« 月刊群雛5月号 群雛なんて怖くないやい | トップページ | 漫画雑誌の衰退 »

2015/05/09

ビン・ズオン戦感想 誰が食い込んでくるか

1位抜け確定で、勝敗は関係なくなっていた試合。予想通り、吉田監督は大幅にメンバーを変えてきました。サブ組で組まれた先発メンバー。ここから誰がスタメンに食い込んでくるかなと期待して、観戦です。

ボールが回るかどうかについては心配していなかったのです。ユースっ子たちには慣れたサッカー。これが、上から下まで一貫したシステムにする利点です。特に中盤の秋野、小林、中川のトリオは、同期で組んでいたので息もばっちりです。

というわけで、前半はよかったです。基本的に押し込んでいて、何本かカウンターを受けましたが、それにもしっかり対応。

特に中川君は、よく動いて浮いたポジションを取り、ボールを引き出していました。

中川君はウチではなく湘南に行ったのですが、その時になぜか一度ウチに上げた形にしてのレンタル。珍しいパターンですが、吉田監督はそれだけ評価していたんだなあと、プレーを見て思いました。

後半にカウンターで失点。パスをカットされたところからなのですが、位置的には深いところだったので、その時点ではそんなに深刻には見えず。ただ、「あれ、追いが弱いな」と思ったら、ずるずるっと崩されてゴールされました。

切り替えとプレスバック大切。これはもうパスサッカーと表裏一体ですね。

ただ、他のシーンでそんなに破綻していたわけではないので。

点が取りたかったですね。シュート自体はあったのですが。

押し込んでスペースがなくなっているので、逆に苦しいシュートになってしまっていました。これもパスサッカーの必然なので。

もっとダイレクトの意識を持つこととか、サイドからの崩しに対してもっとゴール前に人数飛び込むこととか、その辺必要だったかなと思いました。

というかいつもだと、それをモンちゃん、工藤君、武富君が出していて、サブ組の人はそれを越えてかないと、ポジション取れないわけですよ。がんばれー!

さらに、がんばれで言うと、この試合一番の注目は大津君でした。

シュートも打ってたけど、もっとできるはず。

ボールを持って押し込んでいくと、必然的に相手がブロックを作ってしまいます。そこをさらに崩していく異能が必要。

大津君はサイドでボールを持てば、タッチライン際どころかゴールライン際でも抜いていく能力があります。チームに絶対必要です。早くコンディション上がってきて欲しいなあ。

10番の躍動する姿を待ち焦がれているのです。

|

« 月刊群雛5月号 群雛なんて怖くないやい | トップページ | 漫画雑誌の衰退 »

サッカー」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/46606/61556279

この記事へのトラックバック一覧です: ビン・ズオン戦感想 誰が食い込んでくるか:

« 月刊群雛5月号 群雛なんて怖くないやい | トップページ | 漫画雑誌の衰退 »