« ビン・ズオン戦感想 誰が食い込んでくるか | トップページ | vs山形 うまくいかない »

2015/05/10

漫画雑誌の衰退

2015年1-3月期の雑誌の印刷証明付き発行部数が発表されました。週刊少年サンデーが下がって、とうとう30万部台にというのが話題になっていました。

雑誌はどこもずっと凋落傾向で、いつも僕が読んでいる少年漫画雑誌も落ちています。ここ5年ぐらいの同時期を並べてみると。

ジャンプ 約296万部で3%増→約284万部で4%減→約284万部で微減→約272万部で4%減→242万部で11%減

マガジン 約153万部で3%減→約145万部で5%減→約138万部で5%減→約128万部で7%減→約116万部で10%減

サンデー 約63万部で8%減→約54万部で14%減→約50万部で7%減→約46万部で8%減→約39万部で15%減

ジャンプはけっこう踏ん張っていると思ってたけど、今期はがくんと減っています。ナルトが終わったからかな。

サンデーの落ち込みが一番激しいですが、厳しい言い方をすると読んでいる感想とは外れていません。描き手として自分と比べたら、能力は雲泥の差で、週刊作家さんは天上人なのですが、読み手になるとそういう厳しい感想になっちゃうのが、この仕事の怖いところです。

さて、差はあるにせよこうして全体的に下がっているのは、ライフスタイルの変化があるので、ある程度はしかたないことだと思うのですが。

僕は漫画畑から小説畑へ移籍して、漫画雑誌の持つプラットフォームとしての優秀さを痛感しているので、そこが弱っていくと、将来出版にどのような影響があるのかに注目しています。

何か目当ての漫画のために読んだ人に、別の漫画をプレゼンできる。そうして新しいヒット作を生み出していく。ぱらぱらっとめくった時に目に止まるのがとても大きい。

さらに、雑誌→単行本のビジネスでプールされたお金が原稿料として支払われ、富の再分配の機能も果たしている。その結果、多くの人が専業作家として活動することができ、全体の質の向上を支えています。

紙がダメならネットに移行という流れもあるのですが。

ネットは、紙の本ほどの一覧性がなく、読者を広げる力が弱いような気がします。

また、ネット上の情報はただ、という圧力があるため、原稿料分のお金がいつまでも出るのだろうかという心配も。

ここでアイディアを出してうまく乗り切ったところが、生き残っていくのかなあと思うのです。各社、ネット上のプラットフォームはあるので、そこの生態系をどれだけ豊かに、大きくできるか。

漫画家の友人も多いし、うまくいってほしいです。

さて、自分としては畑違いになっていますが。

こういう考察からヒントを得て、じゃあ自分はこうしようと工夫していくことが大切です。情報を広める力がポイントかなというのが、最近の観点。

|

« ビン・ズオン戦感想 誰が食い込んでくるか | トップページ | vs山形 うまくいかない »

日記・コラム・つぶやき」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/46606/61538309

この記事へのトラックバック一覧です: 漫画雑誌の衰退:

« ビン・ズオン戦感想 誰が食い込んでくるか | トップページ | vs山形 うまくいかない »