« なでしこvsカメルーン 一番乗り!!!! | トップページ | あせびと空世界の冒険者 3 »

2015/06/15

TMvs流通経済大学と守備の再構築

練習試合vs流通経済大学は2-1!!

この期間は守備の再構築がテーマ。そんな中注目の練習試合でした。

最後の失点はオウンゴール。守備には一定の手ごたえはあった模様です。

攻撃に人手をかけるようになったから、失点が多少増えるのは想定の範囲内なのですが、「多少」じゃないと困るのです。G大阪みたいに、最多得点でも失点が止められなくて落ちることがあるわけで。

現にJリーグは3勝しかしておらず、ACLも勝ち上がったとはいえ、複数失点が続いてぎりぎりでした。

まず一時期出来ていたことを取り戻す。それが大切。

さらに今後に向けて、攻守両面どんどんレベルアップしていきたい。

その中でちょっと注目していることがあります。

当初は守備時4-1-4-1で、アンカーの選手は2ラインの間でフリーマンになるという守り方だったのを、最近はアンカーが落ちて5-4-1にしている様子。

守備時5-4-1は去年もしていたので、守りやすいんじゃないでしょうか。

さらに、今Jリーグでは、守備時5-4-1を採用しているチームが結構多いのですが。

先駆者は言わずと知れた、浦和ペトロヴィッチ監督。広島もそのシステムを引き継いでいます。広島は監督代わった時に少し守備寄りになり、それを本家ペトロヴィッチ監督が追っているように見えるのが興味深いところ。

守備時5-4-1は、攻撃の時には両サイドがぐっと押し上げていきます。じゃないと攻め手が足りないから。ペトロヴィッチ式だと、ボランチの1枚がDFラインに降り4バックに変更。両サイドのCBがSBのように攻撃に参加するのが特徴です。

この攻撃力のあるCBという人材がなかなかいません。ウチの場合は、大谷君が左SBの位置に下がるという変形の仕方をしました。

そう考えると、アンカーの選手がすとんと落ちる5-4-1の方が、切り替えがスムーズでいいのではないかと思います。2シャドーが4の両サイドに落ちていたのが、ウイングがそのまま下がる形になるのも、スムーズな感じです。

アカデミーで熟成してきた4-3-3をトップチームにも導入して、クラブで一貫したシステムを取るというのが今季の狙いだったわけですが、この守り方の変更が上手くいったら、アカデミーも導入したらいいんじゃないかな。

そういう視点でこの練習試合を見直してみると、30分3本のアンカーを、茨田、中谷、秋野と務めていて。

今は茨田君がファーストチョイスだけど、守備時はCBですということになったら、本職CBの中谷君とか、去年CBで出ることがあってだんだん守りが向上していた秋野君とか、ポジション取るチャンスが来るのではないでしょうか。

そしたら、今育成では、アンカーのポジションにはボランチタイプの子を当ててますが、最初から大柄でCBタイプで、さらに足元上手い子を狙って育てるといいんじゃないかということになったりするのでは。

そこまで行ったら、バルサがお手本のシステムが、オリジナルな柏システムへと進化することに。

夢がふくらんでいくのです。

そのためには、ここで守備を立て直して、結果につなげていかないと!(←現実に戻った)

1stステージ残り3試合は、ほんとに勝負どころですよ! がんばれー!

|

« なでしこvsカメルーン 一番乗り!!!! | トップページ | あせびと空世界の冒険者 3 »

サッカー」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/46606/61741886

この記事へのトラックバック一覧です: TMvs流通経済大学と守備の再構築:

« なでしこvsカメルーン 一番乗り!!!! | トップページ | あせびと空世界の冒険者 3 »