« 創作集団プロミネンス | トップページ | vs鹿島 見れる試合は負け »

2015/04/16

偵察鹿島vs広州恒大・新潟と鹿島戦展望

昨年までは試合前、展望記事を書くのが恒例だったのですが、今年は書けていません。

CATVで全試合録画放送で見れたのに、今年は全試合放送じゃなくなってしまったのです。偵察できない。

つまりレイソル戦も、全試合は見れなくなっているのですよ(+_+) J2の時みたいな状況。なんとかしたいなあ。

しかし今節は、きちんと偵察できたのです。試合も見れるんですよ! というわけで張り切ってGO!

ACL2015グループH第4節、鹿島vs広州恒大は2-1。

鹿島の先制点はPK。個の強い広州恒大に対して、鹿島はひるまずきちっと当たり、積極的に仕掛けていました。それが実った形。

後半になるとだんだん中盤が空いてきます。広州恒大の同点弾は、ロングフィードで抜け出し、クロスを折り返して決めたもの。ペナルティエリア内は4対2で、人数は鹿島の方が多かったけれど、エウケソン選手がごりっと前に出て押し込みました。

このまま終わると、鹿島はほぼ終了だったのですが。

ラストプレーのFKを高崎選手がねじ込んで劇的勝利。首の皮一枚つながりました。

2015J1 1stステージ第5節、鹿島vs新潟は1-1。

双方厳しい寄せでボールを奪いあう前半。その中で先制は新潟。

レオ・シルバ選手がさすがのボール奪取からすばやく前に。大きく飛び出したGKと絡んでこぼれたボールを、ラファエル・シルバ選手が落ちついてDFをかわし、ゴールに押し込みました。

同点弾は後半開始早々。植田選手のロングフィードを高崎選手が落として、走りこんだ土居選手がシュート。ほんとにファーストプレーで一瞬の隙を突いた感じでした。

その後も双方中盤での奪い合いは続き、引き締まった試合。内容的にも引き分けが妥当な好ゲームでした。

ということを踏まえて、展望は。

ウチがスタイル変わっているので、昨年までとは違う展開になるはず。激しく守備から入り、きちんとカウンターを狙ってくる鹿島とは、特徴がかみ合ってしまうと思うので、よりディテールを厳しく突き詰めた方が勝つのではないかと思います。

守備では。

まずはカウンターの対応。切り替え早く、先にはめ込めるかどうか。今年の失点は、ファーストディフェンスがはまらずにずるずるっと下がった時に多いので、そこがまずポイント。

代表を経験した柴崎選手が、そういう守備の激しさとそこからの早い切り替えを意識していて、あそこで取られてドンと縦パス出されるようだとまずい。がちっと潰したい。

今年の鹿島の強みは二列目。タレントが豊富です。特に日本復帰の金崎選手が、海外修行の成果かゴールに向かう姿勢を強めていて要注意です。

中に切れ込んでくるサイドMFに、どう対応するかも重要だと思います。

攻撃では。

まずビルドアップの最初のところ。鹿島のプレスを外せるかどうか。

ウチの逆三角形の中盤は、トップ下とダブルボランチの鹿島の中盤と、かっちりかみ合います。ずれを作ってボールを回すというウチのサッカーができるかどうかで、戦局ががらりと変わります。

というわけで、いつもだとフィニッシュに絡みそうな選手を応援するんだけど、まず、茨田君に大応援ですよ! 真価を見せてくれー!

そして、攻め込んだら、きちんとフィニッシュすることが重要。今年はゴール前にたくさん人が入ってきて、いろんな人が得点していますが。

なかでも武富君に期待です! ずどんと決めちゃってー!

さらに太田君のテツロースペシャルがまた炸裂すれば完璧です! 普通のきれいなシュートでもいいけど! がんばれー!

とにかくここで連勝がほしい!!

がんばれ!!

|

« 創作集団プロミネンス | トップページ | vs鹿島 見れる試合は負け »

サッカー」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/46606/61436633

この記事へのトラックバック一覧です: 偵察鹿島vs広州恒大・新潟と鹿島戦展望:

« 創作集団プロミネンス | トップページ | vs鹿島 見れる試合は負け »