« vsM 連敗 | トップページ | エイプリルフール »

2015/04/06

あれは夜霧かスモッグか

北京の大気汚染、「赤警報」だとナンバー別で車両運転規制

北京市の環境保護当局は30日、深刻な大気汚染が予想される場合の交通規制を導入する。深刻な汚染が3日間続くと予想される場合の「赤の警報」が発令されると、自動車のナンバープレートを奇数と偶数に分けて1日おきに車の運転を禁止する規制が実施される。

「赤の警報」および、赤より1つ下のレベルである「オレンジの警報」が発令された際は、建設車両を含む重量車両の通行が全面規制される。

北京は世界で最も大気汚染が深刻な都市の1つで、肺がんの発症率が上昇している。

ロイター15/3/31

中国は汚職が蔓延しすぎていて、日本の技術協力で環境技術を導入しても、それを動かすより官僚に賄賂を払う方がコストが安いと機械を止めちゃうんだそうな。

公共心が薄く自己犠牲ができない民族性なので、こうして下々の者は規制しても、自分たちは身を正す事ができないから、どうせなかなか効果が出ないんだろうなあと、他人事として眺めていると。

米西海岸の汚染大気、一部はアジアから流入=研究

米カリフォルニア州にアジアなどからの汚染大気が流れ込み、長引く干ばつと高温で汚染が悪化しているとの研究結果を、カリフォルニア大学のチームが31日発表した。

研究を行った同大デービス校の大気学者イアン、ファルーナ氏によると、州中部サンホアキンバレーの農業地帯では汚染大気に含まれるオゾンの約10%がアジアなど他の地域から流入している。人体に例えると、サンフランシスコのゴールデンゲートブリッジ地域が「太平洋からの空気を吸い込む」口の役割を果たしているという。

デービス校は記者発表で「アジアなど海外からのスモッグは、全米で最も汚染大気が集まるサンホアキンバレーに向かっている」と説明。この地域は温暖で乾燥した気候のため空気が滞留しやすく、昨冬は連邦政府が設けた浄化基準を達成できなかった。

ファルーン氏は規制当局に対し、大気汚染対策の立案に当たっては地域外の汚染源にも目を向けるよう呼びかけた。

ロイター15/4/1

地球はつながっているので、流れてくるのです。日本でも西日本を中心に環境基準超えたりしてるから、健康被害が心配です。

ACLで中国に行くと、スタジアムがかすんで見えたりするけど、あれは夜霧かスモッグか。

山東戦ではどうでしょうね。

Air_pollution

|

« vsM 連敗 | トップページ | エイプリルフール »

にゅーすdeまんが2015」カテゴリの記事

コメント

今日のカットを見て、C翼で試合中に霧が濃くなってカラーボールに変えるということを思い出しました。

投稿: みゅー | 2015/04/06 21:30

Jリーグでも、雪でカラーボールという試合がありましたね。

投稿: かわせ | 2015/04/07 20:14

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/46606/61386446

この記事へのトラックバック一覧です: あれは夜霧かスモッグか:

« vsM 連敗 | トップページ | エイプリルフール »