がかさんで電気代上がってピンチ!」はあまり聞きません。

ある分は動かせばいいのにね、原発。止めても放射能のリスクは減らないし、逆に温暖化のリスクは上がってて、最近の水害はそのせいかもしれないわけだし。

火力でがんばるなら、こっちの方に進んで欲しいです。

そば殻からフグ養殖の燃料 新潟

そば生産・販売会社「小嶋屋総本店」(十日町市)は、そば殻を活用した植物由来固形燃料(バイオコークス)の生産を始めた。近畿大が技術協力し、同市内で行っているフグ養殖事業向けに販売する。

  小嶋屋はそば製造工程から年間約40トン発生する殻を有効活用しようと、5月にバイオコークス生産設備を導入した。そば殻を180度で加熱するなどして固形燃料にする。固形燃料は同市内の温泉施設「ミオンなかさと」にあるフグ養殖設備用のボイラー燃料として利用する。石炭コークスや薪からバイオコークスに代替することで低炭素化に貢献する。近畿大理工学部の井田民男教授は「地域資源の循環システムは雇用創出にもつながる」と期待した。

産経ニュース15/6/28

バイオマス燃料。こちらのバイオコークスは、言ってしまえば木炭ですが、石炭並みの火力を出せる超高性能な炭。このニュースは地産地消の小さなプラントですが、マレーシアで製造実験もしています。

バイオマス燃料は、放射能もないし温暖化もない素敵な燃料です。要は火力発電なので、発電の技術自体はできていて、あとはコストの問題。

現状では、太陽光発電より安く、化石燃料よりは高いみたいです。何とか下がらないかな。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2015/07/23

ニューホライズンズと冥王星人

NASAの探査機ニューホライズンズが、7/14に冥王星に再接近を果たしました。

たくさんのデータをいっぺんに送れないので、少しずつ公表されています。

冥王星もその衛星カロンも、表面にクレーターが少ないという写真がありました。

これは今までのパターンだと、お互いの引力による潮汐力で摩擦が発生、星の内部で氷が溶けて噴火ならぬ噴水があり、地表が更新されているということですが。

そうするとこれまた今までのパターンでは、表面は極寒だけど内部には氷が溶けた水で海があるんじゃないかということになり。

そこに生き物がいるんじゃないかという話になりますよね! エウロパとか!

ただ、もっと大きな天体がないと、そこまでの熱は生まれないという話もあり。

どういうことなのか、謎は深まっているのです。

昔々は、どの惑星にも宇宙人が住んでいるSFが書かれたりしたのですが。

探査機が飛ぶようになって、惑星の素顔が詳しく知らされると、こりゃ住んでないやと下火に。

それがまた、今度は人じゃなくて魚だけれど、生き物がいるかもと夢を語れるようになっています。

とりあえず僕は、いないと分かるまでは、夢見てわくわくしてようと思います(^^)/ いたらいいよねえ、冥王星人(魚)。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2015/07/22

今日から大忙し期間

今日から来月頭まで、大忙し期間です。

その前に「君の守護者」を一話書き切ろうという目論見でしたが、例のごとく取らぬ狸で途中まで。エンジンかかり出してたのになー。

エンジンかかるの遅いのには、ずーっと悩まされています。一度かかると続くんだけど。

来月半ばには書く期間を取れるので、そこまで火種を絶やさないようにしよう。

こんな調子なのに、アクセス解析を見るとちょこちょこと来てくれてる方がいて、空いちゃってるのが申し訳ない気持ちになるのです。がんばらないとー。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2015/07/21

COMICリュウ9月号 等身大抱き枕

お手伝いしている友人漫画家梅木君の「あせびと空世界の冒険者」第18話が載っている、COMICリュウ9月号が発売中です。

ダリア編クライマックス。ダリアの本心が明かされます。そこに手を差し伸べるユウ。反対するグラム。みんなの思惑が錯綜する回。

みんなの想いがもつれ合って転がっていく、こういう山場は好きなのです。さあ、どこに落ち着くのか。次回見逃せません。

そして今月のCOMICリュウといえば。

何と言ってもオカヤド先生の「モンスター娘の日常」のアニメが始まったということで、その波に乗っかれとばかりに攻勢がかけられています。

巻頭に声優さんのグラビア。そしてコミケ出展のお知らせ。その中で目を引く、蛇娘ミーアの等身大7m抱き枕カバー。

7メートルって!

使うにも飾るにも大きすぎるw 買う人はどうするのかな。あとこれ何気に、原画描くの大変だったんじゃないかな。

その他の細かい所では、全部の漫画の前に紹介ページが付いています。アニメをきっかけに新規のお客さんが来ることを想定した、親切設計。

お手伝いしている「あせび」にも、たくさん読者が来て欲しいです! さあどうなる。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2015/07/20

vs川崎 またキリ大殊勲!!!!

連勝!!!!

2015J1 2ndステージ第3節、vs川崎は1-0!!!!

しかも連続完封です!!!!

欲しかった守備の安定をようやく見れた感じです。ブロックを作り中を締め、追う時は追う、引く時は引く。何度かバイタルが空いてドキドキしたけれど、体を張って守り切りました。

一つ助けられたのは、川崎のレナト選手が中国へ突然移籍したこと。代わりに入った、ドイツから戻ってきた田坂選手もいい選手ですが、他の選手と同タイプ。裏を取れる小林選手もケガで休みだったので、DFラインを突破される怖さは薄かったです。

まあ、それでも、特に後半は押し込まれて、ひやひやしていたわけですが(^^;;)

特に桐畑君はまた大活躍です。至近弾に反応してそらし、前に出てブロック。あれがなかったらやばかったですよ。

そして今日の得点も工藤君。

キタジを超えたよ!!

J1通算53得点。これからどんどん点取って、100点とか150点とか目指して欲しいですね!

得点の形も、みんなで連動して真ん中を割っていってのいい形。

安定した守備を継続しながら、あの形でどんどん先に点を取り続けていけたら、いいですねえ。

さあ、前から来るチームに対しては連勝。次は引いて守れる仙台です。

ここにも勝てれば本物です。がんばれー!!

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2015/07/19

ジャンプ33号感想 いざ初試合!

ジャンプ33号の感想をお送りします。

月曜日休みだから、もう34号出てますね。

前号のセンターカラーに、「背すじをピン!と」が来ています。

連載開始当初の「大人気!」は、ただのあおり文句です。だって入稿のスケジュールとか、アンケート集計にかかる時間とか考えたら、結果が分かるのはもっと後だから。

でも第10回で「大人気」となると、ちゃんと結果出たんだなとほっとします。

この漫画は難しいことしてると思うんですよね。みんなにあまりなじみのない、競技ダンスという題材。昔の漫画だったらルール無用で、「くそっ、このままでは負ける。こうなったらここで必殺技をっ…!」みたいなこともできましたが、最近は難しい。

さらに、漫画としても、とても細かいところで勝負しています。最初の山場が「初舞台で緊張」ですよ。

でもそれを引っぱれているのは、コマの隅々にまで面白さを詰めているから。コマのつなぎのテンポのよさ、小さなセリフ、小さな演技。無駄になってるスペースがほとんどありません。

こういう漫画は大好きなので、ぜひこのまま進んで欲しいです!

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2015/07/18

スイーツ先生! #5 ローソンで夏スイーツ三昧

友人漫画家やんむらさんの「スイーツ先生!」第5話がリイドカフェに掲載されています。

今回はローソン。紹介されているのは、ウチカフェフラッペ、プレミアムロールケーキ、花香るフルーツポンチハイビスカスです。近所にあるので、今日の朝ごはん。(え?)

いや、さすがにフラッペはおやつでしたが。買出しに行って汗だくになって帰ってきて、冷たいフラッペ食べてると至福です。

買ったのは漫画に描かれていたマンゴーと、もう一つモヒート。ほんとにレンジで温めていいんだろうか、開けたらただのジュースになってたらどうしようとドキドキしました。種類によって温め時間も調節してあるんですね。

朝ごはんのロールケーキとフルーツポンチもおいしかったです。フルーツポンチは、本当に花の香りがして、朝からさわやかです。ただこれでは量が足りません。あとは食い合わせを考えずにタラコおにぎりでした。ケーキもう一つ買えばよかったのではと、ちょっと後悔。

だんだん心ちゃんがかわいくなってきていて、そこも見所です。やんむらさんがんばってるなあ。僕もがんばろう。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2015/07/17

vsM感想 キリ大殊勲!!!!

録画を堪能しましたよ、マリノス戦!

この試合の殊勲は守備だと思います。

前節3失点で、守備を整備してきたはずなのにダメなのかと不安が沸き立っていた状態。そこでの完封はめちゃでかい。

特に桐畑君がめちゃえらかった! 

守備であまり怖いシーンないなーと見ていた前半。そこにスルーパスからゴール前を横切るクロス。守備陣が振られて崩される大ピンチで、逆サイドからの斉藤選手のシュートをかき出しました。

後半23分には、中村俊輔選手からDFラインの頭を超える絶妙のパス。ペナルティエリア内超至近弾のこれまた大ピンチを、飛び出して体でブロック。

この二つがなかったら1-2で負けてたかもしれないわけで、ほんとに大殊勲でした。

他の人達も守備で奮闘。後半は特に押し込まれましたが、体を張って防ぎます。危ない被シュートもありましたが、フリーで打たせることはせず。中を締めて、突破も許しませんでした。

球際でも気迫あふれてて、とてもよかったです。

これでサイドからのクロスに対して、もう少し寄せて精度を落とせれば、すごく安心して見れるようになるのではないでしょうか。

あとは、この試合ではあまり試されなかった被カウンターですね。ここがきちんと進歩すれば。

とにかく守備で一つ結果を出したので、これを継続、進化させていくことだと思います! 次は川崎戦! がんばれー!

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2015/07/16

vsM 完封勝ち!!!!

仕事帰り、結果を見ようと恐る恐るHPへ。

よくない流れできてるもんだから、いろんなスコアが脳裏をよぎります。0-3とか、2-4とか。(超弱気)

そこで見たスコアは。

2015J1 2ndステージ第2節、vsマリノスは1-0!!!!

勝ったあああああ!!!! 完封だああああ!!!!

よかった。ほんとによかった。

録画を見たら、感想書きます。

帰りにスーパーに寄って半額マグロをたっぷり買い込んで、これから勝利のマグロパーティーだよ(^^)/

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2015/07/15

移籍あれこれとマリノス戦展望

まず移籍のニュースを二つ。

ブラジルのアトレチコ・パラナエンセから、エデルソン選手が移籍加入です!! いらっしゃいませー!!

2013年のブラジル一部得点王。CFもサイドもでき、サイドのポジションだったUAEのアル・ワスルでも、26試合14得点と得点力を発揮しています。

モンちゃんが抜け、大津君が怪我した現在のウチに、ばっちり合う補強なのです!

後はどれだけすばやくフィットするか。がんばってー!

そして出る人も。

U-18の伊藤君が独ハンブルガーSVへ!!

マジでか!!

去年UAEのアル・アインインターナショナルジュニアチャンピオンシップで、MVPを取りました。ハンブルガーSVと対戦して2-0で勝っているので、そこで見初められたようです。

ウチのアカデミー出身で海外でがんばっている人は何人かいるのですが、出世頭は酒井君。同じドイツであとに続けるでしょうか。

ぜひ成功して欲しいですね! がんばれ!

こうしてウチの育成が認められてるんだから、これをトップチームにつなげたいですよねー。ほんと、なんとかしないと。

ということでマリノス戦です。まず偵察をしました。

2015J1 2ndステージ第1節、マリノスvs山形は1-1。

中村俊輔選手がスタメン復帰しています。けれどトップ下ではなく、ボランチ。プレッシャーの少ないところでボールを持たせる狙い。

先制点はマリノスでした。縦パス入ったところから、上手く連動して、伊藤翔選手が折り返し斉藤選手。他にも少ないタッチでボールを回すいい形の攻めがいくつも見られ、最初はマリノス優勢でした。

しかし、山形は前半のうちに同点に追いつきます。深い位置のスローインをつないでペナルティエリアに侵入。ちょっと引っかかったけれど、上手いこと宮坂選手が決めました。ここで前半終了。いい時間の同点弾。

後半に入ると、山形の守備の奮闘が目立ちます。守備の型が完成しているチームはうらやましい。ただ、山形は守備はいいけど、攻撃は前線が迫力不足です。

マリノスも少しテンポが落ち、トーンダウン。結局、そのままドローとなりました。

中村俊輔選手のボランチは、本人のコンディションがまだなのか途中交代でしたし、継続するのかは不明。ただ、前の配置とかみ合えば、面白そうな気がしました。

ということで、マリノス戦の展望です。進歩したところを今度は見せられるか!

守備では。

システム的に中盤三枚がちょうどかみ合います。ここを制することができるかはポイント。中村選手がどちらで出てくるかは分かりませんが、きっちり消したい。

アデミウソン選手はさすがの能力を見せていて、要警戒です。そこでそんなプレー!? というのが来ます。

トップ下に入っている三門選手が、バランサーとしての能力を前で発揮していて、意外なところにぽっと飛び出てくるのもしっかり見ておきたい。

後はとにかくセットプレー。中村選手が帰ってきて、怖さを取り戻しています。マークはきっちり。

攻撃では。

中盤三枚かみ合うと書きましたが、まずここがポイント。堅守のマリノスですが、ボランチ二枚が急増コンビの予想です。ここを突いて、バイタルを制圧したい。

武富君が、サイドからふらふらっと中に入ってくる動きを見せると、いいんじゃないかと思います!

引き続き爆発して欲しいクリスティアーノさんも、中でドカンと一発決めていいですよ!

そうして引きつけといて、工藤君が裏を取れば完璧!

とにかく勝利が欲しい!!

 

がんばれ!!

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2015/07/14

日本の作家よ、世界に羽ばたけ!

土曜日の、日本独立作家同盟の第3回セミナーに行ってきました。

今回は大原ケイさんの「日本の作家よ、世界に羽ばたけ!」。大原さんはアメリカ在住で、リテラリーエージェントをなさっています。日本にはあまり見られませんが、文芸の代理人。

ということで、日本の本をアメリカで売るお仕事もしているので、その経験から、世界の出版事情とか、日本の作家がアメリカで売るにはとかのお話でした。

前日は取り次ぎ倒産のニュースを遅まきながら知ってガクブルだったのに、次の日は世界進出の話ですよ。振れ幅でかい。

お話を聞いていてそういえばと思ったのが、売れた作品の話で。

世界で一番売れた作品は、言わずと知れた「ハリー・ポッター」。児童書です。

さらに売れっ子作家の話でも、児童文学作家やYAの作家が出てきます。

そして、有望なジャンルという話にも、SF、ファンタジー、YA。あれ?

なんか日本だと、児童書はすごく厳しいよと脅されてばかりなんですけど、世界的に見たら、僕のいる界隈は実はすごく明るい?

いい話聞いたと、一日で立ち直って帰ってきたのでした。

さて次回は、いつもなら月一のところ、お盆の関係かすぐに来て7/25。佐渡島庸平×鈴木みそ「凡庸な作家のサバイバル戦略──結局どうすりゃ売れるのさ」です。

それ、一番重要な、まさに聞きたいとこじゃないか! と思ったら、その日仕事なんですよ!

今僕は一般会員だけど、有料の正会員になれば録画が見れるそうなので、それで見るか。行きたかったなー。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2015/07/13

崩壊の足音がひたひたと

「あのニュースについて触れてないけど、どう思うの?」と電話してたら聞かれたのは、先週金曜日のこと。何のニュースと聞いてみたら、業界4位の取次会社が潰れたとのこと。

びっくりしてニュースを調べたら、ちょうどその辺は忙しくてあまりニュースを追えていなかった時。すっぽり抜け落ちてしまったのです。

潰れたのは栗田出版販売。6/26に民事再生法の適用を申請。提携していた3位の大阪屋との統合を目指す模様。

やばい、児童書に力を入れてたと書いてある、大丈夫かな、と思って別のニュースも見たら、すでに連鎖倒産が出ていました。ほんとにやばい。

ただ、やばい、とは思うんだけど、意外ではなく。

お客さんの行動パターンが変わっているのだから、本が売れなくなるのは当然です。本好きの人がどんなに紙の本の質感の素晴らしさを訴えても、ほとんどの人はどうでもいい。それより利便性だと思うから。

著名ミュージシャンの「MP3なんてクソだ」というコメントを見たことあります。音にこだわるアーティストには納得がいかないしろもの。ですが、それでもダウンロードされるのです。

ということで、ここにちょこちょこ書いていますが、現在の考えをまとめると、以下のような感じ。

紙の本はどんどん売れなくなるでしょう。ただ、アナログレコードが残るぐらいだから絶滅はなく、最低でも嗜好品としては残りそうです。

情報流通の主戦場はスマホで、書き方も対応させる必要があります。作品をそこに出さなくても、少なくとも宣伝は対応しなくてはいけません。しかしそこの解はまだ見えていません。

悪いことばかりではなく、電子書籍になる場合、制作コストを抑えられるので、ニッチなところで個人で成立させられる可能性があり、多様性につながるかも。

ただ、出版社が急にそちらに舵を切るのは難しい。電子書籍の市場規模も採算性も、まだ全然足りていません。

また、電子書籍の方が見つけにくいので、大勢の人が働く出版社が採算取ろうと思ったら、ますます売れ筋制限がかかるかもしれません。

そこで。

嗜好品は残る、ニッチな物も回るかもという観点から、ここは逆張りできるようにしとかないと! と思って、出版社に出すやつ以外も書こうとしているのです。しぶとく生き残れるようになっておこう作戦。

でも、その作戦をなかなか進められていないのに、こんなニュースを読んでしまうと、宮崎駿監督が描きそうな、石橋が端から崩れていくところを走って逃げてる状況な気分になります。

映画の主人公なら逃げきれるけど、雑兵だったら「人がゴミのようだ」になってしまうので、もうどうしよう。焦りますねえ。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2015/07/12

vs鳥栖 がんばれがんばれ

2015J1 2ndステージ第1節、vs鳥栖は2-3。

セットプレーはノーマーク、そして前回対戦と同じように裏を突かれて2失点。

守備構築に力を入れてたはずなのにと大ショック。

でもここが踏ん張りどころ。この困難を越えないと、レイソルは十年遅れることになるかもしれない。

やる方も見る方も。がんばれがんばれ。

次の試合はすぐだ。ほんとにがんばれ。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2015/07/11

ジャンプ32号感想 削ぎ落とさない強さもあるらしいぜ

ジャンプ32号の感想をお送りします。

今号の表紙と関東カラーは火ノ丸相撲。石神高校との決勝戦が始まっています。

第1戦目は相手最重量選手に対して、こちらで最軽量のホタルの奇襲、八艘飛び。それまでどんなに馬鹿にされても頭から突っ込む相撲を取り続けていて、それが全部この試合のための仕込だったという伏線でした。

残念ながら敵いませんでしたが、さあそれを受けての第2戦。戦いは個人だとする石高・荒木と、そう思っていたけれどホタルを見て仲間とともに戦うことに気づいた、ダチ高・国崎の対決です。

この漫画のいいところは、こうして積み上げていく面白さが味わえることです。大会前に荒木が登場した時には「ああ、同じこと言ってる二人で異種格闘技にするんだな」という感じだったのですが。

異種格闘技というと、すぐどの格闘技が最強かという話になるが、最強というのは個人につくフレーズだ。だからそういうのは雑念。団体戦だからチームのためにという感情すら雑念。とにかく目の前の敵を倒すのみ、という信念の荒木に対して。

主人公側の国崎は、ほんとの仲間に巡り合えて、意見が変わってきたという展開。単に設定の彩りとして柔道対レスリングということじゃなくて、テーマに踏み込む対決になってきたのです。

勝敗がすごく気になる。技の打ち合いになったところで次週に引きました。どうなるんだろう。

あと、この作品はとても上手く構成されているので、団体戦の勝敗をどうするのかも気になるのです。テーマをすえてお話作る人の場合、「あえて負ける」という選択肢も出てくるんですよね。

個人戦もあるから何パターンか考えられるんだけど、どっちに行くんだろう。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2015/07/10

激動来たる

元旦の記事に、今年は世界も激動の年になりそうと書きました。

ニュースを追ってて、先行きになる流れがあったから。その中で二つ、ギリシャと中国はどうするんだろうと思ってたのです。

そしたら来ましたね。ギリシャは国民投票して借金踏み倒し宣言、中国は株大暴落。

でも、当たったというよりは、想像を超えてたという感覚です。ギリシャの開き直りっぷりすごい。中国は下落対策打ってるけどなりふりかまってなくて、これもすごい。

特に中国は激動の予感がひしひしと。

近未来SF書いてみたいという気持ちがあるので、ニュース見ててもどこかそういう視点なのですが。

こう軽々と想像を超えられてしまうと、むしろ自信がなくなります。「事実は小説よりも奇なり」がこう連発されるとなあ(^^;;)

あと日韓関係も世界遺産でもめましたが、こちらは激動というよりじわじわ行くのかな。

国内もどうなるのか。仕事の行き帰りでテロまがいの事件とか起きたらやだなー。

そんなこと考えてる本日は、お昼に一件用を済ませて、ちょっとごろごろしたのち(ここでニュース見てた)、これから資料読みにかかります。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2015/07/09

月刊群雛7月号 ロマンサーで推敲、のススメ

月刊群雛2015年7月号が発売されています。

今号の巻頭記事は、鎌田純子さんの「ロマンサーで推敲、のススメ」です。

鎌田さんは株式会社ボイジャーの社長さん。ボイジャーは電子出版の老舗の会社。1992年に創業され、ずっと電子出版に携わっています。ロマンサーはそこの電子書籍制作サービスです。

前回がBCCKSの紹介でしたので、テーマ的に引き続きの話題ですね。前回はそこから話を膨らませて、出版サービスの解体という記事を書きました。

要するに、出版のありようが変わるに従い、いろんな所が試行錯誤して、だんだん再編成されていくと思うのです。その時に、個人出版を支援する電子書籍サービスが、どれぐらいまで取り込んでいくのかなあというのは、注目点です。

ロマンサーは老舗が出したサービスだけあって、従来寄りの方から来ている感じ。電子書籍がどの辺に落ちつくのかもまだ分からないので、いろいろと特徴のあるサービスが出るのはいいことです。

こういう記事を読むと、さあ自分もがんばろうと思うのですが、ちょっと今動けなくて、気持ち焦り気味。来週時間作れるかなあ。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2015/07/08

U-22選抜vs盛岡 苦しい中の個

2015J3第19節、U-22選抜vs盛岡は0-5。

中谷君、中山君が先発してフル出場、大島君が途中交代で出場。

どんな試合だったのかなとレポートを見ると、「高い位置からの積極的なプレスで優勢に進める盛岡」と書いてあります。ちょっと気になる一文。

だってこの面子だと多分中山君がボランチで、左SBには水戸に行った麦倉君もいます。ウチのユースっ子が三人もいて、プレスにかかるだと?

まあ実際のところは見てないので分からないのですが。周りが連動して動けないと、プレス外すのは難しい。

U-22選抜は、始まる前は才能ある子をばんばん呼べるので勝つのではないかという声もありましたが、やってみると急増チームが勝てるほど甘くなく。去年は12チーム中10位、現在は13チーム中12位。

でもそういううまく行かない中で、個人で何ができるかというのもサッカー。いつもは周りがカバーしてくれる弱さが、むき出しになる。それはよい学びの機会です。

いい経験を積んで欲しいと思います。ゴール前全部競り勝って、シュートも全部ブロックしちゃえば完封なんだよ! がんばれ!

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2015/07/07

なでしこvsアメリカ 二連覇はならずも

FIFA女子W杯カナダ2015決勝戦、なでしこvsアメリカは2-5。

アメリカの作戦勝ちでした。

前半3分、最初のCK。アメリカの高さを警戒する日本の裏を突き、グラウンダーのボールを押し込んでアメリカ先制。

2点目も同じようなパターンで前半10分。アメリカはここまでこのパターンを見せていなかったそうなので、完全に対日本用の秘策です。

今大会は安定した守備で勝ち上がってきただけに、この失点のダメージは大きかった。動揺を突くかのようにアメリカは3点目、4点目と畳み掛け、勝敗を決します。

4点目なんて、まさに前に意識が行く日本の隙を突き、ハーフライン付近で奪ったとたんのGK越えの超ロングシュート。ここまで16分。アメリカの策も見事だったし、それによってできた勝機を逃さず広げ切った積極性と集中力も見事でした。

でもここから、なでしこもがんばった。

前半27分、大儀見選手の見事な反転シュートで一点を返すと、試合が落ちつきます。

アメリカが点差を考えて守備に重心移した分もあるでしょうが、そこでもう一点取ってるし、五分以上の展開。

前回は優勝はしましたが、試合は応援しながら「たーすーけーてー!」と悲鳴を上げていたので、それを考えたら進歩をしています。

CKから3点やられているので、そこをどうするか。

次に勝つ時は奇跡の勝ちじゃないぞと、負けたけれど希望をつなぐ試合でした。

| | コメント (2) | トラックバック (0)

2015/07/06

TMvs仙台大と補強の噂

練習試合vs仙台大は3-1!

現在2ndステージに向けての建て直し中。守備は機能した模様ですが、攻撃にちょっと不安。シュートまでいけてない時間帯があった様子。

回すけれどシュートを打たないというのは、このサッカーをする時におちいりやすい、まずい方の事態なのです。甲府戦もシュート4本だったので、ここもちゃんと改善しないと。

じゃあ何で点を取ったかというと、セットプレーが2本。近藤君のヘディング2発です。

近藤君のコンディションが上がってるっぽくて、そろそろ先発かなとわくわくします(^^)/

さらに押し込んでいるということはセットプレーの機会が多いわけだから、もうちょっとそこで得点欲しいと思っていたので、この得点は朗報です。本番でも点取ってー!

そして次の補強の噂が流れています。ブラジルのエデルソン選手。

なんと、2013年アトレチコ・パラナエンセで21ゴールを挙げてブラジル得点王! CFの選手で、昨年UAEのアル・ワスルではウイングも務めていた模様。

モンちゃんの抜けたCFは工藤君がむしろ本職、大津君が壊れたウイング補強の方が急務と思っていたので、両方こなせるなら、もうばっちりですよ!

なんか結構お高いみたいですが、ぜひ決まって欲しいです!

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2015/07/05

ジャンプ31号感想 春画を愛する者たちで候

ジャンプ31号の感想をお送りします。

今号は巻末。「磯部磯兵衛物語~浮世はつらいよ~」です。

毎号楽しく読んでいます、「磯部磯兵衛物語」。事態があさっての方向にどんどん転がっていく展開が楽しいのです。今回のお題は春画規制。

ギャグ漫画なのでばかばかしく描いてありますが、「規制派の論拠が感情論で、データは逆を示している」という、現代のエロ規制の問題点をきちんと抑えています。ガス抜き効果があるので、規制したら逆に性犯罪が増えた、という外国の研究があるんですよね。

そういうところをきちんと抑え、そしてそれを笑い飛ばすというのは、サブカルチャーとして育った漫画の面目躍如という感じで、痛快でした。

さて、その一つ前で、「Ultra Battle Satellite」が最終回。

15号の感想で取り上げているのですが、キャラクターはすごく立っていて、世界観としてもかみ合っている。あとはジャンプの客層と合うかどうかと思っていて。

やっぱりちょっと難しかったみたい。どこに出すか、何を出すかというのは難しいですね。

ただ、三巻分で、このあと大幅描き足して、ジャンプ+に出すそうです。現在の、作品としてきちんとまとめようという流れは、お客さんの期待を次につなげられるし、いいことだと思います。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2015/07/04

あせび電子化と出版の展望

お手伝いしている「あせびと空世界の冒険者」が電子書籍化されました。まずは一、二巻。

こちらはkindle版。手元のスマホで眺めてみました。ルビがちょっと潰れちゃうけれど、絵柄的には小さな画面でも見やすいから、向いてるかもしれない。

さて、僕はここで電子書籍についていろいろ書いているので、これを機会に、最近思っていることをまとめてみます。

仕事の行き帰り、電車の中で眺めていると、スマホをいじっている人が圧倒的です。かく言う僕もなのです。だってとても手軽なんだもの。

なので僕は、スマホが主戦場なんだと考えています。デスクトップ、ノートのみならず、タブレットでも、紙本の方が取り扱いなどの手軽さで上なんじゃないかと思うのですが、スマホの利便性はそれを上回るからです。

こういう話は、基本的にそのジャンルが好きな人が記事を書くので、ハードルの高低はあまり論点になりませんが、時間潰し的に消費する大多数の人にとっては、行動を左右するポイントだと思うんですよね。

ただ、情報の流通は、好きな人の情報発信によって成り立っています。漫画や小説は趣味の物なので、こちらの影響も大きい。

音楽で、今だアナログレコードが絶滅していないばかりか、ジャケットが大きくて美術的価値が高いとか、実はデジタルだと切り落とされている音まで記録されているので音に深みがあるとかで、ちょっと人気が出ているように、紙の本の需要も最終的に残るでしょう。

となると、趣味の物としてのクオリティの要求にも応え、手軽さにも応えということで、幅広く対応することが求められるのでは。なので電子書籍はそれ単体で考えるのではなくて、オンデマンド印刷とか、他のサービスの発展とセットで見ていくべきなのではないかと思っています。

その途中で、本屋さんはどうなっちゃうんだろうとかは、まだ着地点が見えていないポイント。減るのはしかたないとして、今話題で出ているように、別業態の文化情報発信地とかに切り替わっていくのでしょうか。

自分の活動をどうしていこうということもあるので、ますます動向が気になるのです。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2015/07/03

なでしこvsイングランド 決勝進出!!!!

FIFA女子W杯カナダ2015準決勝、なでしこvsイングランドは2-1!!!!

決勝進出です!!!!

ただ、残念なことに仕事が佳境なので、流しておいてのちら見だったのですが。

さすがここまで来ると相手も難敵で、間一髪のシュートも受けたけど、それでもしっかりした守備は崩れず。今大会は本当に安定しています。

攻撃も決勝トーナメントからは先発固定して、いい流れで攻められています。決勝点はオウンゴールでしたが、少し中盤が空いてオープンスペースができたのを見逃さず、さらにDFライン裏のきわどいところにアーリークロスを送っていて、いい流れで攻めていたのが誘発したと言える得点でした。

アルガルベ杯とか、直前の壮行試合とか、世代交代失敗してまずいことになってんのかなという出来だったので、こんなに順調に勝ち上がれるとは思っていませんでした。さすがの底力、すごいです!

さあ、ここまで来たらあとは一試合勝つのみ!! がんばれ!!

決勝はじっくり見れるはず。僕もがんばって仕事終わらせよう。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2015/07/02

U-22vsコスタリカ 完勝だけれど

国際親善試合、U-22日本代表vsコスタリカは2-0!!

帰ってきたところなので、録画を見たら追記します。

・・・・・・

見ました。

と言っても、ご飯食べたらすぐ作業しなくちゃいけなかったので、ちら見ですけれど。

攻守ともに距離感よく連動していて、選手たちも持ち味十分出していたし、完勝と言っていいのではないでしょうか。

じゃあ何が不満なの? と聞かれたら。

そりゃあウチから誰も出ていないことなのです。

もう年内試合ないみたい。となると、クラブで大活躍してアピールするしかないな! がんばれー!

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2015/07/01

U-22選抜vs福島 経験を積むのは大切

2015J3第18節、U-22選抜vs福島は1-1。

ウチからは中谷君、大島君が呼ばれて先発です。

今シーズンはU-22選抜の記事書いてませんでしたけど、ウチの選手は何度か呼ばれていました。他に中山君、秋野君。

今トップチームが苦労しているのは、育成からの一貫したシステムにして、自前の選手を土台に強いチームを作れるようにしようとしているから。成功すれば大きなアドバンテージ。

その観点から、プロ入りした子をいかに素早く戦力にしていくかというのも重要なポイント。U-22選抜に呼ばれた子が経験を積むのはすごく大切です。

中山君がG大阪戦で堂々と遠藤選手の股を抜いたのが話題になっていましたが、今季すでにU-22選抜で3試合先発フル出場していたのがプラスだったのかもしれません。

ということで、やはりこのチームでの活躍も要チェックなのです!

ちなみにこの試合の先発に、水戸の麦倉君がいます。

麦倉君は柏U-18出身。太田君とか輪湖君とか、ウチのユースからよそでプロになって、戻ってきて活躍している先輩がいるので、麦倉君もぜひがんばって欲しいです!

| | コメント (0) | トラックバック (0)

« 2015年6月 | トップページ | 2015年8月 »