« 日本vsイラク 完勝で予選へ | トップページ | なでしこvsカメルーン 一番乗り!!!! »

2015/06/13

ジャンプ28号感想 ますます先が気になる

ジャンプ28号の感想をお送りします。

26号の感想で気になると書いた「暗殺教室」。

やはり暗殺の意味が変わってきました。

今までは「楽しい暗殺」という、ある意味ではゲーム感覚のじゃれあいでした。漫画としても、暗殺という言葉の刺激は使っても、死の重さには踏み込まなかった。また、それができる作風でした。

さあ、ここで暗殺の意味を再設定してしまいました。当然助けたいと思う者。逆に、向こうが暗殺されることを望んでいるのだから、むしろその思いに応えないといけないと思う者。これは単純な答の出ない、とても難しい問題です。

週刊漫画の場合、「先が読めない」というのは、意外な展開が起きて読めないというパターンが多いです。Aと思わせておいてそれを壊すというような。これは次々と続けられる形だからだと思われます。

AかBかの展開だと、終わりを予感させる形になるのです。卒業式の日、先生を殺して終わるのか、それとも救って終わるのか。一体どちらになるのだろう。

ますます先が気になるようになってきましたよ。

|

« 日本vsイラク 完勝で予選へ | トップページ | なでしこvsカメルーン 一番乗り!!!! »

漫画」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/46606/61728730

この記事へのトラックバック一覧です: ジャンプ28号感想 ますます先が気になる:

« 日本vsイラク 完勝で予選へ | トップページ | なでしこvsカメルーン 一番乗り!!!! »