« 出版サービスの解体 | トップページ | 現在の苦境と広島戦展望 »

2015/06/06

ジャンプ27号感想 生き延びる

ジャンプ27号の感想をお送りします。

今回は「ワールドトリガー」。連載二周年突破で表紙です。

葦原先生の前の連載、「賢い犬リリエンタール」が好きだったのです。

それで「ワールドトリガー」も楽しく読んでいるんですが、同時にいろいろ考えさせられます。作家の生き延びるすべについて。

リリエンタールはとぼけた雰囲気の、ゆるく楽しく優しい感じが好きで読んでいましたが、それが売りだと弱いんだろうなあとも思っていて。そしたらやっぱり終わっちゃった。

そしたら次はアクション物。一番売りとして強そうなところ。

正直たまに、地の個性と思われるゆるく楽しく優しい感じが、テンションの足を引っぱっちゃってる時があるんだけど、それでもこっちの方が生き延びられるんだよね。

個性と需要のせめぎあいというのは、本当に悩ましい問題で自分もひとごとではないので、そういう所でがんばって戦ってる人を見ると、注目してしまうのですよ。

|

« 出版サービスの解体 | トップページ | 現在の苦境と広島戦展望 »

漫画」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/46606/61694078

この記事へのトラックバック一覧です: ジャンプ27号感想 生き延びる:

« 出版サービスの解体 | トップページ | 現在の苦境と広島戦展望 »