« なでしこvsイタリア 上向いてW杯へ | トップページ | vsFC東京 気がついたら負けていた »

2015/05/30

偵察FC東京vs浦和・名古屋とFC東京戦展望

今節は偵察できたのです、FC東京。上位につけていて、ちょうど連敗した二戦を見ました。

2015J1 1stステージ第12節、浦和vsFC東京は4-1。

首位争いの大一番、お互い守備は堅いということで、ロースコアゲームになるかなと思っていたのですが。

浦和いきなりの先制点。サイドに展開してアーリークロス、チュンソン君が合わせます。今季初得点。

その後FC東京フィッカデンティ監督は、システムを代え前半から交代を使って試合の流れを持ってこようとし、その目論見はある程度成功しつつあったのですが。

前半終了間際に浦和追加点。やはりサイドに展開して揺さぶる形から、大外の関根選手。これはFC東京にとって大ダメージ。さらに後半開始早々に、やはりサイドのクロスに浦和・武藤選手。FC東京には最悪の試合展開です。

FC東京は太田選手のクロスから前田選手がヘディングを決め1点返しますが、浦和・梅崎選手が見事なミドルを叩き込んでとどめとなりました。

第13節、FC東京vs名古屋は0-1。

カウンターに強みを持つ両チームの戦い。今度は予想通りのロースコアゲームになりました。お互い激しく身体を張って、守備が攻撃を上回っている状態ですが、ただ、攻撃に問題を抱えている面もある印象。

FC東京は、後ろ重心なので、どうしても攻め手が足りない感じで、カウンターを防がれると手詰まりになります。ポジション守る気持ちが強いのか、追い越す動きがあまりないんですよね。

名古屋はノヴァコヴィッチ選手がフィットしておらずボールが収まらないので、なかなか攻めの形になりません。後半川又選手を投入しますが、あまり改善されません。どうするのかなと思っていたら。

なんとクロスがオウンゴールを誘発して名古屋が先制点。

ということでFC東京戦の展望です。まず球際厳しいので、そこで負けないようにして。

守備では。

FC東京の得点パターンは、武藤選手のカウンター、太田選手のクロスとセットプレーと、大きく偏っています。ところがこれはちょうど、今のウチの失点パターンにばっちりかみ合っているのです。

まずカウンターは止めたい。武藤選手にはとにかく厳しく行って、しっかり潰すこと。

そして太田選手です。キックの精度がとにかく高い。こっちの方が最近の失点パターンなので要警戒。

最近ウチの右サイドはエドゥアルドさんのロングフィードを生かすためにクリスティアーノさんなんだけど、太田選手を消すには工藤君が右の方がいいような気がする。どうするんだろう。

攻撃では。

エルゴラではFC東京はダブルボランチにしてくるのではという予想。そうするとウチの中盤とマンツーマンでかみ合う形。

うまくはがしてビルドアップの入り口を作れるかが、最初の勝負どころです。

そして、堅いブロックを攻略するには、広く回して揺さぶりたい。

小林君が引き続きの先発予想です。J1初ゴールも決めてー!

J1の順位も上げたい!!

がんばれ!!

|

« なでしこvsイタリア 上向いてW杯へ | トップページ | vsFC東京 気がついたら負けていた »

サッカー」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/46606/61640627

この記事へのトラックバック一覧です: 偵察FC東京vs浦和・名古屋とFC東京戦展望:

« なでしこvsイタリア 上向いてW杯へ | トップページ | vsFC東京 気がついたら負けていた »